2017年04月28日

BABYMETALのインスタンスを作ってみた【Mastodon】

もす!mamma DEATH!
すごく久しぶりの更新のような…
2015年のReading Fest. のレポで終わってますね。Leedsにも行ったんだけど、今更もういいか。

そんなわけで、近頃話題のMastodon(マストドン)。ポストtwitterとか言われたりしてるアレ。
「インスタンス」と呼ばれるサーバーが相互に繋がる分散型SNSです。
特定の話題に限定したり地域で限定したりカオスだったりと、インスタンスごとに特色があったりなかったりします。
今までのSNSと違う点は、個人がSNSを自由に作ってそれが他のSNSと繋がれるってとこ。
詳しいことはITmediaのMastodon関連の記事を読んだりググったりして下さい。

4/10のasciiの記事でMastodonを知ってすぐに当時登録できたインスタンスの中で一番ユーザーが多かったmastodon.cloudにアカウントを作って遊んでみました。アカウントを作ったのは翌日の4/11だけど。
で、遊んでいるうちにさくらインターネットが「さくらのクラウド」で簡単にインスタンスを作れるサービスを初めたのもあって自分でもインスタンスを作ってみたくなり、どうせ作るなら何か特色があるのが良いと思いBABYMETALのインスタンスを作りました。

「簡単に」とは言っても、そのままだと色々と不具合もあったりしたので、先人の知恵を参考にしたりも。

インフラ系とかほとんど触ったことがないド素人なので手探り状態ですが、今のところなんとか運営できてるっぽいです。
まだ登録ユーザーも少ないしね。
興味のある方は、是非参加してみて下さい。
※まだ試験運転中ということあって不具合があったり突然サーバーを落としたりすることがあるかもしれません。
※現時点でのMastodonプログラムには退会機能が実装されていません(そのうち実装されると思う)。「とりあえずアカウント作ったけどやっぱやめる」というのは出来ないので注意です。
まだ小さいサーバーで運営しているので登録人数が100人位になったら一旦登録を締め切ります。
100人も集まるかわからないけどね。

↓参加はこちらから↓
登録フォームに記入したメールアドレスに登録確認メールが届きます。そのメールに記載されているURLにアクセスすれば登録完了です。
登録確認メールは
件名:mastodon
差出アドレス:mastodon@babymetal.party
で届きます。
迷惑メールと判断されてしまうこともあるようなので、しばらくして届かなかったら迷惑メールフォルダを確認してみて下さい。

それでは、モッシュッシュメイトのみんなでMastodonでワイワイしましょう。
See you!
posted by mamma at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | BABYMETAL

2015年10月14日

BABYMETALを観にReading Fest. に行ってきたよ

もす!mamma DEATH!
ベルリン公演の後はイギリスのレディングフェスティバルに行ってきましたよ。

BMWT2015フランクフルト公演のレポはこちら
ベルリン公演のレポはこちら

ベルリン公演が終わり会場近くのバーで日本人メイト10人くらいで打ち上げをしたあと、深夜1時位にホテルに戻って就寝。
翌朝10時半にタクシーでテーゲル空港に向かいました。
DSC_0246.JPG
DSC_0245.JPG
ここから飛行機に乗ってロンドン・ヒースロー空港に向かいます。
目的はもちろんレディングフェスティバル!
とにかく歴史のあるロックの祭典です。中高生の頃から一度は行ってみたいと憧れていたフェスなのです。
そこのメインステージにBABYMETALが立つというのだから観に行かない理由が見つかりません。
出演が発表された時は「行きたいけど無理かなー」って諦めていたけどね。

テーゲル空港にはちょっと早く着いちゃってチェックインカウンターがまだ開いてなかったので、カウンター前にあるベンチで開くのを待っていました。
途中で少し空港内をぶらついたりしながら。
カウンターが開いて搭乗客が並び始めたなーって思ってカウンターの方を見ていたら「あれ?」ってな感じで、ちょっとね、ここで書けないけどなんかあったわけですよ。
羽田空港でしろたん買っておけばよかった…

で、「そろそろ僕らもチェックインしますか」って事で列に並んでチェックインして荷物を預けて搭乗口へ。
テーゲル空港はチェックインカウンターのすぐ横が手荷物検査とパスポートコントロールを兼ねた搭乗口入り口になっているから楽ですね。
DSC_0247.JPG
ここで搭乗開始まで暫しまったり。
軽食やドリンクを買って食べたり飲んだり仮眠したり。

ベルリンからロンドンは2時間のフライトで着きます。
緊張と至福の2時間。

飛行機は無事にロンドン・ヒースロー空港に到着。
DSC_0248.JPG
飛行機を降りてからイミグレに行くんだけど、どう行けば良いかいまいち分からなくて「ま、みんなと一緒にいけばいいか」みたいな感じでぞろぞろと歩いて行く。
訳も分からずにエスカレーターで地下へ。どうやら空港内を走る電車に乗って移動するらしい。
「これでいいのかな?」なんて一緒に移動したメイトと話したりして「とりあえず乗りますか」ということで乗って、なんとかイミグレに到着。
そこからは混雑することで有名なヒースロー空港のイミグレ。
長く蛇行した列の最後尾に並んで自分たちの番が来るのを待ちます。列は蛇行しているから列が進む度に何度もすれ違うんですわ。あー、緊張した。
1時間位でようやく僕達の番。グループはまとめて入国審査をしてくれるみたいです。もちろんパスポートチェックとかは個人個人にやるけどね。
入国の目的とか宿泊先、滞在期間なんかの質問はグループの先頭の人が答えたら「お前らも一緒か?」って感じで簡単にパスしちゃった。
ヒースローの入国審査は最上級に厳しいと聞いていたのに拍子抜けです。

バゲージクレームで預け入れ荷物をピックアップして申告するものは無いから税関はスルー。
ようやく空港出れました。
DSC_0249.JPG
DSC_0250.JPG
DSC_0251.JPG
ここからは地下鉄に乗って泊まるホテルまで行きます。

DSC_0255.JPG
DSC_0254.JPG
ロンドンの地下鉄は筒状のトンネルを走るのでTubeと呼ばれたりもします。

そんなこんなでホテルの最寄駅に到着。
DSC_0256.JPG
ホテルと言っても、アパートメントというスタイルの日本でいうウィークリーマンションみたいな宿泊施設です。
今回は4人でシェアしました。
他にも2グループの日本からのメイトが宿泊しました。
僕が泊まる部屋は先に着いた人がチェックインを済ましているので僕はそのまま部屋へ。

部屋でまったりして同部屋の人が揃ったところで「食事にでも行きますか」ということでホテル近くのPUBへ行ってみました。
DSC_0257.JPG
ダメな大人しかいない店だった。
食べ物も置いてないし非合法のものを売りに来る売人が来たりでビール一杯だけ飲んで退散。
結局、ホテル近くのスーパーマーケットで食材を買って部屋のキッチンで各々調理したりシェアしあったりして食事にしました。
DSC_0258.JPG
この方が外で食べるより安くできるし正解です。
物価が高いロンドンで、宿代・食費をだいぶ安く抑えられました。

そして一夜明けていよいよReading Fest. 2日目。BABYMETALがメインステージに立つ日です。
朝5時頃に起きて電車に乗ってひとまずヒースロー空港へ。そこからバスでレディング駅に行きます。
DSC_0259.JPG
朝から気合の入った人。
DSC_0261.JPG
Reading Fest. 必需品の長靴を装着しました。今回はそれほどでもなかったけど、会場の地面は酷いことになっているから長靴を履いて行くべし!ということで日本から持って行きました。
DSC_0264.JPG
ヒースロー空港のバスターミナル。
DSC_0265.JPG
乗ったバスはシートが革張り!テーブル付きな豪華な内装でした。

バスは30分ほどでレディング駅に到着。
DSC_0267.JPG
DSC_0268.JPG

ここからチケットを引き取りにチケットオフィスになっているヘキサゴンというライブハウスへ徒歩で行きます。
DSC_0273.JPG
DSC_0276.JPG

10分弱くらいでヘキサゴンに到着。
DSC_0278.JPG
DSC_0280.JPG
ちょっと早く着いたため、まだ開いていない。
DSC_0281.JPG

無事にチケットを受け取ることが出来ました。
DSC_0282.JPG

チケットを受け取ったら、今度はひたすら会場まで歩きます。
DSC_0283.JPG
DSC_0284.JPG
£1で乗れるシャトルバスがあったんだけど歩ける距離だからバスの意味はあまりないみたいなことが、日本にいる時に調べたいろんなサイトに書いてあったので。
結局、2kmちょっと歩いたんだけどね。

会場に着いたと思ったら更にテムズ川沿いの遊歩道をテクテクと…
DSC_0285.JPG
DSC_0289.JPG

リストバンド交換所のゲートがあったのでここで待っていると、「もっと先に行け!」とスタッフの人から言われました。
DSC_0292.JPG

で、更に歩いて行くと
DSC_0293.JPG
待機列があった。
じゃあ、なぜあんな中途半端なところにゲートがあったのだと…
ここに並んで10時のリストバンド交換開始まで待ちます。
周りを見渡してもベビメタTを来た人は見えない。完全アウェイ状態です。
後ろのメタリカファンやBMTHファンのイギリス人は軽くベビメタをdisってるし。
KERRANG!のウェンブリー公演決定のページを見ながら「マジか!信じられねえ!」みたいな事も言ってたり。
僕らは「言いたいだけ今のうちに言ってけ。どうせ帰る頃にはベビメタTを買って着てるんだから」なんて思ってやり過ごしてました。

