2011年11月17日

【ボーマス18】GUMI冠婚葬祭コンピ頒布

もす!mammaです。
 
さてさて、11/19は池袋サンシャインシティ ワールドインポートマート4階展示ホールA2・3にて開催される「THE VOC@LOiD M@STER18」ですね。
僕が参加させてもらっている、GUMI生放送発のサークル「生ぐーみん。」でも新譜を頒布します。
今回は「冠婚葬祭」をテーマにした14曲入り。アルバムタイトルは「caerimonia」
参加クリエイタや各曲のニコ動にアップされている動画など詳細は、「生ぐみーん。」公式サイトやクロスフェード動画を見てください。

 
 
今回はこのアルバムの他にも書き下ろしGUMIカレンダーも頒布予定!
カレンダーのイラストはクロスフェード動画で確認できますよ。
もちろん、「ぽぷりぽっと」「ぽぷりぽっと2/ぐりーん」「ぽぷりぽっと2/おれんじ」も在庫限りで頒布します。
 
僕は先月アップした「con tenerezza」で8曲目に参加しています。

 
 
ではでは、11/19に池袋で僕と握手!
今回は最初から最後までいる会場に予定です。
posted by mamma at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2011年09月12日

ボカファンとか委託とか

もす!mammaです。
 
6月のボーマス16にてリリースされた、僕も参加しているサークル「生ぐーみん。」のGUMIコンピアルバム「ぽぷりぽっと2ぐりーん」「ぽぷりぽっと2おれんじ」の2枚が、9/18のVOCALOID Fantasiaでも頒布されます。
スペースはB17「生ぐーみん。」です。
横浜で僕と握手!
…といきたいところですが、残念ながら、当日は僕はバンドの練習が入っているので参加できません。
でもでも、アルバムに参加している他の素敵なクリエイタが売り子やら賑やかしとかでいると思うので、その人たちと握手すればいいと思うよ。
当日は「ぽぷりぽっと2」の2枚の他にも、「生ぐーみん。」の1stアルバム「ぽぷりぽっと」や参加クリエイタのオリジナルCDの委託販売や同人誌の委託販売も行う予定です。
ご近所お誘い合わせの上、ご来場ください。
 
そして、会場に来れないという方に朗報が!
既にD-STAGEさんで委託販売をして頂いていますが、この程、vocareco.comさんでも「ぽぷりぽっと2ぐりーん」と「ぽぷりぽっと2おれんじ」の2枚を委託販売して頂く事になりました。
遠方に住んでいたり時間が合わなかったりでイベントに参加できない方は、是非、これらのショップでお買い求めください。
よろしくお願いします。
 
サークル「生ぐーみん。」としては、11月あたりのボーマスや来年の早い時期のイベントに合わせて、新しいコンピアルバムを製作する予定です。
参加クリエイタが増えていって凄い事になっています。ガクブルです。
詳細が決まり次第、随時お知らせします。
 
ではでは。
posted by mamma at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2011年06月21日

ぽぷりぽっと2委託販売開始のお知らせ

もす!mammaです。ボーマス16にて頒布したGUMIコンピレーションアルバム「ぽぷりぽっと2/おれんじ」「ぽぷりぽっと2/ぐりーん」の2枚の委託販売がD-STAGEさんで開始されました。




ぽぷりぽっと2 おれんじ




ぽぷりぽっと2 ぐりーん

どちらのアルバムもお勧めです。
ボーマスに来れなかった方、来れてもあの混雑でスペースに辿り着けなかった方、是非、この機会にお買い求めください。
僕の作った曲は「ぐりーん」の5曲目に収録されています。

よろしくおねがいします。
posted by mamma at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2011年06月18日

自費出版商法(疑い)の件についてちょっとまとめてみた(追記あり)

もす!mammaです。前々回のエントリについてのtweetが200RTを超えてビビってます。
このブログのアクセス数もいままで見たことも無いような数字になってます。
ありがとうございます。

というわけで、ちょこちょことメールやtwitterのDMやreplyで情報を頂いているので、現状で問題の自費出版商法(疑い)のボカロコンピについて僕が把握している事をまとめておきます。

■楽曲権利の取り扱い
1.著作者に残したまま
2.コンピCD収録やプロモーション等以外に業者が使用する事は無い
3.JASRAC等の著作権管理団体に管理されている曲での応募は不可

