2014年04月22日

超ボーマス28出るよ

もす!mammaです。

今週末に幕張メッセで開催されるニコニコ超会議3。
その中で開催される『超VOC@LOID M@STER28』の2日目にサークル「生ぐーみん。」で参加します。
ブースは「い03,04」。

今回の新譜は「日常の小さな幸せ」をテーマにしたコンピレーションアルバム『のんとろっぽ』です。

僕はこのアルバムに参加してないけどね。

準新譜として、3月の京都ボーパラで頒布したROCKコンピ第2弾の『GUMI ROCK×2 ON!!!』も残り僅かですが用意しています。

こっちのアルバムには僕も参加しています。

その他、旧譜も頒布します。

---
【頒布物リスト】
新譜
のんとろっぽ ¥1000

準新譜
GUMI ROCK×2 ON!!! ¥500

ぽぷりぽっとシリーズ
ぽぷりぽっと2・おれんじ ¥1000

ぽぷりぽっと2・ぐりーん ¥1000

ぽぷりぽ! ¥2000


ピアノコンピ
ぴゅあのぐみ ¥2000


GUMI&リンコンピ
萌黄色ハーモニー ¥1000


CUL&GUMIラブレターコンピ
らぶこん ¥1000


冠婚葬祭コンピ
caerimonia ¥1000

---

超会議にお越しの際は是非、お立ち寄りください。
当日は新譜のジャケットイラストの衣装を着たGUMIコスプレイヤーもブースにいますよ。
4/27は幕張で僕と握手!
posted by mamma at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2014年04月08日

新しいBass買ったった

もす!mammaです。気づいたら1年と9ヶ月くらいブログを書いていませんでした。
その間に曲を作ってうpったり、「生ぐーみん。」のGUMIコンピアルバムに参加したり京都のボーパラへ初めての地方遠征したりお酒飲んだり寿司食ったり、色々あったんですけどね。
あと、例の業者さんはどうなってるのかな?久々に業者さんのサイトを見たらなんかよく分からない感じになっていたり。

そんなこんなで、最近新しいベースを買いました。
MIDIキーボードや音源以外で新しい楽器を買うのは20年ぶり位です。
HARD OFFとかで中古の安いギターやベースは何本か買ってたんですけどね。

そして
Climb5.jpg
これが俺の嫁
moonのClimb5です。
人生初5弦!
今までは同じくmoonのJJ-4を使っていて、「そろそろ5弦も欲しいなー」ってJJ-5でも試奏しようかと入った楽器屋にこれがあったんです。
ものは試しと弾かせてもらったら、弾きやすいし結構素直な出音だしアクティブEQの効きも気持ちいいしパッシブに切り替えた時の音も申し分ないしで、1週間考えて買っちゃいました。

で、ギターやベースを買ったらまずやる事といえば、ロックピンへの使えですよね。
これ大事です。僕にとっては。
最近ではステージに立って演奏することも殆ど無いけど、持ってるストラップには全てロックピンが付いてるので。
僕が使ってるのはSchallerのこれ。

特にこだわりは無いんだけど、JJ-4を買った時から使ってるからなんとなく。
ストラップはKen Smithの肩パットにモコモコが付いたのを使ってます。
これもJJ-4を買った時から使ってる。今回も新しいのを1本買いました。
ベースのような重い楽器を抱えても肩に負担が少ないのでかなり良いです。
皮も丈夫で長持ちします。現に20年使えてるし。
あ、思いっきり楽器を下げて弾くスタイルには向かないです。そんなに長さ無いし。
ロックピンへの付け替えが済んだら、ネック調整して弦高をベタベタに下げてオクターブチューニングして出来上がりです。

買った日がたまたまいつも飲みに行くライブバーのセッションデーだったので、買ったその足で未調整の状態でセッションに遊びいったのですが、気持よかったです。
慣れない5弦&未調整で弦高がちょっと高めということもあってちょっと戸惑うこともあったけど、楽器自体の音が良かったから良しとします。
調整した状態で大きい音で鳴らしたいので、近いうちにまた楽器を持って飲みに行きます。

そんなこんなで、この新しい俺の嫁がこれから作る曲にどう影響を与えてくれるのか楽しみです。
5弦を活かしたフレーズとか出来るといいなー

というわけで、今回はここまで。
posted by mamma at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2012年07月19日

自費出版商法じゃなかったけど何か怪しくなってきた(かな?)