10時ちょっとすぎにリストバンド交換が始まって、リストバンドを手首に巻いてもらってからキャンプサイトを抜けてエントランスゲートに向かいます。
DSC_0294.JPG
DSC_0295.JPG
DSC_0296.JPG
ゲートに到着。
DSC_0297.JPG
ここで開場の11時まで待ちます。
待っている間に退屈させないためか、セキュリティスタッフがスターウォーズの小芝居をして客を煽ったりなかなかに楽しいです。

そして、何故か予定より30分早まって10時半に開場しました。
そこからはダッシュ!結構距離があって途中で息が上がったけどな。
それでも知り合いのメイトさんに「がんばれー!」なんて声をかけられながら結構な人数を抜かし、メインステージ前まで到着。
ゲートから近い下手側の最前あたりはだいぶ埋まっていたので、急いで上手側に移動して最前ゲット!
周りにメイトさんは多少いるも、やはりというか、ヘッドライナーのメタリカTを着た人が多い。初めから最前をキープして最後までいるつもりなんでしょうね。
息を切らして最前柵にもたれかかっていると、セキュリティが水を振舞っているのが見えたので僕も貰いました。
そして、バッグなんかの荷物も柵の内側の高くなっているところ(クラウドサーファーなんかをセキリュティが受け止めるために登るところ)の下に入れさせてくれるみたいなので、若干不安はあったけど「無くなったらその時はその時だ」という考えで預けました。
これでモッシュも心置きなく堪能できます。

ステージ上では着々と準備が進んでいます。
DSC_0303.JPG
そして開場10分後はまだ観客はそんなに集まっていない。
DSC_0305.JPG
DSC_0306.JPG

DanaとJoelがなんか打ち合わせか確認してる?
Danaはまだこの時はRolling Stonesを着てるけど、ライブが始まるにちゃんとベビメタTに着替えてた。
DSC_0311.JPG
ベビメタフラッグがステージに置かれると、メイトさんがちょっとざわつく。
DSC_0310.JPG
「1曲めからRORか?」なんて思ったり。

いよいよバックドロップが登場。
DSC_0312.JPG
遂にこのReading Fest. のステージにBABYMETALが立つんだと実感します。

青山さんが登場して軽くサウンドチェックが始まる。
下手側の袖にBOHさんがいてベースを弾きます。
DSC_0314.JPG
このサウンドチェックの時に演った曲って『いいね!』だったっけ?
下手側の日本人メイトが固まっているあたりは曲に合わせて盛り上がっているようでしたね。

開演20分前になるとセキュリティが続々と出てくる。
その多さに軽くビビります。
DSC_0320.JPG

後ろを見るとかなり人が集まってきているのがわかりました。
DSC_0325.JPG
DSC_0326.JPG
ほとんどが興味本位で観に来た人達だとは思うけど、こんなにいるとは正直ビックリです。

そして開演。
オープンニングの紙芝居で多少歓声が上がったり笑い声が起きたりするも、メイト以外は至ってクールの反応です。
『BMD』の6連符のリフが刻まれると隣にいたメタリカTを着た女の子が「お!?」という感じで反応しました。
まわりのメイト以外の人達もBABYMETALの3人が登場しても、3人のパフォーマンスよりも神バンドの演奏に惹きつけられている様子です。
ただまあ、まだまだみんな冷静に見てるよね。

続いての『メギツネ』では「ソレ!ソレ!ソレソレソレソレー!」と振り付きで頑張るも周りからは半笑いで見られるだけ。
でも、ちらほら首を振ってる人がいたりリズムに乗ってる人がいたりとちょっとずつ刺さってきてはいるみたい。

そしてステージ両脇のモニターには戦国WODの紙芝居が!
急いで後方のへ移動します。すると、既にサークルが出来始めている。
しかし、「え?何?」って感じのでポカーンとしている人も多いので「Wall of death!」と叫ぶと、「おお!」とわかってくれたようで一気に後ろに下がってサークルを大きくしてくれました。
ゆいもあの「1!2!3!4!」で一気にサークルの真ん中に向かって雪崩れ込む人、人、人…
ブリテン野郎のモッシュは痛い(確信
中盤のシンガロングでは歌わないにしても拳を挙げる人が多数。
2柵目以降はわからないけど、ステージ前はかなり盛り上がってきました。

キラーチューンの『ギミチョコ!』では常にモッシュが起こりまくりで盛り上がりまくり。
シンガロングも「CIO!チョッコレート チョッコレート チョッチョッチョ」って歌ってくれてる。楽しければ、良いパフォーマンスなら、素直に良い反応を返してくれるのです。

最後の『IDZ』も盛り上がりました。イントロのWODも完璧。
仕切るのは日本人メイトが主だけど、イギリス人メイトも頑張ってくれます。彼らは体が大きく身振りも大きいので周りに伝わりやすいようで。
ゆいもあのバトルシーンの時にベビメタフラッグを掲げていたんだけど、たまたま隣りにいたメイトじゃないイギリス人女性が一緒に持ってくれて、彼女もニコニコですごく楽しそうでした。

あっという間に歴史的な30分のステージは終了。
最初冷ややかに見てた観客がステージが終わると「BABYMETAL!!」と叫び、メイトに握手やハグを求めてくる。
モッシュやWODの勢いで押した感はあるけど、ファンが殆どいないフェスでこれだけ盛り上がってBABYMETALを印象づけたのなら成功ではないでしょうか。

ステージ終了後に集まったメイトで記念撮影。
DSC_0330.JPG
やはり、日本人とイギリス人が多いけど、他の国からもチラホラと。
こんな可愛いベビメタちゃんも。
DSC_0328.JPG
この子はステージ中はお父さんに肩車されて見てた。
フラッグで隠れて見えないけど、ちゃんと赤いチュチュ履いてるの。

この後はMARMOZETSさんを観たり
DSC_0336.JPG
DSC_0339.JPG
フェス飯を食べたり
DSC_0345.JPG
見た目きたいないけど美味しかった。
一応タイカレーです。

フェスの会場にはステージの他に遊園地もあって、絶叫系のアトラクションがいくつかありました。
DSC_0349.JPG
で、僕はメイト4人でこれに乗ってみた。
思ったほど怖くはなかったけど、なかなかのスリルでした。

一箇所に日本人もイギリス人もメイトが固まってメイトのベースキャンプみたいになっていたので、そこを基点に各々がステージを観に行ったり会場をぶらついたり、その場で芝生に座り込んで語り合ったり酒盛りしたり寝たりと自由に過ごしていました。
翌日のLeedsに行くのが朝5時半出発予定だったので、僕は19時前にReading Fest. の会場を出てホテルに戻りました。
Leedsに行かない人はMetallicaまで観ていたりしたみたい。

そんなこんなで21時位にホテルに着いて軽く食事して0時くらいに就寝。
長靴のサイズが僕の足にはちょっと小さめできつかったので、脱いだ時の開放感と言ったら筆舌に尽くし難いです。

そんなわけで、感動のReading Fest. は終わり。
次はLeeds Fest. !!

See you!!


posted by mamma at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | BABYMETAL

2015年10月10日

BABYMETALベルリン公演に行ってきたよ

もす!mamma DEATH!
だいぶ間があいちゃったけどBABYMETAL WORLD TOUR 2015 ベルリン公演の参戦記です。
DSC_0224.jpg

フランクフルト参戦記はこちら


午前3時半に起床。
前日のフランクフルト公演のあと遅くまで飲んでいたのもあって2時間くらいしか寝れなかった。
凄え眠いけど起きなくちゃベルリンに行けないから頑張って起きました。
シャワー浴びて着替えて荷物を持って4時にチェックアウト。
寝る前にフロントに頼んでおいたタクシーがちゃんとホテルの前で待っていました。
なんでこんなに早いかというと、乗る予定の飛行機が6時45分発だからなのです。
料金はちょっと高いけど、ベルリンでできるだけ早く並びたかったからね。

タクシーはアウトバーンを飛ばして20分ほどで空港に到着。
DSC_0145.jpg
早く着きすぎたようでカウターがまだ開いてない…
DSC_0146.jpg
自動発券機で発券できたので、とりあえず搭乗券だけはゲットしました。
5時位にようやくカウンターが開いて預け入れ荷物を預けて搭乗口へ向かいます。
途中で買いもしない免税店を眺めたり。

搭乗口の椅子で搭乗開始になるまで暫し仮眠。
本当に眠かったんだから!