どうやら、著作権をはじめとする作品の各権利は著作者に残したままのようです。
管理団体に管理を委託している作品を勝手にCD収録できないので、3は当然の事ですね。
この点については特に問題は無いように思われます。


■作品の応募から採用までのフロー
1.音源を送る(応募者)
  ↓
2.審査(業者)
  ↓
3.当否を連絡(業者)
  ↓
4.参加費用を入金(応募者)
  ↓
5.正式採用

※応募締め切りは6月末

このフローも普通の流れのように見えますが、問題は4です。
これについては次項で。


■お金に関して
1.審査に合格した応募者が楽曲をCDに収録してもらうには、「エントリー費」として1曲につき30,000円を業者に支払う
2.エントリー費の名目は、全国流通費用、配信手続き費用
3.CDの売価は3,150円(税込み)
4.作者へのバックマージンは、手売りの場合50%、流通の場合1%(4半期ごとに清算)

気になるのは「エントリー費」ですね。
流通費用をなんで楽曲提供者が負担しなければいけないのか不思議です。
また、バックマージン(印税)の設定もおかしい。
手売りで20枚売れば、まずエントリー費の元はとれます。20枚程度なら売れるかもしれない、という微妙なラインを設定しているところが憎らしいです。
多分、楽曲提供者が手売りをしようとしたときは、楽曲提供者が業者に価格の50%を支払ってCDの現物を卸してもらうのだと思われます。
つまり、売れても売れなくても、その分は業者は痛くも痒くも無い、という事ですね。
在庫を抱えてあわあわするのって、マルチ商法の末端従事者によくある光景。それと同じ事が起こらない事を祈るばかり。ただ、ノルマはないらしいので、手売りする自信が無ければ仕入れなければよいこと。
でもって、もう1つのバックマージン。流通の場合の1%の方。業者はこれを「印税」と説明しています。
「1%って少ない!」と思う方もいるかもしれませんが、メジャーレーベルでも新人アーティストなら1%程度は相場です。さらに、コンピの様に複数のアーティストが関わっている場合は、1%を更に権利者の数で割った分が支払われます。
単純化して説明すると、10人のアーティスト(全員が自曲を作詞・作曲・歌唱しているとする)が参加したアルバムの定価を3,000円とした場合、1人に入る印税は1枚当たり3,000×0.01÷10=3円となります。
そう考えると、このコンピCDは条件が良いように見えますが、実は1つ落とし穴があります。
通常、印税というものは、CDをプレスした時点で発生します。5,000枚プレスした場合、先の例に当てはめると、3×5,000=15,000円が1枚も売れなくてもアーティストに支払われるのです。
この問題のコンピCDの場合は、1枚売れたときに1%が支払われ、圧倒的に業者有利の契約内容です。


■締め切り前に採用通知
フローのところで紹介しましたが、応募の締め切りは6月末となっています。
普通に考えれば、選考は締め切り後に行われ、当否の連絡は更に後となると思うのですが、既に採用通知が届いて「CDに収録を希望する場合は○日までにエントリー費を支払って下さい」という内容の連絡が行っている応募者もいるようです。
この事例をみると、当選商法やオーディション商法みたいな感じです。
まあ、コンピCDをいっぺんに複数枚だすつもりなら、良い曲を早めに確保するという可能性もあるにはありますが、僕は「エントリー費名目のカネを集めるのが目的じゃね?」と勘ぐってしまいます。


と、まあ、こんなとこです。

(おまけ)mixiのメッセージを読んだ時に個人的に不審に思った点
1.企業の代表という立場の人がビジネスの文章でハンドルしか名乗ってない
2.絨毯爆撃的にメッセージを送っている
3.権利の扱いや金銭に関する事に1つも触れられていない
4.消費者問題ウォッチャーとしての勘

会社の事業としてコンピCDを作るために楽曲提供者を募集しているわけですから、mixiのメッセージといえども、企業が発する公式な文章なわけです。
その公式な文章にmixiのハンドルだけで本名を書かないって、企業の代表としてどうなのよ?って事です。
そして、2にいたっては、数打ちゃ当たる的な出会いサイトのspamメールと変わらない事してます。良識のある企業はそんな事しません。
契約するにあたって判断材料となる大事な事柄を簡単にでも触れていないのも減点です。
でもって、最終的には10年以上消費者問題ウォッチャーを続けている僕の勘です。悪徳商法業者の勧誘や広告の文章を数多く読んできた経験による勘と言っても良いです。

