2015年03月01日

たなばた!

もす!mammaです。
1年以上ぶりに曲を作ってニコ動にアップしましたよ。
ここがBABYMETALファンブログだと思ってたでしょ?
本当は、僕のVOCALOID活動のブログなんですよ。

新曲は季節外れな七夕をテーマにした曲です。
3/8に京都みやこメッセで開催されるボーパラ関西で頒布されるGUMIコンピアルバム『ぐみごよみ』収録曲です。
このアルバムは一年の各月をテーマにした12曲が収められたコンセプトアルバムでもあります。
締め切りを延ばしに延ばしてもらって「これ以上待てない」というギリギリで完成させました。
関係各位にはご迷惑をかけてしまって申し訳ない。
決して、BABYMETALにかまけて遅れたのではなく、仕事が大変でDAWを立ち上げる時間も無かったのです…という事にして下さい。

頒布されるスペースはD-27,28「生ぐーみん。」
今回、僕は京都に行きません。ホテル取れなかった…

そんなわけで、新曲『Swinging Summer Wind』とコンピアルバム『ぐみごよみ』をよろしくねー
posted by mamma at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2014年12月10日

隠れた名作『HEART BREAKER[弾丸より愛をこめて]』がDVD化されてた【GWINKO】

もす!mammaです。

皆さんはGWINKOというシンガーをご存知ですか?
80年代後半から90年代半ばくらいまで活動していた沖縄出身のシンガーです。
デビューは1987年。GWINKOがまだ14歳の時。
安室奈美恵(スーパーモンキーズ)よりも先にデビューしていた沖縄アクターズスクール出身者なのです。

当時人気があった久保田利伸の妹分みたいな感じで扱われていました。
久保田利伸の妹分ということで想像がつくと思いますが、ジャンルはFUNK/SOULな感じのポップスです。
僕が作る曲を聴いて米米クラブの影響を強く受けていると感じる人が多いようですが、どちらかと言うと、というより確実にGWINKOの影響が大きいです。
デビュー時から引退まで、東京でやったライブは殆ど行ったくらい好きすぎるのです。
1997年インターネットを使い始めたんだけど、最初にYahoo!で検索したワードが「GWINKO」。
そして、世界で唯一のGWINKOファンサイト「GWINKO'S BACK UP PARTY on NET」なんてものも運営していました。
GWINKO以降にこれだけ嵌ったのはBABYMETALまでありませんでしたね。
あ、ESCALATORSにも結構嵌ったな。でも、GWINKOやBABYMETALほどではない。

アニソン好きな人だったらCITY HUNTER'91のOP曲「DOWN TOWN GAME」を知ってるかも。
サムライスピリッツのED曲「大好きという嘘をついた」も。

で、なんでいきなりGWINKOの話かというと、GWINKOが現役時代に出演したVシネマが11月にDVD化していたからなんです。
それが『HERAT BREAKER[弾丸より愛をこめて]』
LDで持ってるけど、LDプレイヤーが壊れちゃったので買っちゃいました。
一昨日、この記事を見て知ったんだけどね。

主演は元RED WARRIORSのダイアモンド☆ユカイこと田所豊。
最近はバラエティ番組とかにもよく出ていますよね。
RED WARRIORSのユカイファンとしてはフクザツな心境です。
トレーラーがYouTubeにありました。
この作品、出演者は全員ミュージシャンです。ですので演技には期待できません。
20年ぶりに観てユカイの大根具合に笑いが止まりませんでした…

ストーリーはよくある探偵物なんだけど、ストーリーよりも劇中でちょいちょい出てくるダンスシーンが見どころの作品です。
ダンスがメインなのでユカイの大根っぷりはそのうち気にならなくなります。あ、ユカイはダンスしませんよ。ロッカーなので。
ダンスがメインといっても、ミュージカルというわけではありません。GWINKOが敵に追われている最中に突然ダンスバトルが始まるとか格闘シーンがダンスっぽいとか、そんな感じです。
はい、よくわからない説明ですね。
90年代あたりのダンスミュージックが好きな人は観てみて下さい。きっと楽しめます。

監督の小松壮一郎はGWINKOのミュージッククリップ集『STEP OUT』の監督でもあります。
というか、『HERAT BREAKER』と『STEP OUT』は同時期に同じ博多のロケ地で制作されているのです。
ですので、『STEP OUT』には『HERAT BREAKER』に出演したダンサーが出てきます。

そんなわけで、よくわからない作品紹介でした。
posted by mamma at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2014年09月07日