搭乗開始のアナウンスがあって列に並んだけど、一向に列が進みません。

DSC_0151.jpg
「何事か?」と思ってたら、どうやら搭乗券のバーコードを読み取る機械が機嫌を損ねたみたいで係員が搭乗券を目視で確認してPCに何かを打ち込むというのをひとりひとりにやってた。
そんなトラブルもありつつ、無事に飛行機に乗れてほぼ定刻通りに出発しました。
ここからベルリンまで1時間ちょっとのフライト。まあ、寝るよね。
起きたらベルリンでした。

DSC_0154.jpg
地下鉄でも簡単に行けるらしいんだけど、よくわからないからここからタクシーに乗って会場へ。
ドイツ語なんてさっぱりわからないから行き先を告げるのどうしようかと思ったけど、チケットに会場の住所が書いてあったのでそれを見せてなんとかなりました。
空港から会場までの車窓から見える町並みはフランクフルトとは全然違って、ちょっとあやしい感じ。
なんとなく、シカゴのあやしさを思い出しました。
ちょうど通勤時間でもあったのか、ちょっと渋滞になっているところもあったりしながら30分ほどで会場に到着。
ホテルに行かずに荷物を持ったまま列に並びます。

DSC_0157.jpg
早速持ってきたベビメタフラッグを掲げました。
今回もフランクフルトと同様にVIPチケットを持っている人には来た順番にチケットに番号を振っていく方式。
フランクフルトと違うのはナンバリング係がいなくて来た人にペンを渡して自分でチケットに番号を書いてもらい、その人が次に来た人にペンを渡すという順にペンだけが移動していく方式になっていました。
僕は24番。最前確保は余裕かなって感じ。
列のトップは5時位に来たみたい。
DSC_0158.jpg

並んでいる最中は色んな国のメイトと歓談したり酒盛りをしたり。
ベルリンはフランクフルトの時と違って街中に会場があり、近くに大きなホームセンターみたいなお店があったりで会場周辺は結構人通りが多いんだけど、アジア人の集団が朝から路上でビール飲んでたりするのは奇妙に映っただろうな…

ロシアから来たメイトグループも。
DSC_0187.jpg
花束を渡すんだって持ってきてたけど、ちゃんと渡せたのかな?
DSC_0186.jpg
開場してから花束を抱えて下手最前付近まで行ったのまでは確認できたんだけど。

ハンガリーから来たEvi-METAL。
DSC_0166.jpg

前日だか翌日だかが誕生日ということで、ベビメタが表紙のAERAをプレゼントしました。
余分に持ってきておいて良かった。
日本に帰ってきてからこの写真を彼女に送ったら、早速Facebookのアイコンにしていました。

トマトくんに弟が出来た模様です。
DSC_0192.jpg
真ん中の女の子は今回のドイツ・イギリス参戦のメイクの神(トマト生産者)。
弟といっても、実は弟のほうが年上らしい。

こんな気合の入ったTATOOを入れている人もいたり。
DSC_0193.jpg
海外の人って、スタンプ感覚でTATOO入れちゃうから恐ろしい…

途中で荷物を置きにホテルにチェックインしたりしましたが、ほとんど列にいてこんな感じで待機中は色んなメイトさんと交流していました。
あと、念願のDanaとの2ショット撮った。
DSC_0195.jpg


開場時間が近づくとVIP列を番号通りに整列するというミッションが発生します。
今回活躍したのはドイツ在住の日本人メイト。
ちょいちょい小ネタを挟みながら英語とドイツ語(殆ど英語だった)で楽しく列を作ってくれました。
彼自身はVIPチケットではなく一般だったにもかかわらず。感謝です。

時間通りに開場。
ひとりづつチケットを確認して荷物チェックをして会場に入ります。
会場に入ってから、今日はどこに陣取ろうか迷っていたら最前が埋まっちゃった…
ホールに入る前にダッシュで何人かに抜かされたというのもあるけど。
折角早くから並んでいたのに勿体無いことをしました。
でもまあ、センターの1.5列目くらいをキープ出来たの由としましょう。

開演までは誰かが持ってきたゴム風船がいくつも宙をまったり「BABYMETA!」「ゆいちゃーん!」「もあちゃーん!」「すぅちゃーん」とコールがが飛び交ったり、わりかし和やかな雰囲気。

そして開演!
フランクフルトと同様に紙芝居の映像はなしで音声だけ。
3人が登場すると後ろから若干押されるような感じだけど、日本ほど圧縮はきつくなく余裕で楽しめる感じです。
で、今回も当たり前のようにライブ中の記憶はあんまりないよね。
凄え楽しかったのは覚えてるけど。
『おねだり大作戦』ではフランクフルトに引き続きベビメタ紙幣が舞いました。作った本人であるVIVIがベルリンには来れなかったのが残念。

今回はライブ中に写真を撮ってみました。
「目の前に動いている最愛ちゃんがいるのに写真なんて」とか思っていたけど、一回くらいやってみるかって感じで。
結果、ステージに集中できないのですぐにやめた。
どうしても良い写真が撮りたくなってスマホの画面に意識がいっちゃうのでちゃんとライブを楽しめないのですよ。
もうライブ中に写真を撮るのはやらないだろうな。
で、撮った写真を後で確認してみたら、やっぱりちゃんと撮れてない…
DSC_0211.jpg
DSC_0212.jpg
DSC_0213.jpg
DSC_0214.jpg
DSC_0215.jpg
DSC_0218.jpg
DSC_0220.jpg
DSC_0221.jpg
DSC_0223.jpg
↑これはお気に入りの一枚
DSC_0225.jpg
DSC_0226.jpg
DSC_0227.jpg
↑これもわりかし良く撮れていると思う。twitterのヘッダーカバーに使用しています。
DSC_0228.jpg
DSC_0229.jpg

最前でガッツリ見るのは昨日のフランクフルトでやったし今日はモッシュに参加しようということで、『ギミチョコ!』あたりから後ろに移動して暴れてきました。
ドイツ人の当たりは強い(確信
でもみんなニコニコで和気藹々ともッシュもWODも楽しんでる。
『ヘドバンギャー』で振りコピしてベビーヘドバンしている時に後ろからモッシュされた時はちょっと焦ったけど。

ライブ終了後にみんなで記念撮影。
e9XnUwqh_b.jpg

会場の外に出てからも日本人メイトで集合写真。
-zjRnUI_b.jpg

ベルリン公演に行くと決まってから、Facebookでスコットランド人のBEKIにアフターパーテイに誘われてて日本人メイトを引き連れて参加する予定だったんだけど、ライブが終わってからも会場が決まらなくて時間だけが過ぎていくので、翌日はロンドンに飛ぶ人も多いので「今回はごめんね。来年のウェンブリーで集まろう」と断って、日本人だけで打ち上げをしました。
途中でドイツ人メイトがひとり飛び入りしたけど。

打ち上げは会場近くのバーで。
ここはドリンクだけしか無くて食べ物は勝手に近くの店で買って持ち込んで食べろというスタイル。
日本人だけのグループが珍しかったのか、その店の常連らしき年配の方がピザを差し入れしてくれました。
DSC_0240.jpg
ドイツ人優しい。
ますますドイツが好きになりました。

1時位まで打ち上げをしてホテルに戻って就寝。
こうして、楽しいドイツの夜が終わりました。

次はイギリス!レディングフェス!

See you!!


posted by mamma at 00:14| Comment(1) | TrackBack(0) | BABYMETAL

2015年09月17日

BABYMETALフランクフルト公演に行ってきたよ(その2)

DSC_0115b.jpg

もす!mamma DEATH!
BABYMETAL WORLD TOUR 2015 フランクフルト公演当日のレポです。
前日のレポは


昨晩のホテルのロビーでイギリス人メイト達と盛り上がった後、ビールさんは午前1時半に会場前に行ったらしいけど僕は部屋に戻って寝ました。
僕も早くから並ぼうとは思っていたけど、流石に徹夜は…
フランクフルトの夜は寒いし。昼間は30度近くまで上がるけど夜は15度位まで下がるのです。
そんなわけで、起きたのは6時過ぎくらい。twitterを確認するともう並んでいる人がちらほらいるみたい。
慌てて準備して会場に向かいます。
DSC_0104b.jpg
7時15分くらいに会場前に着くとメイトさんがいます。
DSC_0106b.jpg
こんな車も
DSC_0107b.jpg
赤のMAZDAはフランスから来たんだって。
お隣だもんね。近いよね。

列らしい列は出来てないけど、VIPチケットを持っている人には来た順番に番号を振っていきます。
これ、会場のスタッフがやっているんじゃなくて、国民性なのかライブで並ぶってことに慣れてないのか日本人以外はちゃんと列を作らないので、その場で日本人メイトが始めました。
シカゴの時は現地のメイトが手作りの整理番号券を作ったけどね。
僕の番号は11番。出遅れたけどまあ良い番号です。最前確定だしね。

並んでいる、というか会場前にたむろってる間は海外メイトと交流したり
DSC_0117b.jpg
酒盛りしたり。
会場の近くにスーパーマーケットやガソリンスタンドに併設されたコンビニみたいな店舗があるで、そこで飲み物や食べ物を調達します。
しかし、ビールが安い。水よりも安い。そして美味しい。

TwitterのフォロワーさんVIVIにも会えました。
DSC_0113b.jpg
最近結婚したので、結婚祝いということで日本からベビメタ表紙のAERA、別冊カドカワDIRECT、ヘドバンスピンオフを持って行って渡しました。
Twitterでは「AERAをプレゼントに持って行くよ」って事だけを伝えていたんだけど、あとはサプライズということで。
VIVIは今回のドイツ公演用にベビメタユーロ紙幣を大量に作ってきてみんなに配っていました。

DSC_0119b.jpg
DSC_0120b.jpg
イタリアからの参戦組も。
DSC_0122b.jpg

海外メイトと交流をしつつも、途中でホテルに戻って仮眠したり荷物を片付けたり。
これが出来るから会場近くのホテルを選んだというのもあります。
ホテルに戻っている間にDanaが出てきてみんなと写真を撮ったらしい。これだけは失敗したと思いましたね。

IMG_20150826_181846b.jpg
開場時間が近づくと会場敷地の門が開いて客を会場入口前に並ばせますが、一気になだれ込んだので整理番号が意味ない事に。
そんな中、この時のことは他の方がブログなどでレポしているので知っている人も多いと思いますが、日本人メイトのSAKUちゃんが英語で順番通りに並ぶように大声で指示を出して日本人・外国人問わずおっさん連中がそれに従うという素晴らしい光景が見れました。
IMG_20150826_181901b.jpg
IMG_20150826_182646b.jpg
ちゃんと順番通りに並んだ図