もす!mammaです。
梅雨明けしました。熱いです。溶けます。
と、そんな事はどうでもよいのです。
 
mixi等で参加クリエイタを募集していた”あの”VOCALOIDコンピアルバムに新たな動きが!?ってな感じみたいなんで、またもやちょっと調べてみました。
このブログのアクセスログを見ると、「MA ENTERPRISE JAPAN」や「秋丸将孝」や「ボカロコンピ」等のキーワードでこのブログに辿り着く人が、ほぼ毎日のようにいます。
1日2〜3ユニークユーザと数は少ないんですけどね。
で、まあ、少ないながらもこんな毎日のように検索で辿り着く人がいるから、まだ精力的に募集してるのかなって思ってました。
今年の5月にも8枚目のコンピアルバムをリリースしたみたいですしね。
 
しかし、件のコンピアルバムの問題を指摘した昨年のエントリに最近ついたコメントを見ると、ちょっと動きがおかしくね?てな感じです。
そのコメントをコピペしますね。
 
 
そもそも入金して入稿したCDの発売予定すら無いんだが

音沙汰が無い
Posted by e at 2012年06月24日 05:09
電話しても、音沙汰ないんです
Posted by s at 2012年07月17日 17:32
秋丸さんmixiも退会されてるし、、
Posted by s at 2012年07月17日 17:33
 
どうなってるんでしょうね?
このコメントを一概に信用することはできませんが、事実だとしたら業者さん逃げちゃった?って感じです。
「mixiを退会している」と書かれているので、調べてみました。
結果、mixiどころかtwitterとGoogle+のアカウントも無くなっていました。
WEBサイトの方はと言うと、一応残ってはいるようです。



http://www.ma-group.jp/MA_MUSIC_ENTERTAINMENT/Welcome.html

http://www.ma-group.jp/ にアクセスすると上のURLにリダイレクトされます。
残ってはいるけど、以前と随分デザインが変わっていますね。
あんなに大々的にVOCALOIDコンピ参加の募集をしていたのに、それも無くなっています。
 
ma-group.jpのドメインは今年の2月に更新されています。
一応、JPNICで調べた結果をペタリ
 
Domain Information: [ドメイン情報]
[Domain Name] MA-GROUP.JP

[登録者名] 秋丸 将孝
[Registrant] AKIMRU, MASATAKA

[Name Server] ns06.mesh.ad.jp
[Name Server] ns07.mesh.ad.jp

[登録年月日] 2009/01/16
[有効期限] 2013/01/31
[状態] Active
[最終更新] 2012/02/01 01:05:01 (JST)

Contact Information: [公開連絡窓口]
[名前] 秋丸 将孝
[Name] AKIMRU, MASATAKA
[Email] j84c79@bma.biglobe.ne.jp
[郵便番号] 501-0225
[住所] 岐阜県瑞穂市
祖父江184番地
マウンティンVAN306号
[Postal Address] mizuhoshi
sofue184-1banchi
mauntenVAN306gou
[電話番号] 058-216-1880
[FAX番号] 058-216-1880
 
 
サイトには大きく「We Share“DTM.COM”be soon!」と書かれていますが、dtm.comのドメインはドイツツーリングカー選手権(Deutsche Tourenwagen Masters)が所有しているんですよね。
なんかよくわからんな…
 
AmazonでMA社がリリースしているCDを調べてみたら、今年になってからはVOCALOIDコンピシリーズ「VVV」しか出してないようですね。
何人か所属アーティストがいたはずなんですけどね。
 
ここ2〜3日で調べたのはここまで。
WEB Archiveで以前のサイトを見てみようと思ったらアーカイブされている最新は2010年のものだったので、なんの手がかりも得られずです。
 
もし、コメントを書かれた方と同じように入稿や入金をしているのに連絡が無くなった、連絡が付かない、という方がいたら、返金を求める内容証明郵便を出すとか、お住まいの市区町村の消費生活センターや無料法律相談、法テラス等で相談するなど、何らかのアクションを起こしたほうがよいと思います。
全国の消費生活センター
たまたまMA社が忙しくて連絡が付きにくいとかいう事態なら良いのですが、最悪、経営が立ち回らくなって倒産や夜逃げなんて事になったら、振り込んだお金を取り戻すのは大変ですから。
 
この件について新たな事が判ったら、また記事を書きます。
書きますが、あまり精力的に追っていないので、何か情報がありましたら情報提供をお願いします。
MA社や秋丸社長からも、「事実と違うよ」という様な情報がありましたら、よろしくお願いします。こちらでお知らせさせて頂きます。
posted by mamma at 23:55| Comment(20) | TrackBack(0) | 雑記