これは気になるギター用エフェクター【KORG MIKU STOMP】

もす!
mammaです。
BABYMETALの事ばかり書いてたので、たまにはちゃんとVOCALOID関連の事でも書こうかな、と。

すでに方々で話題になっていますが、KORGがミクの声を出せるギター用エフェクター「MIKU STOMP」を発表しました。
マジカルミライでデモがあったみたいですね。
ちょくちょく見ている藤本健さんのブログで知ってから気になっていました。

KORGのWEBサイトにも特設ページが出来ていました。

YouTubeには紹介動画もあります。

動画を見ると、ギターの演奏に合わせてミクが歌ってますね。
MIKU STOMPに入力されたオーディオ信号からピッチを検出して、予めMIKU STOMPにダウンロードした歌詞を順番にピッチに合わせて発音してるのだと思われます。
その他にも「Ah〜」とか「La~」とか、最初からMIKU STOMPに入っている音声をノブスイッチで選択して発音させられるようですね。

これ、セッションに持って行って遊んだら面白そうです。
ハイフレットのフレーズならベースでも使えると思うし。
楽器の出力をAライン、Bラインにパラって、ミクとギターのユニゾンとかも面白そう。

ただなー、歌詞をダウロードするのはiPhone用のアプリからだけらしいんですよね。
iOSのデバイスって1つも持ってないんですよね。
これのためだけに新しく買うのもなーなんて思ってましたが、藤本さんのブログの記事によると

データの転送法、Otomaniaさんからの情報で判明しました。Bluetooth LEやWiFiではなく、iPhoneアプリからオーディオ信号で転送するようです。最近、この手の機器がいくつか登場していますが、ある意味、昔のモデムのようにデータをピロピロピロという信号に変換した上で、iPhoneから出力し、その音をMIKU STOMP側で受け取って、理解するわけですね。
という事らしいです。
歌詞をオーディオ信号に変換って事は、ひらがな50音をASCIIにしてそれをオーディオ変換してるのかな?
それだったら、誰かハックしてAndroidでもPCでも送信できるアプリを作る人が出てきそうだ。
歌詞データの最初と最後にデータスタート信号とデータエンド信号を付加してるだけだろうし。
もしかしたら、チェックサムくらいはあるかもね。

10月下旬発売予定、市場価格13000円程度ということなので、出たら直ぐに買うでしょう。
今から楽しみです。

posted by mamma at 12:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記

2014年07月07日

名古屋に行ってきました

もす!mammaです。6/29に名古屋国際会議場で行われた「VOCALOID PARADISE番外編・インタネPARADAISE」にサークル『生ぐーみん。』のメンバーとして参加してきました。
「鏡音PARADISE」「KAITO PARADISE」「MEIKO PARADISE」と同時開催だったのですが、なんというKAITO率の高さ!
会場半分くらいは青だったんじゃないかなーって感じ。
GUMIサークルは完全にアウェー状態。
でもまあ、そんなアウェー状態にも関わらず、それなりにブースに来てくれる方も多くCDも買っていただきました。
ありがとうございます。

今回の名古屋行きは前日に名古屋入りして、名古屋在住の友人に教えてもらったセッションバーに遊びに行きました。
泊まるホテルも、ボーパラ会場とセッションバーのどちらにも行きやすい場所を選びました。
ボーパラ番外編よりも、むしろセッションバーに遊びに行くのがメインだったような気がしないでもないです。
遊びに行ったお店はこちら
南蛮屋
セッションデーじゃなくても楽器を弾くお客さんが集まってセッションが始まるお店です。

IMG_20140628_224428.jpg
入り口の看板。
控えめな小さい看板だけど、地下鉄の出口のすぐそばにあって、初めてでもすぐにわかりました。

IMG_20140628_224432.jpg
この立看があったの方が先に目について、すぐにわかったんですけどね。
この立看のある位置がお店のあるビルの入口で、すぐに地下に降りる階段があります。

IMG_20140628_223411.jpg
お店に入ると、こんなステージがあります。
お店に楽器が揃ってるので、楽器を持たずに遊びに行ってもセッションに参加できます。
僕も楽器を持って行かなかったのですが、お店に置いてあるプレベを貸してもらいました。

セッションは1曲だけ参加。
たまたまカウンターで隣になった東京から来たという方とお店の常連さん、お店のスタッフの方でスーパースタンダードな「Stand by me」。
演る曲が思いつかなかったらとりあえずコレですね。
明日も早いということもあって、23時位には退散。
今度来る時は自分の楽器を持って、もっと長くお店にいたいなーとか思ったり。
次に名古屋であるイベントは10/19のボーパラなので、その時に自分のベースを持ってまた来ましょう。

posted by mamma at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2014年04月08日