定刻をちょっと過ぎた頃にドアオープン。
入り口で荷物チェックを受けて駆け足でホールへ。
結果、下手お立ち台前をゲット!
開演までは順番に物販に買い物に行ったり談笑したり。
IMG_20150826_194957b.jpg
IMG_20150826_195017b.jpg
Danaにオリジナルピックを貰ったり。

この時気づいたのが、ステージに幕がない。モニターも無いってこと。
「オープニングの紙芝居はどこに映すんだろう?新木場の黒ミサみたいに壁に映すのかな?」なんて考えていました。

開演時間が近づくと「BABYMETAL!(パンパンパパン)」のチャントが発生。
シカゴの時も思ったけどこれは気分が上がります。
横アリで会場全体で出来たら凄いだろうな。

そして開演。
紙芝居のSEは流れるも映像は無し。
僕も含め周りは「どこに映像が映ってるんだ?」って感じでキョロキョロする人が多い。
神バンドのメンバーが登場して客席を煽りまくります。
重厚な6連符のリフが刻まれると下手からBABYMETALの3人がゆっくりと登場。
地蔵が多いと言われていたドイツ人オーディエンスもしっかりと盛り上がっているじゃないですか。後ろの方はどうなっていたか知らないけど。
ここから先は毎度のごとく、はっきりとした記憶は残ってない…
ずっと最前に張り付いて最愛ちゃんを追ってたからね。
シカゴで観た時は『ド・キ・ド・キ☆モーニング』の乗っ転がりはお立ち台横の床だったけど、今回はお立ち台の上で。
ということは、僕の目の前には最愛ちゃんなのですよ!!!
しっかり見ましたとも。ここだけははっきり記憶に残ってる。
シカゴの時はすぅさんが目の前だし、海外公演病み付きになるわー
何より、小箱で最前柵からステージまでの距離が近いというのが良い。

記憶はあまり残ってないけど、『ドキモ』の最愛ちゃんとか、ライブ中に最愛ちゃんと何度も目が合った(気がした)のとかはしっかり覚えてる。
由結ちゃんのダンスも更にキレが増して身長以上に大きく見える感じ。(また背が伸びたのかもしれんけど)
すぅさんの歌も力強く、でも無理してなく余裕がある感じ。
まだまだ、3人共日々成長しているんだなー

『おねだり大作戦』ではVIVIが作ったベビメタ紙幣が舞う舞う。
セキュリティがちょっとビックリしてた。
暗いところで見たら本物のユーロ紙幣っぽく見えるもんね。

今回は最初から最後まで最前張り付きでモッシュもWODも参加せず。
ステージを堪能しました。

ライブ終了後はバーカウンターでビールを買ってホールを徘徊し現地メイトとハイタッチしたりハグしたり握手したり。
みんな笑顔なのが印象的。
IMG_20150826_213616b.jpg
ここでもトマトくんは人気者です。
IMG_20150826_213441b.jpg

VIVIともライブ終了後に記念撮影。
IMG_20150826_215143b.jpg

会場から出るとみんなベンチに座ってビールを飲んだりしてライブの余韻を楽しんでいる様子。
日本人メイトで中央駅付近で打ち上げをやるって誘われたんだけど、翌日が4時起きなので断ってホテルのバーで友達と2人で打ち上げしました。
てか、ホテルのバーのお客さんがみんなベビメタT着てた。
バーのオープンテラスで飲んでいると、翌日のベルリン公演の為に夜行列車でベルリンに向かうために出発する日本人メイトグループが出てきたので「じゃあ明日ベルリンで」とお見送りしたり、外で飲んでいるドイツ人姉妹と話したりなんだかんだやっていたら寝るのが2時になってしまいました。

というとこで、フランクフルト公演に行ってきたよはおしまい。
次はベルリン!

See you!!


posted by mamma at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | BABYMETAL

2015年09月15日

BABYMETALフランクフルト公演に行ってきたよ(その1)

もす!mamma DEATH!
8/26に行われたBABYMETAL WORLD TOUR 2015のドイツ公演に行ってきました。
人生初の欧州上陸です。

出発は8/24午後5時過ぎ。
空港で買い物とかしたかったのでちょっと早めに家を出ました。
家の最寄り駅からちょこっと電車に乗ってそこからバスで羽田空港へ。楽なもんです。

空港に着いたら予約していた海外で使うモバイルwi-fiを受け取って円からユーロへの両替。
どこが安いかな?っていくつか見て回ったんだけど、最初に見たとこがえらく高い…
DSC_0042.JPG

145円って…
結局、こっちの銀行で両替。
DSC_0043.JPG

その後は空港をぶらぶらして食事したり現地のメイトさんへのお土産を買ったり「しろたん」を愛でたり。
DSC_0044.JPG
しろたんは羽田空港のマスコットなだけあって、専門ショップがあるんですね。
最愛ちゃんファンとして、買うか買わざるか10分ほど迷ったんだけど、結局買わず。
ライブ中に最前でしろたんを振ったら最愛ちゃんが反応してくれるかな?なんて邪な考えはありました。

チェックインが開始されたくらいにカウンターに向かっていると、今回一緒に行くGoogle+のお仲間に遭遇。
チェックインカウンターは混んでいたけど、僕は事前にWEBチェックインを済ませていたのですんなりと荷物を預けて搭乗券を受け取れました。
でまあ、出国して免税店覗いたりビールのんだりして搭乗開始まで時間つぶし。
DSC_0045.JPG
搭乗が始まったので列に並ぶと、すぐ前にメイトさん3人組のグループがいました。
「これからよろしく」ということでご挨拶。
今回使った航空会社はカタール航空。
DSC_0046.JPG
安かったからねー
東京-フランクフルト/ロンドン-東京の周遊チケットがJALだと16〜20万円くらいするのに、カタール航空だと8万9千円くらいでした。
そのかわり、ドーハでトランジットするので時間はかかるのですが…
羽田を深夜0時30分に出発して8時間掛けてドーハへ。
DSC_0047.JPGDSC_0048.JPG
飛行機を降りたら蒸し暑い。
現地時間午前5時半だけど、34〜5度はあった。
沖止めだったのでバスでターミナルに向かいます。
DSC_0050.JPG
バスを降りてからは案内表示にしたがって歩いていけば簡単に搭乗ターミナルまで行けます。
DSC_0054.JPG
DSC_0056.JPG

ドーハ空港は最近出来たばかりらしく、とても綺麗。
空港内の無料のwi-fiも早くて快適です。
DSC_0059.JPG

フランクフルト行きの飛行機の搭乗口で先ほどの3人組と合流。
他にもメイトさんがいるかな?と思ったけど、それらしき人は見当たらずでした。

フランクフルトまで行く飛行機はA350。羽田からドーハまでのB787より広くて快適でした。
何故か天井の照明がピンクだし。
DSC_0061.JPG
快適ではあったんだけど搭乗時にちょっとしたトラブルが。
飛行機の中に入って搭乗券に書いてある座席に行くと、既に女性が座ってるんですわ。
で、搭乗券を見せて「ここ、僕の席だよ」って事を言うと「私は他の人から交換してもらったからわからない」なんて言い出すし。
僕はほぼ英語が話せず、相手も中東系らしくてあまり英語は得意じゃないみたいでなかなかコミュニケーションが取れない。
仕方なくCAに「僕の席に違う人が座ってる」って事を伝えてなんやかんややってたら、その女性に席を譲ったという人が本来座るべき座席に座ることになりました。
結果的に3列シートの真ん中の座席に人がいないという席で快適だったので良かったのですがね。

フランクフルトまで8時間半程のフライト。
ここで寝てしまうと時差ボケの罠にはまるので映画を見たり遅い機内wi-fiで頑張ってネットを見たりしてました。
映画は『ビートル・ジュース』を見たかな。懐かしかった。ウィノナ・ライダーかわいい。

で、フランクフルト到着。現地時間は午後15時半位。
入国審査も税関も難なくパスしました。
ドイツの税関は厳しいって聞いてたけど、何にもなかった。
同じ飛行機だった人達とはホテルが違うので「明日、現場で」とここで一旦解散。
僕はとりあえず外に出て一服。
DSC_0072.JPG
最初にドイツで見た自動車の広告がKIA(起亜自動車)という「なんだかな」感。
どうせならメルセデスやBMWの看板に迎えて欲しかった。
後でわかった事だけど、ヨーロッパってヒュンダイやKIAといった韓国メーカの自動車が結構走ってる。
コンパクトで安いからなのかな?