あと、いわゆる「有名P」にはこの業者からコンタクトはあまり無いみたい。
4年近くVOCALOIDで遊んでいる僕ですが、VOCALOID界隈の事は詳しくないので、誰が「有名P」なのかもよくわかりませんが、twitterなんかで調べてみた僕の観測範囲では、という事です。


■まとめ
色々とあやしい点を挙げていきましたが、僕はまだクロと言い切れません。
確実にクロだという根拠が見つからないので…
ただ、かなりクロに近いグレーだと判断しています。
もし、僕の友人や知り合いに「このコンピに応募してみよう思うんだけど」とか「このコンピどう思う?」等と聞かれたら、迷わず「やめておけ」と言います。
いまのところ、判っている費用はエントリー費の30,000円だけですが、「売れるようにするには宣伝が必要」等といって、宣伝費やコンサルタント費等の名目で金銭を要求する事があるかもしれません。自主出版商法では、そのような被害が一番大きいのです。
(追記:2011/06/21)
先方から「プロモーション費は100%自社負担です。」とのご連絡を頂きました。
エントリー費以外の費用はかからないようです。
MA ENTERPRISE JAPAN様並びに読者の皆様にご迷惑をかけたことをお詫びいたします。
(追記ここまで)
参加を考えている人がいたら、ちょっと冷静になって考えてみてください。


------
引き続き、この件に関して何か情報がありましたら、ブログのコメントでもメールでもtwitterでも、手段はなんでも良いので、情報をお寄せください。
メールやDMで頂いた情報の情報源は秘匿する事をお約束します。

来週はGUMI聖誕祭だ…
曲は仕上がるかなー

では、また。
posted by mamma at 00:04| Comment(38) | TrackBack(0) | 雑記

2011年06月14日

ボーマス無事終了

もす!mammaです。ボーマス16でGUMIコンピアルバム「ぽぷりぽっと2」を買ってくれたみなさん、ありがとうございます。

僕自身、2年ぶり2度目のボーマス。そして、初めての同人イベント一般入場でした。
10時半ごろにサンシャインに着いたわけですが、「もうかなりの列が出来てるだろうなー」と思って行ったら、想像以上の列の長さで唖然…。
いつもこんな感じなんですかね?
「こりゃ、入場までしばらく時間がかかるなー」って思ってたら、すんなり12時半よりは前に入れました。
だがしかし、入ったはいいものの、流れに飲まれるまま外周を回るばかり。「生ぐーみん。」のスペースに辿り着けやしない状態。
なんか、いっぺんに入れすぎじゃね?って感じだけど、いつもこんななの?2年前はサークル参加だったので、一般参加の事はよくわからなかったけど、これ程じゃなかったような…。参加者が増えたんですかね?

で、まあ、スペースに辿り着いて、売り子をやっていた四重婚PとシャッハPに挨拶。同じく一般入場で入ってきたサークル代表のasakawaさん(メグカップP)にもお会いできました。
その後も「ぽぷりぽっと2」参加のクリエイタさん達にお会いして、はじめましてこんにちはのご挨拶。

会場もうろうろと徘徊してみました。
しばらくVOCALOID関係のオフ会とかイベントに参加していなかったので、久しぶりの人にも会えて楽しかったです。
こういう場を作ってくれた「生ぐーみん。」に感謝!
また参加したいですね。

でも、あの混雑はなあ…
中学生くらいの女の子も結構見かけたし、なんか対策しないとまずいんじゃないの?って同人イベント素人としての感想。
入れ替え制にするとか日を別けるとかね。
あの混雑で地震とか火事とかの災害が起こったら、ちゃんと誘導して避難できるのかなって思うんだよね。
災害が起きなくても、ケガ人とか出ても不思議じゃない状況だし。
まあ、何はともあれ、次回に期待って事かな。

今回頒布した「ぽぷりぽっと2/おれんじ」「ぽぷりぽっと2/ぐりーん」の2枚は近日中に同人ショップで委託販売される予定です。
まだどこのショップで販売するかは未定ですが、決まり次第お知らせします。
ボーマスに来れなかった方、来れてもあの混雑でスペースに辿り着けなかった方は同人ショップでお買い求め頂けると嬉しいです。
9月あたりの即売会イベントでも頒布するかもしれません。(これはまだ、とっても未定)
posted by mamma at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2011年06月09日

VOCALOID界にも自費出版商法か!?