新しいBass買ったった

もす!mammaです。気づいたら1年と9ヶ月くらいブログを書いていませんでした。
その間に曲を作ってうpったり、「生ぐーみん。」のGUMIコンピアルバムに参加したり京都のボーパラへ初めての地方遠征したりお酒飲んだり寿司食ったり、色々あったんですけどね。
あと、例の業者さんはどうなってるのかな?久々に業者さんのサイトを見たらなんかよく分からない感じになっていたり。

そんなこんなで、最近新しいベースを買いました。
MIDIキーボードや音源以外で新しい楽器を買うのは20年ぶり位です。
HARD OFFとかで中古の安いギターやベースは何本か買ってたんですけどね。

そして
Climb5.jpg
これが俺の嫁
moonのClimb5です。
人生初5弦!
今までは同じくmoonのJJ-4を使っていて、「そろそろ5弦も欲しいなー」ってJJ-5でも試奏しようかと入った楽器屋にこれがあったんです。
ものは試しと弾かせてもらったら、弾きやすいし結構素直な出音だしアクティブEQの効きも気持ちいいしパッシブに切り替えた時の音も申し分ないしで、1週間考えて買っちゃいました。

で、ギターやベースを買ったらまずやる事といえば、ロックピンへの使えですよね。
これ大事です。僕にとっては。
最近ではステージに立って演奏することも殆ど無いけど、持ってるストラップには全てロックピンが付いてるので。
僕が使ってるのはSchallerのこれ。

特にこだわりは無いんだけど、JJ-4を買った時から使ってるからなんとなく。
ストラップはKen Smithの肩パットにモコモコが付いたのを使ってます。
これもJJ-4を買った時から使ってる。今回も新しいのを1本買いました。
ベースのような重い楽器を抱えても肩に負担が少ないのでかなり良いです。
皮も丈夫で長持ちします。現に20年使えてるし。
あ、思いっきり楽器を下げて弾くスタイルには向かないです。そんなに長さ無いし。
ロックピンへの付け替えが済んだら、ネック調整して弦高をベタベタに下げてオクターブチューニングして出来上がりです。

買った日がたまたまいつも飲みに行くライブバーのセッションデーだったので、買ったその足で未調整の状態でセッションに遊びいったのですが、気持よかったです。
慣れない5弦&未調整で弦高がちょっと高めということもあってちょっと戸惑うこともあったけど、楽器自体の音が良かったから良しとします。
調整した状態で大きい音で鳴らしたいので、近いうちにまた楽器を持って飲みに行きます。

そんなこんなで、この新しい俺の嫁がこれから作る曲にどう影響を与えてくれるのか楽しみです。
5弦を活かしたフレーズとか出来るといいなー

というわけで、今回はここまで。
posted by mamma at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2012年07月19日

自費出版商法じゃなかったけど何か怪しくなってきた(かな?)

もす!mammaです。
梅雨明けしました。熱いです。溶けます。
と、そんな事はどうでもよいのです。
 
mixi等で参加クリエイタを募集していた”あの”VOCALOIDコンピアルバムに新たな動きが!?ってな感じみたいなんで、またもやちょっと調べてみました。
このブログのアクセスログを見ると、「MA ENTERPRISE JAPAN」や「秋丸将孝」や「ボカロコンピ」等のキーワードでこのブログに辿り着く人が、ほぼ毎日のようにいます。
1日2〜3ユニークユーザと数は少ないんですけどね。
で、まあ、少ないながらもこんな毎日のように検索で辿り着く人がいるから、まだ精力的に募集してるのかなって思ってました。
今年の5月にも8枚目のコンピアルバムをリリースしたみたいですしね。
 
しかし、件のコンピアルバムの問題を指摘した昨年のエントリに最近ついたコメントを見ると、ちょっと動きがおかしくね?てな感じです。
そのコメントをコピペしますね。
 
 
そもそも入金して入稿したCDの発売予定すら無いんだが

音沙汰が無い
Posted by e at 2012年06月24日 05:09
電話しても、音沙汰ないんです
Posted by s at 2012年07月17日 17:32
秋丸さんmixiも退会されてるし、、
Posted by s at 2012年07月17日 17:33
 