2012年04月26日

いろはを使って新曲を作った話とか超ボーマスとか

もす!mammaです。
いろはを買ってから10ヶ月。
特徴的すぎる声にどう使おうかと悩んでいたりいなかったりしたのですが、今回、はじめてちゃんと使ってみました。

GUMI adultとデュエットなのですが、当初はリンappendのパワーを使おうと考えていたのです。
でも、なんかしっくりこないので、手持ちの音源全てに歌わせてみたところ、なんとなくいろはがしっくりくるかなーって。

 で、出来たのがこの曲

今回は初めてが多いです。

まず詞先での曲作り。
作詞はじるたんことzilchさん。
詞を読んだだけでメロディとリズムが出てきてやりやすかったです。
僕の書かないタイプの詞ですね。
浮遊感があって希望があってアンビエントな感じ。

そんでもって、イラストを絵師さんに書き下ろしてもらいました。
「生ぐーみん。」メンバーのpassuyさんに君花さんを紹介してもらって、僕が描いた落書きのような棒人間で描いた構図を素晴らしいイラストに起こしてもらいました。

さらにタイトルロゴ付き動画。
ダメ元でにわとりこと、糖質0Pに「タイトルロゴ作って(はぁと」とお願いしたら1時間もかからずに作ってくれました。
僕からの注文は「『ウゴウゴルーガ』のロゴっぽく」「赤と青の対比で」だけ。

ギターソロにはシャッハPとヘルPが参加してくれました。
これは初めてじゃないですね。
「すっぱい大作戦」


で刹那Pにギターソロを弾いてもらって以来、二曲目のゲスト参加曲です。格好いいギターソロが弾ける人は羨ましいですね。

そんなわけで、新曲よろしくお願いします。

 


あ、超ボーマスは29日カ-05,06「生ぐーみん。」にいます。

今までサークル「生ぐーみん。」で作ったGUMIコンピアルバム全部の頒布と、あとメンバーの個人アルバムを頒布します。
こっちもよろしくです。

posted by mamma at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2012年02月01日

ボーマス19にてGUMIコンピアルバム頒布

もす!mammaです。
 
またもや「生ぐーみん。」のGUMIコンピアルバムに参加せていただきました。
アルバムタイトルは「ぽぷりぽっと3 ぽぷりぽ!
前回の「ぽぷりぽっと2」は「おれんじ」と「ぐりーん」の2枚同時リリースでしたが、今回は正真正銘の2枚GUMI!全29曲+イントロダクションです。
DSC_0061.JPG
新しいアルバムが出来る度に参加メンバーがどんどん豪華になっていきます。
はたして、僕はここにいて良いのでしょか…?なんて気にもなりますが、気にせずにマイペースです。
 
さてさて、気になる今回の収録曲をご紹介しましょう。
 
[disk1]

M1 introductionマグP
M2 スイートエモーションMP
M3 cyclefunction
M4 LierヘルP
M5 evergreen flavortakumi
M6 電磁気学とチョコレイト触媒ファントムガール
M7 スキマドライブvilP
M8 キミが好きでタカノン
M9 Be★Happy ALL-GUMI-Edit四重婚P
M10 らぶゆー☆Downもふてゐ
M11 親友へ外道さん
M12 Love Tale -V3 append mix-みっちかいわれP/Libra
M13 氷みたいにとけたらいいのに白く時中
M14 インソムニアRUHIA
M15 ツミビトガムシロップ/amia+
M16 Pastel銀河方面P/あきらめるP


disk2

M1 Cat Dreamkuma+/zilch
M2 ツンデレの可愛さは年齢の二乗に反比例するmamma
M3 からからこうた/MATTA
M4 輪廻の花柚葉404P
M5 ダンシングダガー(GUMI Solo Ver.)アカツキシンヤ
M6 ハラジェッタこそあどP
M7 セブンスターkokoエロンP
M8 8カウントP-MAN
M9 SCARLETNOBU
M10 仮面いちまんピース
M11 チョコレートかっつんシャッハP
M12 メルヘン・クーヘン糖質0P/zilch
M13 SKIP DANCEざわぴー
M14 わくおつメグカップP

 

これこれはもうwktkが止まらないね!