空港で別の便で来る同じホテルに泊まる人と合流して電車でホテルに向かいます。
フランクフルトの路線図はこんな感じ。
DSC_0074.JPG

空港駅からフランクフルト中央駅まではSバーンで。そこからホテルの最寄り駅まではUバーンで向かいます。
DSC_0076.JPG
「フランクフルトカード」というのを買うとフランクフルト市内の公共交通機関が乗り放題になります。
1日券が€9.9、2日券が€14.5。
僕は翌日も使うので2日券を買いました。

路線図を見ると中央駅からホテルの最寄り駅までU4一本で行けるのでU4で行くことにしたのですが、ホームに行って案内板を見ても途中止まりばかり。
「終点でその先に行く電車に乗れるだろう」と思って、U4に乗ったのですがそれが間違い。
終点の駅でいくら待ってもその先に行く電車は来ないし電光掲示板にはドイツ語で読めないけど「7/26〜8/26はなんたらかんたら」って表示される。
「これは工事かなんかで運休してるかな?」って事で、一旦駅を出て対応策を考えることに。
タクシーがあればタクシーを拾ってホテルまで行こうとも思ったけど、なんか思いっきり住宅街でタクシーなんて通りそうもない。
最寄り駅に行くもう一つの路線であるU7の近くの駅をGoogleMapsで調べると1kmほどの距離にあるっぽいので、そこまで歩いて行くことに。
思いがけず、フランクフルトの町並みを眺めながら散歩することが出来ました。

なんとかホテルに到着。
DSC_0079.JPG
このホテルは明日のライブ会場から電車で2駅。歩いても15分位という好立地です。
事前に情報交換をしていた人の多くがここに宿泊することになりました。
ロビーに入ると有名なあの人やあの人が。
DSC_0078.JPG
一泊7千円ちょっと。広いし綺麗だし、シカゴの馬鹿高いホテルとは比べ物にならない。

荷物を置いてシャワーを浴びてからロビーに行くと、続々とメイトが集まってくる。
イギリスからの参戦組も。
ここでシカゴの待機列で先頭だったポールと再会しました。

日本人メイト8人くらいで中央駅付近で食事でもしようということで、電車に乗って中央駅に向かいます。
DSC_0081.JPG
DSC_0082.JPG
DSC_0085.JPG
なんかもう「ヨーロッパ!」って感じの駅。
DSC_0089.JPG
DSC_0092.JPG
町並みも「ヨーロッパ!」って感じ。
お店を探して駅周辺をウロウロ。
「フランクフルトに来たんだしビール&ソーセージだよね」って事でそんな感じの店を探すんだけど、どこが良いのかわからない。
意味もなくぐるなびを見たりね。
1時間近く歩きまわったけど、結局どこが良いのかわからないので表のメニューを見て適当に選んで入店。
DSC_0098.JPG
そして乾杯!
ドイツビール美味しいです。
DSC_0099.JPG
ソーセージも美味しいです。
店に入ってから気付いたけど、この店、オーストラリアレストランだった…
DSC_0096.JPG

でね、この時、ちょっといいことがあって、一気にドイツが好きになりました。
詳しいことはここに書けないので、どこかで直接会った時にでも話します。

食事を終えてホテルに戻ると、他のグループも食事から戻ってロビーでまったりしていたりバーでビールを買って飲んでいたり。
イギリス人メイトグループもホテルに帰ってきました。
DSC_010b.jpg
こんなタオルを持っていたり、やっぱり海外メイトは父兄さんです。
DSC_0103.JPG
ホテルに戻ってきたのが23時位だったんだけど、なんやかんやこのイギリス人たちと、ホテルの人に「静かにして下さい」って注意されたりしながら盛り上がって1時半位まで語り明かしてました。
解散してから酔った勢いで会場に並びに行ったビールさんというツワモノがいたことを報告して、このエントリを〆させていただきます。
次回はライブ当日のレポを。

See you!!

posted by mamma at 00:55| Comment(2) | TrackBack(0) | BABYMETAL

2015年07月18日

BABYMETAL WORLD TOUR 2015 CHICAGO公演参戦記 vol. 6 〜CHICAGO観光[Jake Bluesを探しに]〜

もす!mamma DEATH!
前回からかなり間が空きましたがBABYMETALシカゴ公演参戦記の続きです。今回で最終回。
ちなみ、今回はBABYMETALネタははほとんどありません。
それなのにカテゴリは "BABYMETAL" のままで良いのか?って気もしますが、まあいいでしょう。

前回まで参戦記
1本目
2本目
3本目
4本目
5本目


感動のライブから一夜明けた5月15日朝、疲れているはずなのに7時過ぎくらいに目覚める。
これが興奮のせいなのか時差ボケのせいなのかはわからない。
とにかく、今日はシカゴに来たもう一つの目的を果たす日なのです。
それの目的とは、映画『The Blues Brothers』のロケ地巡り。

出発前からロケ地の場所を調べていたのですが、孤児院育ちの刑務所帰りの男が主人公のせいかシカゴ市の中心部には殆ど無い。
大抵、ガイドブックの地図からは外れた場所や「一人で行くな」と書いてあるような南側の黒人が多い場所や中心部からかなり離れた場所が多い。
それでも、どうしても見に行きたかったので「何とか行けるんじゃね?」という場所をいくつかピックアップしました。

行動開始
ホテルの同室の人達のベーグルを食べに行くというお誘いを「Blues Brothersを探しに行くから」と断り、一人でホテルを出発。
ホテルのフロントにどうしても行きたいけど、色んな人から危険だから行くなと言われていた場所をスマホのGoogleMapsで示して「ここってデンジャラス?行っても大丈夫?」と質問。
返ってきた答えは「今の時間なら大丈夫。夜の7時以降はデンジャラス」というもの。さらに、「行き方分かるかい?電車の乗り方わかる?」って聞かれたので「タクシーで行くよ」と答えたら「それなら安心だね」ってサムアップ。
とりあえず安心したので朝食を摂るためにマクドナルドへ。
シカゴのダウンタウンにあるマクドナルドはマクドナルドの1号店みたいです。

いきなりクライマックス
朝食が済んだところでとりあえずブラブラと南に向かって歩き始めます。
まず目指したのはループと呼ばれる地域。
ここには映画のクライマックスシーンを撮影した場所があります。
ライブを終えてカネを手にしたJakeとElwoodが孤児院の固定資産税5000ドルを税務署に払いに来るシーンです。

DSC_0232.JPG
DSC_0233.JPG
JakeとElwoodは劇中でここを目指します。

DSC_0236.JPG
DSC_0234.JPG

劇中ではドアの前にブルースモビールを横付けして降りた途端に車が崩壊します。
映画の時の重厚なドアからガラス張りの回転ドアに変わっていたのが残念。

シカゴを散策
いきなりクライマックスシーンを堪能してちょっぴり満足したのでシカゴの町並みを楽しんでみることに。
DSC_0237.JPG
DSC_0238.JPG
DSC_0239.JPG
流石、摩天楼発祥の街シカゴ。
古いビルと新しいビルが混在していても絵になります。

DSC_0240.JPG
たまたまスクールバスが停まっていたのでビルをバックに撮影。
DSC_0241.JPG


DSC_0242.JPG

DSC_0243.JPG
DSC_0244.JPG
入ってみるとなんか銅像がある。
DSC_0245.JPG
下にはこの人物を紹介したプレートが。
ベニート・ジュアレスさん。メキシコの大統領みたいですね。
なんでシカゴの中心地にメキシコ大統領の銅像があるんだろう?

DSC_0246.JPG
DSC_0247.JPG

表通りは広くて明るくて危険を感じないんだけど、ちょっと路地に入ったりして1ブロック違うだけで街の雰囲気というか空気感がガラッと変わる。
交差点ごとにホームレスの物乞いがいたりまったくビジネスマン風の人を見かけなかったり。ちょっと緊張しました。

ダウンタウンへ戻る
市内観光はほどほどにして、歩き疲れたしちょっくら喉を潤すためにビールでも飲もうかなと。
でも、お店分からないし…ということで、泊まってるホテルの近くのHard Rock Cafeへ。
DSC_0248.JPG
DSC_0249.JPG

12時前って事で殆ど客はおらず、自分用のお土産にTシャツやピックセットを買って2杯ほどお酒を嗜む。
小腹は空いてたものの、なんとなく食べる気になれなかったので食事はパス。高かったしね。

休憩も取れたのでHard Rock Cafeを出て再び歩き出す。
昨日のライブ会場HOBまで来てみると、電光掲示板には昨日亡くなったB. B. KINGへの追悼メッセージが。
DSC_0250.JPG
B. B. が生前最後にライブを演ったのが、ここシカゴのHOB。そして、亡くなったのは昨日のBABYMETALのライブが終わった頃。
なにか妙な縁を感じます。

いよいよ目的地へ
いつまでもダウンタウンやループをウロウロしてても仕方がないので、危険だと言われててもどうしても行きたかった場所へ行くことに。
大通りで流しのタクシーを捕まえてGoogleMapsを見せて「ここに行ってくれ」と。
道中、「目的地に着いたら写真を撮って直ぐにダウンタウンに戻るから待っててくれ」ということをつたない英語でなんとか伝える。
タクシー降りた途端にひとりで取り残されたら怖いもんね。その場所でタクシーを拾えるかどうかもわからんし。
ミシガン湖沿いのR41をひたすら南に走る。
R41を降りてからは西へ。段々と街の雰囲気が怪しくなってくるのがわかります。
ガイドブックには危ない地域のサインとして
  • 商店の窓に鉄格子
  • 閉店した商店の窓が割れている
  • 路肩に停まっている車がボロいのばかり
ということが書いてあったんだけど、見事にそれに当てはまる光景。
そんな「やだドキドキ止まんなーい」状態で車は目的地に到着。
車を降りる前に再度「すぐに戻るから待っててくれ」と念押しして外にでる。
そこには、映画で何度も見たあの光景が!
DSC_0251.JPG
DSC_0253.JPG
DSC_0254.JPG
このシーンの場所です。
映画の公開から30年以上経ってるので壁のペイントはかなり薄くなり駅舎も改装されていますが、紛れも無くRay Charlesの楽器店の場所。
シカゴまで来てよかったと思った瞬間です。
写真を撮ってぐるっと周囲を見回して脳内メモリにインプットしてから車に戻ってダウンタウンに帰ります。
帰りの車中でドライバーに「なんであそこで写真を撮ったんだ?」って聞かれたので「Blues Brothersの映画でレイ・チャールズの店だった場所なんだよ」って答えたけど、( ´_ゝ`)フーンって感じでした。
帰り道は電車の高架を下を走ったりして、映画のカーチェイスシーンを思い起こさせてくれます。
知ってて走ってくれたのか、たまたまなのかはわからず。