どうなってるんでしょうね?
このコメントを一概に信用することはできませんが、事実だとしたら業者さん逃げちゃった?って感じです。
「mixiを退会している」と書かれているので、調べてみました。
結果、mixiどころかtwitterとGoogle+のアカウントも無くなっていました。
WEBサイトの方はと言うと、一応残ってはいるようです。



http://www.ma-group.jp/MA_MUSIC_ENTERTAINMENT/Welcome.html

http://www.ma-group.jp/ にアクセスすると上のURLにリダイレクトされます。
残ってはいるけど、以前と随分デザインが変わっていますね。
あんなに大々的にVOCALOIDコンピ参加の募集をしていたのに、それも無くなっています。
 
ma-group.jpのドメインは今年の2月に更新されています。
一応、JPNICで調べた結果をペタリ
 
Domain Information: [ドメイン情報]
[Domain Name] MA-GROUP.JP

[登録者名] 秋丸 将孝
[Registrant] AKIMRU, MASATAKA

[Name Server] ns06.mesh.ad.jp
[Name Server] ns07.mesh.ad.jp

[登録年月日] 2009/01/16
[有効期限] 2013/01/31
[状態] Active
[最終更新] 2012/02/01 01:05:01 (JST)

Contact Information: [公開連絡窓口]
[名前] 秋丸 将孝
[Name] AKIMRU, MASATAKA
[Email] j84c79@bma.biglobe.ne.jp
[郵便番号] 501-0225
[住所] 岐阜県瑞穂市
祖父江184番地
マウンティンVAN306号
[Postal Address] mizuhoshi
sofue184-1banchi
mauntenVAN306gou
[電話番号] 058-216-1880
[FAX番号] 058-216-1880
 
 
サイトには大きく「We Share“DTM.COM”be soon!」と書かれていますが、dtm.comのドメインはドイツツーリングカー選手権(Deutsche Tourenwagen Masters)が所有しているんですよね。
なんかよくわからんな…
 
AmazonでMA社がリリースしているCDを調べてみたら、今年になってからはVOCALOIDコンピシリーズ「VVV」しか出してないようですね。
何人か所属アーティストがいたはずなんですけどね。
 
ここ2〜3日で調べたのはここまで。
WEB Archiveで以前のサイトを見てみようと思ったらアーカイブされている最新は2010年のものだったので、なんの手がかりも得られずです。
 
もし、コメントを書かれた方と同じように入稿や入金をしているのに連絡が無くなった、連絡が付かない、という方がいたら、返金を求める内容証明郵便を出すとか、お住まいの市区町村の消費生活センターや無料法律相談、法テラス等で相談するなど、何らかのアクションを起こしたほうがよいと思います。
全国の消費生活センター
たまたまMA社が忙しくて連絡が付きにくいとかいう事態なら良いのですが、最悪、経営が立ち回らくなって倒産や夜逃げなんて事になったら、振り込んだお金を取り戻すのは大変ですから。
 
この件について新たな事が判ったら、また記事を書きます。
書きますが、あまり精力的に追っていないので、何か情報がありましたら情報提供をお願いします。
MA社や秋丸社長からも、「事実と違うよ」という様な情報がありましたら、よろしくお願いします。こちらでお知らせさせて頂きます。
posted by mamma at 23:55| Comment(20) | TrackBack(0) | 雑記

2011年06月18日

自費出版商法(疑い)の件についてちょっとまとめてみた(追記あり)

もす!mammaです。前々回のエントリについてのtweetが200RTを超えてビビってます。
このブログのアクセス数もいままで見たことも無いような数字になってます。
ありがとうございます。

というわけで、ちょこちょことメールやtwitterのDMやreplyで情報を頂いているので、現状で問題の自費出版商法(疑い)のボカロコンピについて僕が把握している事をまとめておきます。

■楽曲権利の取り扱い
1.著作者に残したまま
2.コンピCD収録やプロモーション等以外に業者が使用する事は無い
3.JASRAC等の著作権管理団体に管理されている曲での応募は不可

どうやら、著作権をはじめとする作品の各権利は著作者に残したままのようです。
管理団体に管理を委託している作品を勝手にCD収録できないので、3は当然の事ですね。
この点については特に問題は無いように思われます。


■作品の応募から採用までのフロー
1.音源を送る(応募者)
  ↓
2.審査(業者)
  ↓
3.当否を連絡(業者)
  ↓
4.参加費用を入金(応募者)
  ↓
5.正式採用

※応募締め切りは6月末

このフローも普通の流れのように見えますが、問題は4です。
これについては次項で。


■お金に関して
1.審査に合格した応募者が楽曲をCDに収録してもらうには、「エントリー費」として1曲につき30,000円を業者に支払う
2.エントリー費の名目は、全国流通費用、配信手続き費用
3.CDの売価は3,150円(税込み)
4.作者へのバックマージンは、手売りの場合50%、流通の場合1%(4半期ごとに清算)