アルバム紹介のクロスフェード動画もあります。


 
その他、このアルバムについての詳細は「生ぐーみん。」公式サイトで。
 
そんでもってこのアルバムは、今度の日曜日に池袋:サンシャインシティ ワールドインポートマート4階展示ホールA2・3にて開催される「THE VOC@LOiD M@STER19」で頒布します。
頒布価格は2000円です。
サークルスペースはD23。GUMIコスをした女の子が売り子をしていますよ。
ぜひぜひ、遊びに来てください。
遠方でボーマスに来られない人の為にショップでの委託も予定しています。
posted by mamma at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2012年01月14日

リン・ミンメイはツンデレか否か


もす!mammaです
あけましておめでとうございます。
 
若干放置気味のブログですが生きています。
無事に年を越せました。
年を越せたので新曲をアップしました。
 
まずは1曲目。
正月早々、1/2にアップしました。
 


タイトルホイホイな気がしないでもないですね。
ホント、すみません。
V3GUMIのSweetを使っています。
 

ちょこっとばかし、なんでこんなタイトルにしたかっていうことを…
僕の持論として
『実際にアニメやマンガみたいなツンデレの子がいたらウザくね?』
というのがありまして、そんな事をツンデレキャラ好きの友人と飲んでいる時に話したら、
「でもさ、小さい子って基本ツンデレじゃね?」って言うわけですよ。
僕が「あー、そうかもねー」なんて酔った頭で思っているうちに、そいつは更に畳み掛けるように、
「年齢が低くなるほどツンデレ度がアップして可愛い!つまり、ようじょさいこー!」
なんて言いやがったわけです。
その時にタイトルの「ツンデレの可愛さは年齢の二乗に反比例する」というのコトバが思い浮かんで、曲にしてしまったわけです。

本当にどうしようもないですね。

 
この曲はボーマス19にてサークル「生ぐーみん。」から頒布予定のGUMIコンピアルバム『ぽぷりぽっと2 ぽぷりぽ!』に収録されます。
このアルバム『ぽぷりぽ!』は全29曲の2枚GUMI!
どこを聴いても全部GUMI。是非、ボーマス19でお手にとってみてください。
 
 
そんでもって2曲目。
こっちもGUMIです。
 


言わずと知れた映画「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」の主題歌。飯島真理が歌う名曲です。
半年前くらい前からGUMIでやってみたかったんですよね。
AメロBメロサビはV2GUMI、CメロにV3GUMI Adultを使用しています。
 
ニコ動で検索してみたところ、GUMIが歌う「愛・おぼえていますか」はランカ・リーバージョンのはあって、もリン・ミンメイバージョンはありませんでした。
それがGUMIで作ろうと思ったきっかけでもあります。
 
今回の動画は手描きPV風に映画の感動のシーンを再現してみました。
脅威の再現性に驚くこと間違いなし!
かなり可愛いミンメイなGUMIを描けたんじゃないでしょうか。
 
 
そんなわけで今年もよろしくお願いいたします。
去年はほとんどGUMIしか使ってこなかったので、今年はGUMI以外も積極的に使っていこうと思っています。
posted by mamma at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2011年11月17日

【ボーマス18】GUMI冠婚葬祭コンピ頒布

もす!mammaです。
 
さてさて、11/19は池袋サンシャインシティ ワールドインポートマート4階展示ホールA2・3にて開催される「THE VOC@LOiD M@STER18」ですね。
僕が参加させてもらっている、GUMI生放送発のサークル「生ぐーみん。」でも新譜を頒布します。
今回は「冠婚葬祭」をテーマにした14曲入り。アルバムタイトルは「caerimonia」
参加クリエイタや各曲のニコ動にアップされている動画など詳細は、「生ぐみーん。」公式サイトやクロスフェード動画を見てください。

 
 
今回はこのアルバムの他にも書き下ろしGUMIカレンダーも頒布予定!
カレンダーのイラストはクロスフェード動画で確認できますよ。
もちろん、「ぽぷりぽっと」「ぽぷりぽっと2/ぐりーん」「ぽぷりぽっと2/おれんじ」も在庫限りで頒布します。
 
僕は先月アップした「con tenerezza」で8曲目に参加しています。

 
 
ではでは、11/19に池袋で僕と握手!
今回は最初から最後までいる会場に予定です。
posted by mamma at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2011年09月12日