もす!mammaです。
今度の日曜日のボーマス16C65「生ぐーみん。」よろしくお願いします。
 
※これから書く事は僕の憶測です。事実と異なるかもしれません。
今日、僕のmixiにメッセージが届きました。
原則的にmixiはリアルで付き合いのある人しかマイミクにしないので、僕にメッセージを送ってくる人というのは、だいたい僕が知らない人です。
マルチ商法のねずみさんだったり、頭の中にお花畑があるスピリチュアル()な人だったりするわけです。
でもって、今回きたメッセージはこんなの
 
ボカロコンピレーションCD参加者募集のお知らせ
日付
2011年06月09日 16時52分
差出人

VOCALOID HITSのコミュから失礼します。

音楽エンタテインメント創造企業MA ENTERPRISE JAPAN代表の将と申します。

この度、当社初のボーカロイドコンピレーションCDの制作、
年内リリースの企画が起ち上がりました。

そこで、ボーカロイドでオリジナル曲をお持ちの方で、
CDに参加希望の方を募集しています。

興味がございましたら、コミュにて募集しておりますのでコメントやメッセ頂ければと思います。


よろしくお願い致します。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=62716944&comm_id=2732985

なんかあやしくないですか?
なんとなく、「自費出版商法」っぽいなーって思ったので、「VOCALOID HITS」コミュのトピックに質問を書き込んだんです。

 
 
16自分のコメントを削除する
2011年06月09日 17:49

mamma
不明な点があるので質問させてください。
回答はこのトピックのコメントでお願いします。メッセージは不要です。

1.CDに収録された場合の作品の権利の取り扱い
  著作権は御社に帰属するのか、JASRACの様な管理団体が管理すのか等
  管理団体に委託する場合は、どこまで委託するのか。委託料は誰が払うのか。
  著作権は御社の買取になるのか。その場合の1曲あたりのおよその値段
2.製作にするにあたって、マスタリング料や原版制作費、プレス費等、作品提供者から金銭を支払う事はあるのか
3.(著作権買取でない場合)印税はどうなるのか

以上、他にも確認したい事はありますが、契約を考えるにあたって特に重要であると思われる事柄です。
先にも書きましたが、この案件に興味がある方が冷静な判断ができるよう、回答はこのトピックのコメントでお願いします。

ぶっちゃけ、「自費出版商法じゃね?」という疑いが拭いきれません。
「カネの話をするなんてがめつい」と思われるかもしれませんが、契約を結ぶという事はそういうことです。
 
そしたら、件のトピ主が19:30くらいに「詳細はメッセージでお知らせします」という内容のコメントを書いたあと、トピは消えてしまいました。
消したのはトピ主かコミュの管理人かは不明ですが、契約を考えるにあたって重要な事をオープンにしないという態度は、到底信用できるものではありません。
もしかしたら、真面目にコンピアルバムを作ろうと考えているのかもしれませんが、このような対応・状況では、僕は「アマチュアのクリエイタを食い物にしようと考えている業者」という判断をするしかありません。
 
自費出版商法なんて、消費者問題をウォッチしているものからすれば、スタンダードすぎる詐欺商法なんですが、ついにVOCALOIDにも触手を伸ばしてきたかって感じです。
VOCALOIDのクリエイタは比較的若い人が多いので、美味しい話にはくれぐれも引っかからないように気をつけてください。
向こうからやってくるおいしい話は、たいてい向こうにメリットがあるものです。
 
ではでは、ボーマス16C65でお待ちしております。
posted by mamma at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2011年06月04日

ボーマス16にGUMI旋風!「ぽぷりぽっと2」発表

もす!mammaです。
 
いよいよ1週間後に迫った「VOC@LOID M@STER 16」ですが、前回のエントリ.でも告知したように、僕の曲が収録されたアルバムが頒布されます。
ニコ動のメグッポイドコミュの生放送から誕生したサークル「生ぐーみん。」のコンピレーションアルバムです。

なんと、ポップな曲がメインの「ぽぷりぽっと2/おれんじ」とクールだったりハードだったりロック色が強い「ぽぷりぽっと2/ぐりーん」
豪華2枚GUMI!