気になるのは「エントリー費」ですね。
流通費用をなんで楽曲提供者が負担しなければいけないのか不思議です。
また、バックマージン(印税)の設定もおかしい。
手売りで20枚売れば、まずエントリー費の元はとれます。20枚程度なら売れるかもしれない、という微妙なラインを設定しているところが憎らしいです。
多分、楽曲提供者が手売りをしようとしたときは、楽曲提供者が業者に価格の50%を支払ってCDの現物を卸してもらうのだと思われます。
つまり、売れても売れなくても、その分は業者は痛くも痒くも無い、という事ですね。
在庫を抱えてあわあわするのって、マルチ商法の末端従事者によくある光景。それと同じ事が起こらない事を祈るばかり。ただ、ノルマはないらしいので、手売りする自信が無ければ仕入れなければよいこと。
でもって、もう1つのバックマージン。流通の場合の1%の方。業者はこれを「印税」と説明しています。
「1%って少ない!」と思う方もいるかもしれませんが、メジャーレーベルでも新人アーティストなら1%程度は相場です。さらに、コンピの様に複数のアーティストが関わっている場合は、1%を更に権利者の数で割った分が支払われます。
単純化して説明すると、10人のアーティスト(全員が自曲を作詞・作曲・歌唱しているとする)が参加したアルバムの定価を3,000円とした場合、1人に入る印税は1枚当たり3,000×0.01÷10=3円となります。
そう考えると、このコンピCDは条件が良いように見えますが、実は1つ落とし穴があります。
通常、印税というものは、CDをプレスした時点で発生します。5,000枚プレスした場合、先の例に当てはめると、3×5,000=15,000円が1枚も売れなくてもアーティストに支払われるのです。
この問題のコンピCDの場合は、1枚売れたときに1%が支払われ、圧倒的に業者有利の契約内容です。


■締め切り前に採用通知
フローのところで紹介しましたが、応募の締め切りは6月末となっています。
普通に考えれば、選考は締め切り後に行われ、当否の連絡は更に後となると思うのですが、既に採用通知が届いて「CDに収録を希望する場合は○日までにエントリー費を支払って下さい」という内容の連絡が行っている応募者もいるようです。
この事例をみると、当選商法やオーディション商法みたいな感じです。
まあ、コンピCDをいっぺんに複数枚だすつもりなら、良い曲を早めに確保するという可能性もあるにはありますが、僕は「エントリー費名目のカネを集めるのが目的じゃね?」と勘ぐってしまいます。


と、まあ、こんなとこです。

(おまけ)mixiのメッセージを読んだ時に個人的に不審に思った点
1.企業の代表という立場の人がビジネスの文章でハンドルしか名乗ってない
2.絨毯爆撃的にメッセージを送っている
3.権利の扱いや金銭に関する事に1つも触れられていない
4.消費者問題ウォッチャーとしての勘

会社の事業としてコンピCDを作るために楽曲提供者を募集しているわけですから、mixiのメッセージといえども、企業が発する公式な文章なわけです。
その公式な文章にmixiのハンドルだけで本名を書かないって、企業の代表としてどうなのよ?って事です。
そして、2にいたっては、数打ちゃ当たる的な出会いサイトのspamメールと変わらない事してます。良識のある企業はそんな事しません。
契約するにあたって判断材料となる大事な事柄を簡単にでも触れていないのも減点です。
でもって、最終的には10年以上消費者問題ウォッチャーを続けている僕の勘です。悪徳商法業者の勧誘や広告の文章を数多く読んできた経験による勘と言っても良いです。

あと、いわゆる「有名P」にはこの業者からコンタクトはあまり無いみたい。
4年近くVOCALOIDで遊んでいる僕ですが、VOCALOID界隈の事は詳しくないので、誰が「有名P」なのかもよくわかりませんが、twitterなんかで調べてみた僕の観測範囲では、という事です。


■まとめ
色々とあやしい点を挙げていきましたが、僕はまだクロと言い切れません。
確実にクロだという根拠が見つからないので…
ただ、かなりクロに近いグレーだと判断しています。
もし、僕の友人や知り合いに「このコンピに応募してみよう思うんだけど」とか「このコンピどう思う?」等と聞かれたら、迷わず「やめておけ」と言います。
いまのところ、判っている費用はエントリー費の30,000円だけですが、「売れるようにするには宣伝が必要」等といって、宣伝費やコンサルタント費等の名目で金銭を要求する事があるかもしれません。自主出版商法では、そのような被害が一番大きいのです。
(追記:2011/06/21)
先方から「プロモーション費は100%自社負担です。」とのご連絡を頂きました。
エントリー費以外の費用はかからないようです。
MA ENTERPRISE JAPAN様並びに読者の皆様にご迷惑をかけたことをお詫びいたします。
(追記ここまで)
参加を考えている人がいたら、ちょっと冷静になって考えてみてください。


