2011年02月27日

キュートにポップに匍匐前進

もす!mammaです。
久しぶりにオリジナル曲を作りました。
【メグッポイド】CUTE BOMB【オリジナル】


ふと「かわいく好き キュートに好き あなたが好き」と「私の愛が匍匐前進」という2つのフレーズが思いついて、そこから発展させて歌詞を書いてみました。
ほぼ歌詞先です。
まあなんていうか、こんな子が本当にいたらちょっと鬱陶しいかもね。

VOCALOIDはメインでメグッポイドを使用。
「Cat's Dream」で使ってからお気に入りの声質です。
なんか、色々と使いやすそうな感じがするんですよね。
ただ、苦手な発音もあって、どうやっても直らないとかありますが…



話は変わって…
気づいたら色んなVOCALOIDが出てるんですね。
あんまり音源を増やしても使わないのとか出てきそうで、もったいないので全部は買えないけど、1度くらいは触ってみてたいなー、と。
あ、VY1とリンレンAppendは買いました。
VY1は今回の曲のコーラスにちょこっと使ってます。
リンレンAppendはRockな曲を書いたときにでも使ってみようかな、と。

そんわけで、新曲「CUTE BOMB」をよろしくなのです。
次作はいつになるかなー
posted by mamma at 04:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 曲解説

2010年02月09日

リンとGUMIで新曲と衰退とかあれこれ

もす!mammaです。

新曲が出来たのでニコニコ動画にうpしました。

前曲の「Cat's Dream」でメグッポイドをちゃんと弄ってみて、使い勝手が良かったので続けて使ってみました。
メグッポイドだけだと寂しいので、元気な声のリンも合わせて掛け合い風に。
音的にはFunkというかSoulというかR&Bというか、まあ、そんな感じですね。相変わらずのFUNKALOID路線です。

最初に「Chinese Dice」というキーワードがふと浮かんで、そこから歌詞を広げてみました。
Chinese Dice(中国サイコロ)というのは、18面体のサイコロでもともと占い等に使われていたもののようです。
現在では、TRPGなんかにも使われているんですかね?その辺はよく知らないんですけど、TRPGをやってるとこを見たら、6面体以上の多面体のサイコロを使ってました。
で、誰かがどかっで勝手にサイコロを振って運命を決めてたら面白くね?という、B級SFにありがちなテーマで歌詞を書いてみました。

あ、歌詞の解説とかやったのってはじめてかも…

そんでもって、話題を変えて。
にゃっぽんに「新曲うpったよー」って日記を書くために久しぶりにログインしたんですよ。
そしたら、「ボカロ衰退」とかってタイトルの日記が新着に並んでいて、なんぞ?と思ったわけですが、何かあったんですかね?
いくつか日記を覗いてみたけど、よく判らんかった。
どこかのニュースサイトとかのオピニオン記事とかで、そんな話題があったんですかね。
あまりにもみんなが騒いでる(ように見える)ので、思わず、TwitterとWassrに僕が考えている事を以下のような内容でpostしました。というか、Wassrの僕のpostのコピペです。
久しぶりに新曲うpしたよ日記を書くためににゃっぽんにログインしたけど、ボカロ衰退か!?とかで盛り上がってんの?そんなんどうでもいいじゃん。衰退とか盛り上がってるとか関係なしに、VOCALOIDを使って曲を作るのが好きなら作ればいいし、キャラが好きなら愛でればいいじゃない。なんで、こうも毎回毎回、他人の意見や評価にあたふたするんだろうね。てか、何がきっかけで衰退とかって話題が出てきたのかわからん。

自分が好きならそれでいいじゃん。
まわりの評価がどうだろうと、好きにやればいいんじゃないのかな。
確かに、最初期のような盛り上がりはもう無いね。だからといって、僕のVOCALOIDを使って好きな(自分の聴きたい)曲を作るというスタンスは変わらないし、相変わらずキャラ萌えとかはわからんし。
それぞれが、好きに楽しめばいいと思うんだけどな。
やっぱり、周りから「ボカロ盛り上がってるね」って評価されないと嫌なのかな?
わからんわー
posted by mamma at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 曲解説

2009年04月21日

FUNKALOIDとはなんぞ?

もす!mammaです。

海外の方が僕の曲「Bittar Stars」をYouTubeにアップしてくれています。

ありがたい事です。
で、この動画のコメントに「what's a "Funkaloid"?? o.o」ってあるんですね。
訳せば、「FUNKALOIDって何さ?

というわけで、FUNKALOIDについて解説です。

FUNKALOIDは僕が作った造語です。
読み方は「ふぁんかろいど」
最初に使ったのは

この曲から。
タイトルがそのまんま「FUNKALOID」です。
最初は「Crazy Funky Dance」の予定でした。
ところが、ピアプロに似たタイトルの曲が上がっているを見つけて、急遽変更。

FunkなVOCALOIDという意味を込めてFUNKALOIDという名前を作りました。
というのは、後付の理由。

本当は、歌詞もあんなんで内容が無いし、気の利いたタイトルも思いつかないしで、僕の好きなFunkグループのFunkadelicに似せて付けただけなんです。

もともと、適当に付けた曲のタイトルだから、FUNKALOIDという名前はずっと使おうとは思っていなかったんです。
でも、案外とFunkっぽい曲を作るのが面白くて、それ以降、Funkっぽい曲の時は架空のFunkグループ「FUNKALOID」の曲というカタチでリリースしています。

これからも、FUNKALOIDシリーズを続けていくと思います。
ボーマス8では、FUNKALOIDのアルバムを出します。
これからも、FUNKALOIDをよろしくお願いします。
posted by mamma at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 曲解説

2009年03月30日

CHICだよ


The Theme Of FUNKALOIDにあったコメント
CHICだね!

はい。CHICです。気付いたらCHICぽくなってた。

FUNKALOIDでオリジナルを作るときって、今までは1コード一発ものばかりだったので、この曲を作ったときは、2コードにして動きがあるのにしようかななんて思いながらギターでコードを弾きながら気持ちいい組み合わせを探していました。
で、Tm7-W7に落ち着いたわけですが、「なんとなく聴いた事あるなー」とは思っていました。
でも、「まぁ、よくある進行だからいっか」なんて思いながら、メロ作ってアレンジしてってやってたら、ああいう曲に。

曲が完成して動画作ってニコ動にうpして、ひと段落ついたと思ってiTunesをランダム再生させたら1曲目に流れてきたのがCHICの「LE FREAK」(邦題「おしゃれフリーク」)

「あちゃー…」と思いましたね。
メロは似てないけど、曲の雰囲気が何となく似てる。特に僕の曲のAメロのストリングスの動きとCHICの間奏部分のストリングスの動きが似てる。これが印象的で似た曲に聴こえるんですよね。
動きを持たせようとして、トップノートが上がるようにコード展開を変えたんですが、CHICも同じようにやっていたとは…
posted by mamma at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 曲解説