マスタリングデモで全曲聴きましたが、どちらもお勧め。名曲揃いです。
僕は「ぐりーん」の5曲目に「わたしはかわいいおんなのこ」で参加させてもらっています。

 
アルバム紹介のクロスフェード動画も完成しています。
是非見てください。


 
サークル「生ぐーみん。」やアルバムの詳しい情報は「生ぐーみん。」公式サイトで。
http://www.shin-asakawa.jp/vocaloid/nama_gumin/index.html
 
それでは、ボーマス16のスペースC65で皆様のご来場をお待ちしています。
posted by mamma at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2011年05月06日

GUMIな新曲


もす!mammaです。
 
GW最終日、いかがお過ごしでしょうか?
世間には10連休なんて人もいるようで、まだまだ最終日ではない人もいるとは思いますが、僕は最終日でした。
そんなこんなで新曲です。

変則ブルース進行なFunkです。
ちょっと勘違いした女の子の歌です。
そういうえば、前作も方向は違うけどちょっとアレな女の子の歌だったなー
 
この曲は、1つ前のエントリで告知したGUMIコンピレーションアルバム「ぽぷりぽっと2」に収録される予定です。
6/12に池袋:サンシャインシティ ワールドインポートマート4階展示ホールA2・3にて開催されるVOCALOID MASTER(ボーマス)16で頒布します。
スペースはC65「生ぐーみん。」です。
今回の「ぽぷりぽっと2」はなんと2枚組み!
あんな人やこんな人も参加しています。期待して良いと思いますよ。
詳しくは「生ぐーみん。」公式サイトで確認してください。
よろしくお願いします。
 
あ、前回まだ来ないって書いたVY2は4/25に届きました。
配達日指定してたみたい。そんなのしてたっけかなー?
posted by mamma at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2011年04月24日

VY2とかボーマスとか

もす!mammaです。
生きてます。

VY2が届きません。
運送会社の「お届け情報確認」を見ると23日2時41分に配達店に着いてる筈なのですが、引き篭もって出てこないようです。
まあ、気長に待ちましょう。

そんでもってボーマスです。
過去にはVM8にサークル参加して自作CDを売りました。
この度、メグッポイドのコンピレーションアルバムに参加させて頂く事になりました。
6/12に開催されるVM16 C65「生ぐーみん。」で頒布されます。
なんか、参加人数が多いので2枚組みらしいです。
メンバーもそうそうたる顔ぶれです。
楽しみですねー。
詳細はサークル「生ぐーみん。」公式サイトで確認してください。
http://www.shin-asakawa.jp/vocaloid/nama_gumin/index.html

現在、アルバムに入れる曲を鋭意製作中です。
間に合うかなー?
posted by mamma at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2011年02月27日

キュートにポップに匍匐前進

もす!mammaです。
久しぶりにオリジナル曲を作りました。
【メグッポイド】CUTE BOMB【オリジナル】


ふと「かわいく好き キュートに好き あなたが好き」と「私の愛が匍匐前進」という2つのフレーズが思いついて、そこから発展させて歌詞を書いてみました。
ほぼ歌詞先です。
まあなんていうか、こんな子が本当にいたらちょっと鬱陶しいかもね。

VOCALOIDはメインでメグッポイドを使用。
「Cat's Dream」で使ってからお気に入りの声質です。
なんか、色々と使いやすそうな感じがするんですよね。
ただ、苦手な発音もあって、どうやっても直らないとかありますが…



話は変わって…
気づいたら色んなVOCALOIDが出てるんですね。
あんまり音源を増やしても使わないのとか出てきそうで、もったいないので全部は買えないけど、1度くらいは触ってみてたいなー、と。
あ、VY1とリンレンAppendは買いました。
VY1は今回の曲のコーラスにちょこっと使ってます。
リンレンAppendはRockな曲を書いたときにでも使ってみようかな、と。

そんわけで、新曲「CUTE BOMB」をよろしくなのです。
次作はいつになるかなー
posted by mamma at 04:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 曲解説