------
引き続き、この件に関して何か情報がありましたら、ブログのコメントでもメールでもtwitterでも、手段はなんでも良いので、情報をお寄せください。
メールやDMで頂いた情報の情報源は秘匿する事をお約束します。

来週はGUMI聖誕祭だ…
曲は仕上がるかなー

では、また。
posted by mamma at 00:04| Comment(38) | TrackBack(0) | 雑記

2011年06月14日

ボーマス無事終了

もす!mammaです。ボーマス16でGUMIコンピアルバム「ぽぷりぽっと2」を買ってくれたみなさん、ありがとうございます。

僕自身、2年ぶり2度目のボーマス。そして、初めての同人イベント一般入場でした。
10時半ごろにサンシャインに着いたわけですが、「もうかなりの列が出来てるだろうなー」と思って行ったら、想像以上の列の長さで唖然…。
いつもこんな感じなんですかね?
「こりゃ、入場までしばらく時間がかかるなー」って思ってたら、すんなり12時半よりは前に入れました。
だがしかし、入ったはいいものの、流れに飲まれるまま外周を回るばかり。「生ぐーみん。」のスペースに辿り着けやしない状態。
なんか、いっぺんに入れすぎじゃね?って感じだけど、いつもこんななの?2年前はサークル参加だったので、一般参加の事はよくわからなかったけど、これ程じゃなかったような…。参加者が増えたんですかね?

で、まあ、スペースに辿り着いて、売り子をやっていた四重婚PとシャッハPに挨拶。同じく一般入場で入ってきたサークル代表のasakawaさん(メグカップP)にもお会いできました。
その後も「ぽぷりぽっと2」参加のクリエイタさん達にお会いして、はじめましてこんにちはのご挨拶。

会場もうろうろと徘徊してみました。
しばらくVOCALOID関係のオフ会とかイベントに参加していなかったので、久しぶりの人にも会えて楽しかったです。
こういう場を作ってくれた「生ぐーみん。」に感謝!
また参加したいですね。

でも、あの混雑はなあ…
中学生くらいの女の子も結構見かけたし、なんか対策しないとまずいんじゃないの?って同人イベント素人としての感想。
入れ替え制にするとか日を別けるとかね。
あの混雑で地震とか火事とかの災害が起こったら、ちゃんと誘導して避難できるのかなって思うんだよね。
災害が起きなくても、ケガ人とか出ても不思議じゃない状況だし。
まあ、何はともあれ、次回に期待って事かな。

今回頒布した「ぽぷりぽっと2/おれんじ」「ぽぷりぽっと2/ぐりーん」の2枚は近日中に同人ショップで委託販売される予定です。
まだどこのショップで販売するかは未定ですが、決まり次第お知らせします。
ボーマスに来れなかった方、来れてもあの混雑でスペースに辿り着けなかった方は同人ショップでお買い求め頂けると嬉しいです。
9月あたりの即売会イベントでも頒布するかもしれません。(これはまだ、とっても未定)
posted by mamma at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2011年06月09日

VOCALOID界にも自費出版商法か!?

もす!mammaです。
今度の日曜日のボーマス16C65「生ぐーみん。」よろしくお願いします。
 
※これから書く事は僕の憶測です。事実と異なるかもしれません。
今日、僕のmixiにメッセージが届きました。
原則的にmixiはリアルで付き合いのある人しかマイミクにしないので、僕にメッセージを送ってくる人というのは、だいたい僕が知らない人です。
マルチ商法のねずみさんだったり、頭の中にお花畑があるスピリチュアル()な人だったりするわけです。
でもって、今回きたメッセージはこんなの
 
ボカロコンピレーションCD参加者募集のお知らせ
日付
2011年06月09日 16時52分
差出人

VOCALOID HITSのコミュから失礼します。

音楽エンタテインメント創造企業MA ENTERPRISE JAPAN代表の将と申します。

この度、当社初のボーカロイドコンピレーションCDの制作、
年内リリースの企画が起ち上がりました。

そこで、ボーカロイドでオリジナル曲をお持ちの方で、
CDに参加希望の方を募集しています。

興味がございましたら、コミュにて募集しておりますのでコメントやメッセ頂ければと思います。


よろしくお願い致します。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=62716944&comm_id=2732985