シカゴでランチ
ダウンタウンに戻ってから、遅めのランチを摂ることに。
カフェのようなところはたくさんあるけど一人で入って英語で注文するのは緊張するので、昨日のライブ前に日本人メイトが大挙して行ったというあのお店へ。
DSC_0255.JPG
とんこつラーメンです。
10ドルくらいだったかな?
味は日本のショッピングセンターのフードコートにあるような店よりは美味しかったです。
卵がただの半熟で味玉じゃなかったのが残念なくらい。
食事を終えたところで夜の目的のために一度ホテルへ戻って休むことに。
テレビを見ながらボーとしてたら7時過ぎまで寝ちゃいました。

シカゴでBlues
夜はシカゴでの最後の目的、BluesクラブでBluesのライブを観るを実行。
まず向かったのはバディ・ガイの店。バディ・ガイがシカゴにいるときは飛び入りでステージに上がることもあるというBluesのライブハウスです。
タクシーに乗って「バディ・ガイ」と言うだけで連れて行ってくれます。
で、タクシーが店の前に着いて降りた途端に店のドアマンに「チケットを持ってるか?」と聞かれました。
持ってないので「持ってないよ。幾ら?」と聞くと、「今日は貸し切りだから入れない」と…
「明日来いよ」って言われたけど、「明日はもう日本に帰るんだ」と答えたら店のフリーペーパーを渡されました。
あとでフリーペーパーを見たら2ヶ月分のスケジュールが載っていたんだけど、たまたま僕が行った日だけが貸切イベントでした。
DSC_0256.JPG
DSC_0257.JPG
店の全景とか看板を撮るの忘れた…

仕方がないのでダウンタウンに戻って、もう一軒チェックしていたライブハウスに行くことにしました。
そこは泊まっているホテルのすぐ近くにあるBlue Chicago
小さな店で入口近くに10席位のバーカウンター、奥にステージ。ステージの横にもいくつかカウンター席があるって感じの店です。
DSC_0260.JPG
チャージは10ドル。
軽くつまめるものくらいあるだろうと思ってたら食事のメニューは一切なし。
ナッツとかも無いのね。
ライブは21時半過ぎに始まって、この日のバンドはギター&ヴォーカル、ピアノ、ベース、ドラムス、トロンボーン。
かなりゴキゲンなBluesを聴かせてくれました。
1セット目が終わったところで23時位に店を出ました。
最後までいたかったんだけど、何時になるかわからないしね。
何も食べてないことを思い出して7-11でサンドウィッチと飲み物をホテルの部屋に戻りました。って、やってることは日本にいる時と変わらないな。

そんなこんなで1日シカゴ観光は終了。
とても充実した1日でした。

翌日は飛行機に乗って日本に帰って、新宿のユニカビジョンでBABYMETALの映像を見ただけだから特に書くこともないのでシカゴ公演参戦記はこれにて終了。
なんとかドイツに行く前にシカゴレポを書き上げられた。

See you!!
posted by mamma at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | BABYMETAL

2015年06月15日

巨大天下一メタル武道会まであと6日:物販情報&当日の注意【追記あり】

もす!mamma DEATH!
いよいよBABYMETAL WORLD TOUR 2015の日本公演開催日が迫ってきました。
物販情報も出ましたね。
20150615122608.jpg

相変わらずベビメタの物販情報の画像は圧縮されすぎて汚くなってるな…
事前に絵柄の詳細がわかってブートを作られないようにの対策だとは思うけど、何を買うかの参考のために見たい人も困るという。

ラインナップを見ると北米ツアーの時と様変わりしてますね。
IMG_0002.PNGIMG_0003.PNG
画像はシカゴ公演の時のSidestepアプリのものなんだけど、北米ツアーでは "DARK KNIGHT WORLD TOUR TEE" として売られていたTシャツが今回は無し。"COMIC BOOK TEE" として売られていたTシャツが今回は "THE DARK NIGHT TEE" として売られる模様。
COMIC BOOKはEUツアーの時はラインナップから外されていましたね。
"METAL LOG SNAP CAP" は名称は変わらない(英語表記からカタカナ表記への変更はあり)けど、後ろの部分がメッシュになっているみたいに見える。そして高い。
Tシャツのバックプリントは北米・EUともツアースケジュールだったのですが、今回の日本公演のTシャツはそれが見えない。

完全新作は "RITUAL TEE" "METAL GOD TEE" "MAGIC CIRCLE PYRAMID" "ハズセメガネ" "ロングリストバンド" の5種7品。
METAL GODとサングラスは前日のDOWNLOAD FEST. の時にわざとらしく見せていたのでデザインは分かるのですが、RITUALはさっぱりわからん。
ピラミッドにいたっては何するものかさっぱりわからん。
現地で確認するしかないね。
ま、新作のTシャツは確認しなくても買っちゃうと思うけど。

--追記ここから--(2015/6/16 22:28)
公式サイトの物販情報の画像が差し替わって少し綺麗になりました。
それでもまだまだ見辛いけど、DARK KNIGHTSのバックプリントの画像を見るとうっすらとワールドツアーの日程がプリントされているような…
そこで、DARK KNIGHTSをデザインしたデザイナーさんにtwitterで質問してみました。
「ワールドツアーの"COMIC BOOK TEE"と同じもの」という事なので、バックプリントも同じだと思われます。
--追記ここまで--

物販会場は今回はホール11みたいなので雨が降っても安心。
とはいえ、早朝から並ぶとなると最初は外で待機になると思うので、天候のチェックは欠かせませんね。
建物内に入れるのは何時くらいになるのかな?

【当日の注意】
当日の幕張メッセはBABYMETALのライブだけでなく、同人誌即売会の「とら祭り2015」がホール5,6,7で、ゲスの極み乙女のライブがイベントホールで行われます。
「とら祭り」は規模としては2000スペースなのでそこそこ大きい部類の同人誌即売会だろうと思われます。同人イベントはVOCALOID関連しか知らないので正直、どれ程のものかわかりません。
即売会以外にも会場内でイベントも行われるみたいなので、そこそこの人出になると思われます。
とら祭りのWEBサイトには「徹夜および早朝からの来場は近隣住民、近隣企業の迷惑となりますのでご遠慮ください。」という文面がありますが、コミケを見てもわかるように禁止されても徹夜をする人はします。
物販の為に徹夜するメイトさんもいるとは思いますが、間違ったれ列に並んじゃったりしないように注意しましょう。(メイトさんはベビメタT着てるから人が多いから間違わないと思うけど)
個人的には、BABYMETALもそろそろ徹夜禁止を打ち出したほうが良いと思うんだけどな…

ロッカーの確保のも難しくなるかと思われます。
同人誌即売会では大量に薄い本を買う人もいて、買った戦利品を持ち続けて会場内を歩くのは大変なのでコインロッカーに預けてまた違うサークルに買いに行くという人が大勢ます。
そのため、みんな早めにロッカーを確保しています。
物販で買ったグッズをロッカーに預けたいという人は、ロッカーの空きが無くなる前に確保することをお薦めします。
ただ、とら祭りの開催時間は16時までなので夕方位からは空きが増えてくるんじゃないかな。その時はゲスの極み乙女ファンとの争奪戦になるかもだけど。

とにかく、当日(ひとによっては前日夜から)はメイトさんだけじゃなくて大勢の人が幕張メッセ周辺にいる状況になると思います。
トラブル等なきよう。
とら祭りの参加者が肌色成分の多いイラストの入った袋とか下げてるかもしれないけど、「オタクきめえ」とか「オタクうざい」とか言っちゃダメですよ。
向こうも「ドルヲタうぜえ」とか「メタル怖い」とか思ってるかもしれないからお互い様です。
仲良くいきましょう。

そんなわけで、幕張で僕と握手!
See you!!
posted by mamma at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | BABYMETAL

2015年06月08日

BABYMETAL WORLD TOUR 2015 CHICAGO公演参戦記 vol. 5 〜ライブ!〜

もす!mamma DEAT!
ようやくライブ本番のレポです。
最初に断っておきますが、ライブ中は写真も動画も撮らずにステージに集中していたので「最愛ちゃんかわいい」しか書けません。
ご了承下さい。

前回まで参戦記
1本目
2本目
3本目
4本目


ライブ中の記憶は殆ど飛んでるので自分的ハイライトを断片的に書いていこうかと。
だってさ、手が届くんじゃないかって錯覚するくらいの近さの目の前でMOAMETALが踊ってるんだよ?冷静でいられるわけないじゃないですか。

恒例のオープニング紙芝居からライブスタート。
メタルの神々がリアルに描かれている。
ロニー・ジェイムス・ディオが出てきたところで一際大きな歓声が起こります。さすがアメリカ。

BMDで幕が落とされた瞬間に目の前にMOAMETALが!!!
ここでもう僕は「え?え?もあが目の前…こんなに大きく見える…ヤバイ……」ってなってました。
軽いパニックになりながらも「B!A!B!Y!M!E!T!A!L!」って叫んだよ。
ピットにはVIPだけしか入れないからか圧縮はそれほどでもなかったけど、ジャンプは出来なかった。

SU-METALの歌い方は高音部で無理に張り上げるようなこともなく、素直に発声してるって感じ。
CDの歌い方に近いというか、柔らかい感じになったかな。

僕が陣取ったポジションは下手側お立ち台前のちょい右あたり。
ステージにセンター位置を0にして左右に1,2,3...って番号が振ってあるんだけど(ライブビデオ等で確認出来ます)、下手の2の真ん前。
この番号を振った位置でベビメタの3人はアクションをすることが多いんだけど、"ド・キ・ド・キ☆モーニング"の寝っ転がりでSU-METALが僕の真正面。
SU-METALが顔を上げた瞬間に僕と目が合うという事案が発生!
ものすごくドギマギしたよ。
あと、"CMIYC"の時はブレイクダウンの時にずっとMOAMETALが目の前で、「もあちゃん…もあちゃん…」ってずっとつぶやいていて怪しい人になってた。