ボカファンとか委託とか

もす!mammaです。
 
6月のボーマス16にてリリースされた、僕も参加しているサークル「生ぐーみん。」のGUMIコンピアルバム「ぽぷりぽっと2ぐりーん」「ぽぷりぽっと2おれんじ」の2枚が、9/18のVOCALOID Fantasiaでも頒布されます。
スペースはB17「生ぐーみん。」です。
横浜で僕と握手!
…といきたいところですが、残念ながら、当日は僕はバンドの練習が入っているので参加できません。
でもでも、アルバムに参加している他の素敵なクリエイタが売り子やら賑やかしとかでいると思うので、その人たちと握手すればいいと思うよ。
当日は「ぽぷりぽっと2」の2枚の他にも、「生ぐーみん。」の1stアルバム「ぽぷりぽっと」や参加クリエイタのオリジナルCDの委託販売や同人誌の委託販売も行う予定です。
ご近所お誘い合わせの上、ご来場ください。
 
そして、会場に来れないという方に朗報が!
既にD-STAGEさんで委託販売をして頂いていますが、この程、vocareco.comさんでも「ぽぷりぽっと2ぐりーん」と「ぽぷりぽっと2おれんじ」の2枚を委託販売して頂く事になりました。
遠方に住んでいたり時間が合わなかったりでイベントに参加できない方は、是非、これらのショップでお買い求めください。
よろしくお願いします。
 
サークル「生ぐーみん。」としては、11月あたりのボーマスや来年の早い時期のイベントに合わせて、新しいコンピアルバムを製作する予定です。
参加クリエイタが増えていって凄い事になっています。ガクブルです。
詳細が決まり次第、随時お知らせします。
 
ではでは。
posted by mamma at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2011年06月21日

ぽぷりぽっと2委託販売開始のお知らせ

もす!mammaです。ボーマス16にて頒布したGUMIコンピレーションアルバム「ぽぷりぽっと2/おれんじ」「ぽぷりぽっと2/ぐりーん」の2枚の委託販売がD-STAGEさんで開始されました。




ぽぷりぽっと2 おれんじ




ぽぷりぽっと2 ぐりーん

どちらのアルバムもお勧めです。
ボーマスに来れなかった方、来れてもあの混雑でスペースに辿り着けなかった方、是非、この機会にお買い求めください。
僕の作った曲は「ぐりーん」の5曲目に収録されています。

よろしくおねがいします。
posted by mamma at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2011年06月18日

自費出版商法(疑い)の件についてちょっとまとめてみた(追記あり)

もす!mammaです。前々回のエントリについてのtweetが200RTを超えてビビってます。
このブログのアクセス数もいままで見たことも無いような数字になってます。
ありがとうございます。

というわけで、ちょこちょことメールやtwitterのDMやreplyで情報を頂いているので、現状で問題の自費出版商法(疑い)のボカロコンピについて僕が把握している事をまとめておきます。

■楽曲権利の取り扱い
1.著作者に残したまま
2.コンピCD収録やプロモーション等以外に業者が使用する事は無い
3.JASRAC等の著作権管理団体に管理されている曲での応募は不可

どうやら、著作権をはじめとする作品の各権利は著作者に残したままのようです。
管理団体に管理を委託している作品を勝手にCD収録できないので、3は当然の事ですね。
この点については特に問題は無いように思われます。


■作品の応募から採用までのフロー
1.音源を送る(応募者)
  ↓
2.審査(業者)
  ↓
3.当否を連絡(業者)
  ↓
4.参加費用を入金(応募者)
  ↓
5.正式採用

※応募締め切りは6月末

このフローも普通の流れのように見えますが、問題は4です。
これについては次項で。


■お金に関して
1.審査に合格した応募者が楽曲をCDに収録してもらうには、「エントリー費」として1曲につき30,000円を業者に支払う
2.エントリー費の名目は、全国流通費用、配信手続き費用
3.CDの売価は3,150円(税込み)
4.作者へのバックマージンは、手売りの場合50%、流通の場合1%(4半期ごとに清算)