なんかあやしくないですか?
なんとなく、「自費出版商法」っぽいなーって思ったので、「VOCALOID HITS」コミュのトピックに質問を書き込んだんです。

 
 
16自分のコメントを削除する
2011年06月09日 17:49

mamma
不明な点があるので質問させてください。
回答はこのトピックのコメントでお願いします。メッセージは不要です。

1.CDに収録された場合の作品の権利の取り扱い
  著作権は御社に帰属するのか、JASRACの様な管理団体が管理すのか等
  管理団体に委託する場合は、どこまで委託するのか。委託料は誰が払うのか。
  著作権は御社の買取になるのか。その場合の1曲あたりのおよその値段
2.製作にするにあたって、マスタリング料や原版制作費、プレス費等、作品提供者から金銭を支払う事はあるのか
3.(著作権買取でない場合)印税はどうなるのか

以上、他にも確認したい事はありますが、契約を考えるにあたって特に重要であると思われる事柄です。
先にも書きましたが、この案件に興味がある方が冷静な判断ができるよう、回答はこのトピックのコメントでお願いします。

ぶっちゃけ、「自費出版商法じゃね?」という疑いが拭いきれません。
「カネの話をするなんてがめつい」と思われるかもしれませんが、契約を結ぶという事はそういうことです。
 
そしたら、件のトピ主が19:30くらいに「詳細はメッセージでお知らせします」という内容のコメントを書いたあと、トピは消えてしまいました。
消したのはトピ主かコミュの管理人かは不明ですが、契約を考えるにあたって重要な事をオープンにしないという態度は、到底信用できるものではありません。
もしかしたら、真面目にコンピアルバムを作ろうと考えているのかもしれませんが、このような対応・状況では、僕は「アマチュアのクリエイタを食い物にしようと考えている業者」という判断をするしかありません。
 
自費出版商法なんて、消費者問題をウォッチしているものからすれば、スタンダードすぎる詐欺商法なんですが、ついにVOCALOIDにも触手を伸ばしてきたかって感じです。
VOCALOIDのクリエイタは比較的若い人が多いので、美味しい話にはくれぐれも引っかからないように気をつけてください。
向こうからやってくるおいしい話は、たいてい向こうにメリットがあるものです。
 
ではでは、ボーマス16C65でお待ちしております。
posted by mamma at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2009年06月26日

めぐっぽいどがやってきた

もす!mammaです。

我が家にめぐっぽいどが届きました。
Amazon仕事早いw
megpo1

初回限定版の為、中島愛のプロマイドが入っていました。
正直、いらな(ry
いや、なんでもない。
megpo2

新曲は作ってる最中なのですが、まだ完成には程遠いので、以前にミクで作った曲をめぐっぽいどに歌わせてミコ動にうpしようかと思っています。
posted by mamma at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2009年05月21日

めぐっぽいど

もす!mmmaです。

インターネット社のVOCALOI第2弾、「めぐっぽいど」が出ますね。
中の人は中島愛さん。
よく知らないんだけど、「キラッ」の人?
インターネット社の告知ページには、まだデモが上がってませんね。
どんな声なんだろう…?
発売予定は6/26だから、あと1月ちょっと。そろそろデモを出して欲しいな。

中の人がどんな人でどんな歌を歌っているのか、という事もほとんど知らないのですが、「声」が増えるのは単純に嬉しい。
出来れば、がくっぽいどみたいに個性的な「声」であって欲しいです。
エディットはエディットは大変だけど…

デモを聴いてから予約をしようと思ってたのですが、今日、ニコニコ市場を見たら、Amzoneで予約が開始されたみたいなので、勢いで予約しちゃいました。
どうせ結局買うことになるから、デモを聴く前に予約してもいいかな、なんて思ってw

FUNKALOIDの中で、どのような役割になるか楽しみです。
posted by mamma at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2009年05月18日

ボーマス8に参加してきました

もす!mammaです。

そんなこんなでボーマス初参加でした。

スペースに来て頂いた方、CDを買っていただいた方、差し入れをくださった方、みなさん、ありがとうございます。

50枚準備したCDは32枚買っていただけました。
ありがとうございます。
20枚も売れれば良い方かな、と思っていただけに嬉しい誤算。
開場3分で1枚目が売れたのにはびっくり。
「これを買いに来ました」と言われて、ありがたい限りです。