YUIMETALはずっとニコニコして会場中に笑顔を振りまいていて「ゆいちゃんマジゆいちゃん」だった。

"いいね!"のコール&レスポンスでのSU-METALの「しーかーごっ」の言い方がかわいい。
あのシーンだけはSU-METALじゃなくて中元すず香だね。
まわりのメイトさんもみんなニコニコ。
「♪現実逃避行〜」のところの3人で隊列作ってジャンプするの、目の前で見るとかわいいね。

ツアーカメラマンのDanaさんが開演前に自分用の水のペットボトルを自分でステージ下に何本も用意してたんだけど、誰かが「水をくれ」と言ったのか曲間にセキュリティがそれを前列の客に配ってみんなで回し飲みした。
あれは助かった。水分大事!
でも、あとでDanaさんが置いたはずの場所に水がなくてキョロキョロしてた。客が飲んでるのをみて「しょうがねえな…」って顔をしてたけど。

とにかくステージが近い&最前ということもあって、ベビメタ3人と目が合う(と感じる)事がありまくり。
特にMOAMETAL。僕がずっとMOAMETALを目で追っていたって事もあるんだろうけど、何回目が合って微笑んでもらったことか…
最愛ちゃんかわいい。
これだけでもシカゴまで行って早朝から並んだ甲斐があるってもんです。みんな行けばいいのに。

"おねだり大作戦"でのベビメタ紙幣をばら撒くのもやったよ。
朝に貰った紙幣は使わないで持って帰ろうと思っていたのでバッグに入れてクロークに預けちゃったんだけど、開演待ちの時に隣のアメリカ人メイトが紙幣を見せながら「これ持ってるか?」って聞いてきたから「無いよ」って答えたら、また新しいの貰っちゃって、それを撒きました。

今回は最前ということもあって、モッシュにもWODにも参加せず。
日本に戻ってきてからファンカムをみたら、結構盛り上がっていたみたいだね。
ライブ中は全く後ろを見なかったから、どうなっていたか分からなかった。

ゆいもあがステージでしきりにアイコンタクトをとっているのがよく見れました。
ダンスのきっかけとか位置取りとか、お互いに確認しあってるんだろうね。
それに加えてMOAMETALは常に目の端でDanaさんのスチルカメラの位置を捉えている感じ。
自分にレンズが向くとぱっと表情を作ったりポーズをとったりしてる。事前の打ち合わせで「ここで撮るよ」なんてのがあるのかもしれないけど、さすが菊地プロ。

神バンドの超絶技巧を目の前で見れたのも感動。
藤岡先生は目の前で見ても、やっぱり何やってるかよくわからんかった。
BOHさんのタッピング、高速スラップもやっぱり凄いな。てか、ソロパート以外のプレイも感動モノ。
もあちゃんもあちゃん言ってるけど、僕は音からBABYMETALに嵌ったんだからね!はい、今更感あふれる言い訳です。

終演後に会場で撮った写真
DSC_0217b.jpg
DSC_0218b.jpg
DSC_0219b.jpg

トマトくんはシカゴでも人気者
DSC_0220b.jpg
DSC_0221b.jpg
トマトくんのフォトセッションを後ろから
DSC_0226b.jpg
DSC_0227b.jpg

今回のシカゴ公演の物販はSidestepというアプリを使って事前購入できるシステムが使われていたわけだけど、これが色々と酷かったみたい。
注文した商品が揃っていなかったりサイズが間違っていたりと散々。
幸いにも僕はバッジセット1つが足りなかっただけで、周りの人に比べればほぼ被害なしって感じだったけど。
redditでも「Sidestep最悪だぜ」みたいなスレが立っちゃうくらい、アメリカ人メイトもお怒りです。

ライブ後はほぼ日本人メイト30人でPUBで打ち上げ。
僕はライブの感動で放心していて、ほとんど何も飲んだり食べたりしてないけどね。
終演後に「もうここで死んでも悔いはない」って本気で思ったライブは初めてでした。
これは病み付きになるね。というわけで、8月末のドイツとイギリスに行く予定です。
レディング&リーズ後にイギリス単独公演が入ったら、そっちを優先してドイツはリリースする可能性もあり。
レディングが決定した時のエントリに行きたいけど行けないって書いてるけどね。気のせいだよ。

てなわけで、以上レポっす。
翌日にシカゴ観光をしたので、それも後で書きます。

See you!!
posted by mamma at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | BABYMETAL

2015年05月30日

BABYMETAL WORLD TOUR 2015 CHICAGO公演参戦記 vol. 4 〜ライブ待機列編(後篇)〜

もす!mamma DEATH!
BABYMETAL WORLD TOUR 2015の後半戦が始まったり追加公演でフランクフルトとベルリンでの単独公演が発表されてしていますが、僕のシカゴライブレポはまだ終わっていません。
というわけで前回の続き、待機列篇後篇です。

1本目
2本目
3本目


ロビーで待機からの
最初は17時からロビーで列を作るというは話だったのに何故か昼過ぎからロビーには列が出来ている、というのは前回書いた通り。
「ま、開場までここで待ってればいいのか。寒くないから安心だなー」なんて思ってました。
寒くないからコートも要らない。ライブではコートや大きいカバンは邪魔になるので一度ホテルに戻る人にお願いしてホテルの部屋に置いてきてもらいました。
DSC_0196.JPG
ホールとロビーを仕切るものはカーテンしか無いので、サウンドチェックやリハが始まったらモロに音が聞こえそうです。
なんてことを思っていたら、サウンドチェックが始まったっぽい音がしてきます。
そしたらね、
DSC_0200.JPG
追い出された。
コートをホテルの部屋に持って行っちゃったので寒いです。
Tシャツの上に落書きパーカーを羽織ってるだけ。
ちなみに、この日のTシャツは豊洲のSU-METAL聖誕祭。

外で並んでる最中にチケットチェックがあってVIPリストバンドを貰いました。
DSC_0201.JPG
この後、IDチェックがあってアルコール購入可のリストバンド(黄色)も貰います。
待機列ではHOBのスタッフがレストランのメニュー持ってオーダーを取りに来ます。
どうやら、ここでオーダーをすると列まで持ってきてくれるようです。
VIP特典でタダでドリンクとか飲めるのかな?って思ったけど、そんな事はなくて普通に料金は払います。
その後、一般待機列でも同じことをしていたので、VIPだけのサービスじゃなくて、HOBの通常のサービスだったみたい。

外で待機している間に、メキシコライブの時にtwitterにアップされていたメキシコ国旗を持っている人を発見。
DSC_0202b.jpg
文字のバランスの悪さが愛おしい。
一生懸命、お手本を見ながら「ベビーメタル」って書いたんだろうなー

外で待っている間、トイレはHOBのレストランのを使うんだけど、ここが良いんですよ。
何が良いって、リハの音が丸聞こえ。
行く必要もないのを含めて3回位トイレに行きました。
個室に入ると座ってじっくり聞けます。

再度ロビーへ入場からの
17時過ぎにようやくロビーに誘導されました。
DSC_0203.JPG
この扉から中に入ります。
入り口ではIDで本人確認。
VIPチケットを買った人の名前がプリントされたリストにスタッフが蛍光ペンでチェックを入れていくというかなりアナログな方式です。
チェックを済ませるとVIPパスと小さなブックレットを受け取りました。
DSC_0301.JPG
去年のNYC公演の時は直筆サインが入っていたらしいけど、今回のツアーでは無し。ちょっぴりガッカリ…

中に進むと半ば強制的に手荷物を預けさせられます。
指示に従ってバッグを係の人に差し出すと、手を出して何かを要求しています。
ポカーンとしていると "Coat check $10" みたいな張り紙を指さします。要するに「クローク代10ドルよこせ」って事ですね。
事前に説明もないばかりか10ドルって高えなって思いつつも、郷に入ったら郷に従えって事で払いました。

階段の下まで誘導されて開場までここで待て、という事に。
しかし、上からはまだリハをやってるっぽい音が聞こえてきます。
でもまあ、ほぼ先頭の僕は階段に座ってゆっくり出来るなーってまったりしてました。
そしたら、ホールの方からベビメタのスタッフらしき人が降りてきてHOBのスタッフと何か話してるなーって思ってたら、再度外に出ろという指示が。
どうやら、まだリハが終わってないから、まだロビーに入るなって事らしい。この辺りの伝達って上手く入ってなかったのかな?
日本の感覚だと、会場側が「ロビーまで客入れして良いですか?」って演者側に伝えてからやると思うんだけどね。

で、また外で1時間位待たされるわけですよ。
この1時間は寒くてふるえていたことくらしい覚えてない…
マンチェスターから来た先頭の人とポケットに手を突っ込んで肩をすぼめながら「ペンギンのようだ」とか笑い合ったり。
コートチェックで上着を預けちゃってTシャツ一枚の人は悲惨でしたね。

ようやく開場
開場予定時刻の18時半に中に入ることが許されました。
BABYMETALのライブで初めてほぼ人のいないフロアを見ました。
最前の柵の位置まで行くとステージが近い!
DSC_0211.JPG
お立ち台まで1メートルちょっとって感じ。
今回はMOAMETALを中心に間近で観ようと決めていた僕は迷った末に下手側を選択。