気になるのは「エントリー費」ですね。
流通費用をなんで楽曲提供者が負担しなければいけないのか不思議です。
また、バックマージン(印税)の設定もおかしい。
手売りで20枚売れば、まずエントリー費の元はとれます。20枚程度なら売れるかもしれない、という微妙なラインを設定しているところが憎らしいです。
多分、楽曲提供者が手売りをしようとしたときは、楽曲提供者が業者に価格の50%を支払ってCDの現物を卸してもらうのだと思われます。
つまり、売れても売れなくても、その分は業者は痛くも痒くも無い、という事ですね。
在庫を抱えてあわあわするのって、マルチ商法の末端従事者によくある光景。それと同じ事が起こらない事を祈るばかり。ただ、ノルマはないらしいので、手売りする自信が無ければ仕入れなければよいこと。
でもって、もう1つのバックマージン。流通の場合の1%の方。業者はこれを「印税」と説明しています。
「1%って少ない!」と思う方もいるかもしれませんが、メジャーレーベルでも新人アーティストなら1%程度は相場です。さらに、コンピの様に複数のアーティストが関わっている場合は、1%を更に権利者の数で割った分が支払われます。
単純化して説明すると、10人のアーティスト(全員が自曲を作詞・作曲・歌唱しているとする)が参加したアルバムの定価を3,000円とした場合、1人に入る印税は1枚当たり3,000×0.01÷10=3円となります。
そう考えると、このコンピCDは条件が良いように見えますが、実は1つ落とし穴があります。
通常、印税というものは、CDをプレスした時点で発生します。5,000枚プレスした場合、先の例に当てはめると、3×5,000=15,000円が1枚も売れなくてもアーティストに支払われるのです。
この問題のコンピCDの場合は、1枚売れたときに1%が支払われ、圧倒的に業者有利の契約内容です。


■締め切り前に採用通知
フローのところで紹介しましたが、応募の締め切りは6月末となっています。
普通に考えれば、選考は締め切り後に行われ、当否の連絡は更に後となると思うのですが、既に採用通知が届いて「CDに収録を希望する場合は○日までにエントリー費を支払って下さい」という内容の連絡が行っている応募者もいるようです。
この事例をみると、当選商法やオーディション商法みたいな感じです。
まあ、コンピCDをいっぺんに複数枚だすつもりなら、良い曲を早めに確保するという可能性もあるにはありますが、僕は「エントリー費名目のカネを集めるのが目的じゃね?」と勘ぐってしまいます。


と、まあ、こんなとこです。

(おまけ)mixiのメッセージを読んだ時に個人的に不審に思った点
1.企業の代表という立場の人がビジネスの文章でハンドルしか名乗ってない
2.絨毯爆撃的にメッセージを送っている
3.権利の扱いや金銭に関する事に1つも触れられていない
4.消費者問題ウォッチャーとしての勘

会社の事業としてコンピCDを作るために楽曲提供者を募集しているわけですから、mixiのメッセージといえども、企業が発する公式な文章なわけです。
その公式な文章にmixiのハンドルだけで本名を書かないって、企業の代表としてどうなのよ?って事です。
そして、2にいたっては、数打ちゃ当たる的な出会いサイトのspamメールと変わらない事してます。良識のある企業はそんな事しません。
契約するにあたって判断材料となる大事な事柄を簡単にでも触れていないのも減点です。
でもって、最終的には10年以上消費者問題ウォッチャーを続けている僕の勘です。悪徳商法業者の勧誘や広告の文章を数多く読んできた経験による勘と言っても良いです。

あと、いわゆる「有名P」にはこの業者からコンタクトはあまり無いみたい。
4年近くVOCALOIDで遊んでいる僕ですが、VOCALOID界隈の事は詳しくないので、誰が「有名P」なのかもよくわかりませんが、twitterなんかで調べてみた僕の観測範囲では、という事です。


■まとめ
色々とあやしい点を挙げていきましたが、僕はまだクロと言い切れません。
確実にクロだという根拠が見つからないので…
ただ、かなりクロに近いグレーだと判断しています。
もし、僕の友人や知り合いに「このコンピに応募してみよう思うんだけど」とか「このコンピどう思う?」等と聞かれたら、迷わず「やめておけ」と言います。
いまのところ、判っている費用はエントリー費の30,000円だけですが、「売れるようにするには宣伝が必要」等といって、宣伝費やコンサルタント費等の名目で金銭を要求する事があるかもしれません。自主出版商法では、そのような被害が一番大きいのです。
(追記:2011/06/21)
先方から「プロモーション費は100%自社負担です。」とのご連絡を頂きました。
エントリー費以外の費用はかからないようです。
MA ENTERPRISE JAPAN様並びに読者の皆様にご迷惑をかけたことをお詫びいたします。
(追記ここまで)
参加を考えている人がいたら、ちょっと冷静になって考えてみてください。


------
引き続き、この件に関して何か情報がありましたら、ブログのコメントでもメールでもtwitterでも、手段はなんでも良いので、情報をお寄せください。
メールやDMで頂いた情報の情報源は秘匿する事をお約束します。

来週はGUMI聖誕祭だ…
曲は仕上がるかなー

では、また。
posted by mamma at 00:04| Comment(38) | TrackBack(0) | 雑記