視聴してから買っていただいた方もそれなりにいて、これも嬉しかったですね。
FunkというVOCALOIDではあまりないジャンルなので、興味をもたれた方も多かったみたいです。
スペースにふらっと立ち寄ってくれる方は、やはりというか、バンドとかをやっていそうな方が多かった印象です。
CDに入ってる曲の質問もマニアックなのが多かったなー
隣のサークルさんがPUNKだったというのもあるのかな?
FUNKとPUNK。一文字違いです。運営は狙って配置したのか…?w

知り合いのスペースにもお邪魔しようと思っていたのに、初参加で自分のスペースを抜けるタイミングがわからずに、結局、行かずじまい。
この点は残念だったです。

視聴用にノートPCを2台持っていったのですが、2時過ぎにはバッテリー切れで使えなくなってしまいました。
急遽、自分のiPodを使ったのですが、iPodにはアルバムに入れてた曲はあまり入れてなかったんですよね。
あっても確認する為に入れた製作途中のやつとか。
完全に完成してアルバムと同じ音源は2曲しか入ってないという…
もし、次に参加することがあったら、視聴用にプレイリストを作ってiPod使用かな。
みなさん、そうやっていたみたいですね。

ボーマスが終わってからは、売り子を手伝ってくれた咲耶さんと神田に移動して、ゑのすけPさんとWassrの友達を交えて打ち上げ。
17時から22時半までだらだらと飲んでました。
ボーマスの即売会の時間より長いとかどうなの?w

イベント自体、初参加でどうなるかと思ったけど、色んな方に手伝っていただいて、とても楽しめました。
まずまず成功かな?
残ったCDは今週末にあるリア友との飲み会で売りつけますw

もし、CDが欲しいという方がいましたら、まだ10枚程在庫がありますので、お早めにお申し出ください。
何らかの方法でお渡しできればと思います。
posted by mamma at 15:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記

2009年05月07日

入稿完了!

ボーマス8向けのCDのデータ入稿が完了しました。
ジャケット
▲CDジャケット
レーベル
▲CDレーベル面

一見してVOCALOIDのアルバムに見えないのがウリです。
そういう事にしておいてくださいw
まあ、あんまりVOCALOIDのキャラクタ性を前面に出すというのは好きじゃないんで、こんな感じにしたというのもありますが。
けして、絵が描けないからとか描いてくれる人がいなかったからとか、そんな理由じゃありません。多分…。

今回のCD製作は、「御社」として知られている有限会社タップさんにお願いしました。
音楽を20年以上やってきて、CD-Rといえども、ちゃんと作品が形で残るものを作るのは初めてなので、ボーマス当日に仕上がったCDを手にするのが楽しみです。
posted by mamma at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2009年03月20日

製作環境

もす!mammaです。
曲を作るときの環境なんぞを記してみようかと。

【PC】
CPU Core 2 Quad Q6600
MEM DDR2 6400 2G*2
GPU GeForce8600GT
M/B P5K-E
OS WindowsXP HomeEdition SP3
HDD 160G(システム用)+500G(データ用)
DVD LGのバルクのヤツ
モニタ Acer X203W & Iiyama E481S
 古いPCが壊れたので、そっちに使っていたモニタを繋いでデュアルモニタにしています。

【サウンド関連】
I/F LINE6 TONEPORT KB37
MIDIキーボード 同上
 インターフェース内蔵の37鍵MIDIキーボードを使用しています。
DAW SONAR6 HomeStudio
ソフトシンセ フリーのやつ色々、サウンドフォント少々、EZ Drummer
VOCALOID 初音ミク、鏡音リンレン、巡音ルカ、がくっぽいど
エレキギター 15年前に中古屋で2万8千円で買ったFernandessのテレキャス、HARD OFFで3万5千でFernandessのストラトタイプ
エレキベース Fender JazzBass

こんな構成でチマチマとやっております。
ブラスやホーンはちゃんとした音源が欲しいんですけどね。
img_cache_d_11075_1_1205152559_jpg.jpg
↑右のモニタのPCが壊れました。現在はキーボードも右の奴を主に使っています。

初音ミクでDTM返り咲きです。
10年ちょっと前までは、当時やっていたバンド用の曲を作るのにPC-98+レコンポーザ+SC-55mk2で打ち込みをしていました。
なんか、今はフリーでもそこそこの音源が手に入るってのは素晴らしいですね。ブラスだけは満足できるのが見つからないけど…
生音もシンセもPC内だけでミックスして完結するといのも素晴らしい。
以前は、打ち込みのオケとギターやベースを合わせるのに、4トラのカセットMTRを使ってましたからね。

これからも、少しずつ機材や音源を増やしていこうかなと思っています。
posted by mamma at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記