入場直後のフロアはこんな感じ。
DSC_0208.JPG
前を見ても後ろを振り返っても人がいない。
こんなの日本じゃ運良く良番をゲット出来ないと無理だなーと思いながら、早朝から並んだのが無駄じゃなかったと実感しました。
一般入場もまだ始まっていないので、バルコニーにもまだ人がいません。
DSC_0209.JPG

会場が徐々に人で埋まってくるとスクリーンにキツネの影絵を投影して客入れSEに合わせて遊ぶ人も出てきたり。
僕は早朝から並んだ疲れもあって柵にもたれながら目を閉じて休んでいました。
客入れSEはアメリカンメタルバンドが中心。G'n'RやMR. BIGも流れて僕的には盛り上がったけど、周りのアメリカ人の反応は薄かったなー
相変わらずMETALICAは盛り上がる。

開演時間が近づくと「ベービーメートゥー(パンパンパパン)」のチャントが断続的に発生します。
このチャント良いよねー
日本でもやらないかなって思ってたら、この前のMETROCKでやりましたね。素晴らしかった。

開演予定時間の20時を少し過ぎたくらいで客電が落ちオープニングの紙芝居が始まりました。
というとこで、今回はおしまい。
次回は、やっとライブ本番です。
あ、ライブ中は写真も動画も撮ってないので画像はありません。

おまけ
DSC_0204.JPG
HOBのカメラポリシーです。
フラッシュ使ったりプロ用機材で撮影とか商用利用じゃなければ撮っていいよって事ですね。
太っ腹!

では、次回のライブ編で。
See you!
posted by mamma at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | BABYMETAL

2015年05月28日

BABYMETAL WORLD TOUR 2015 CHICAGO公演参戦記 vol. 3 〜ライブ待機列編(前篇)〜

もす!mamma DEATHH!
BABYMETALワールドツアー2015シカゴ公演参戦記3本目です。
今回から、いよいよライブ当日になります。

1本目
2本目

起床午前4時
前日のオフ会が終えてホテルに戻ってきてから、朝は何時から並ぼうかと打ち合わせ。
トロントでは朝5時位から並び始めた人がいるみたいだから、5時半くらいにホテルを出ようかという話に。
ちなみに、ホテルから会場のHOBまでは徒歩で5分かからないくらい。
23時位に就寝。しかし、疲れているはずなのに寝付けない。
これが噂に聞く時差ボケってやつなのか、はたまた、翌日のライブが楽しみで興奮して寝れないのか。
結局、眠りが浅いまま、午前4時には完全に目が覚めてしまってベッドを抜けだしてホテルの窓から街の様子をぼけーと眺めてるとみんな起き出してきた。
みなさん、目覚ましは5時にセットしてありますよ!

twitterで他の日本人の動向をチェック。まだみなさん動いていないみたい。
そんなこんなやりながら5時を過ぎたので「そろそろ行きましょうか」ということで、3人でHOBへ。

HOB到着
HOBに着くと、そこには既にひとりの男の人がぽつんと立っていました。
どうやら一番乗りは逃したようです。
DSC_0163.JPG

キツネサインを掲げながら "Good morning!" とご挨拶。
一番乗りの人はイギリスのマンチェスターから来たそうで、トロントにも参戦したと言っていました。
DSC_0165b.jpg
10分ほどすると徐々に人が集まってきます。
DSC_0164.JPG
僕らの後に来たのは、ちょっと話題になったメキシコの遺跡でBABYMETAL3人の私服動画を撮った人達。
その時のことを凄く興奮して喋ってたけど、英語がよく聞き取れなくて…
まあ、嬉しくて楽しかったってのは分かった。

6時過ぎでこんな感じ。
DSC_0166b.jpg
開場までまだ12時間以上もあるのに凄えなって思ったけど、自分もここにいたんだった。
海外の公演は日本と違ってチケットに整理番号が無くて、並んだ順番に入場だから最前で見たければ誰よりも早く並べば良いって感じだから、みんな頑張るよね。
日本でも物販のために徹夜する人が大勢いるけど。

待機列にひときわ目立つTATOOを入れている人を発見。
DSC_0167b.jpgDSC_0168b.jpg
SU-METALとYUIMETALです。
なんでMOAMETALが無いんだろう…?
そんな彼はイギリスの音楽雑誌「Kerang!」でも紹介されています。
DSC_0181.JPG
そして、すぅさんの写真集を貰ってご満悦。
DSC_0180b.jpg

待機列では誰かが持ってきたポータブルスピーカーで大きな音で音楽を流しています。
目の前がホテルなのに朝の早い時間から騒音出して怒られないのかな?なんて思ったけど何にもなかった。
流れる音楽は、さくら学院とかさくら学院とかベビメタとか、あと、さくら学院とか。
「お前等、どんだけ父兄さんだよ」って思ったけど、こんな感じで父兄さんでした。
DSC_0184b.jpg

そうそう、音楽といえば僕が作ったMSYステッカーを見て、ゴツいメタラーな感じの人から「お前、MSG好きなのか」って聞かれて、「そうだ」と答えると、MSGの「SAMURAI」を流してくれました。
20代くらいの現地メイトは「これ誰?」って感じでポカーンだったけど。

海外の待機列では日本では見れないようなことをやる人もいます。
DSC_0177b.jpg
法螺貝を吹きます。
これがなかなか良い音出してるんだ。
日本に帰ってきてから知ったんだけど、彼は一部で有名なBubbleDreamer1234だったらしいです。
彼にはお手製の由結ちゃんバッジを貰いました。
DSC_0179.JPG
バッジがたくさん入った袋を「好きなのやるよ」って感じで渡されたんだけど、袋の中身は見事に由結ちゃんばっかり。

海外公演ではおなじみになったベビメタ紙幣も現地メイトから貰いました。
DSC_0186.JPG
DSC_0187.JPG

質感も本物のドル紙幣ぽくて上手く出来てます。
しかし、裏と表で図柄が違ったり天地が合ってなかったりと、アメリカンないい加減さがうかがえる逸品です。

待機列解消
11時位にHOBのスタッフが出てきて「VIPの列は17時から店のロビーで作るから解散しろ」って事になったんだけど、その時点で既に50人以上は並んでいたので、これで並び直しだと早く来た意味が無いじゃないかなんて思ってたら、現地メイトの有志が整理券を作って現在並んでいる順で列を作り直せるようにしてくれました。
DSC_0298.JPG
これが整理券。捨てずに記念に持って帰ってきました。
「簡単に偽造できるじゃん」って思ったけど。

これで寒い中(当日の気温は10℃くらい)で並ばなくてよくなったので、一旦ホテルに戻ってゆっくりすることに。
ホテルに着いたくらいで日本人メイトから「HOBのレストランでランチするよ」って連絡があったので、再びHOBに逆戻り。
HOBに着いたところでリアウィンドウにBABYMETALロゴを手描きした車を発見。
車から降りてきたのは60代くらいの初老の夫婦。
"Can I take a picture?" と車を指さしながら尋ねると快くOKしてくれました。
DSC_0188.JPG
しかし、この後が大変。話し掛けたは良いものの、僕は英語がまるでダメ。
なんとか「どこから来た?」「ベビメタは何回くらい見てる?」「入場待ちの列はどこにあるんだい?」なんて質問に答えてみたものの、ちゃんと伝わっていたかは不明…
この時のやり取りは車のオーナーがredditにpostしていて、翻訳サイトでも日本語に翻訳されて紹介されていました。

HOBのレストランでは日本人メイト6人でランチ。
他の日本人メイトの中には10人以上でシカゴのラーメン屋「拉麺さん」に行った人もいて、日本時間深夜2時ということもあってシカゴから日本へ飯テロが行われた模様。
レストランにはステージもあります。
日曜日のランチタイムには、このステージでゴスペルライブが行われるみたい。
DSC_0189.JPG

メニュー
DSC_0190.JPG
ちょいちょいロックやブルースにちなんだ名前になっています。
まずは乾杯!
DSC_0191.JPG
僕が頼んだドリンクはシカゴのクラフトビール「ANTI-HERO」
DSC_0192.JPG

まあ、アメリカのビールだねって感じ。
昼間に飲むには丁度良いかも。
食事は「アンガス・スライダー」
DSC_0193.JPG
「アンガス」って「アンガス・ヤングかなー?」なんて思ったけど、何がアンガスでスライダーかよくわからず。
ハンバーガーは美味しかったです。付け合せのピクルスは酸っぱすぎ&辛すぎ。

再び列形成
食事も済んでまたホテルに戻ってゆっくっリしようとしたら、もうロビーで列を作ってるとのこと。
レストランを出た直ぐのロビーでみんな並んでる!
列の整理をしているのは現地メイト。17時からって店の人は言ったのに、どういう展開でこうなったんだろう?
列の整理をしている人に先ほどの整理券を見せて列に入ります。ちゃんと番号通りに並ばせてくれます。
先頭集団は早朝から一緒にいたので、整理券がなくても「お前の場所はここだよ」って教えてくれたりするけどね。
HOBの中の待機列はこんな状態。
DSC_0198b.jpg
ここで開場時間まで待っていればいいのかなんて思うじゃん?
この後も色々とあるのですが、それは次回のエントリで。

HOBのロビーでとった写真をいくつか。
DSC_0195.JPG
DSC_0196.JPG
2階のホールへ続く階段です。
開場時はここからホールへ入りました。

DSC_0197.JPG
チケットカウンターの案内モニター。
もちろんBABYMETALはSOLD OUT。

DSC_0199.JPG
レストラン入り口に掛かってる案内板。
矢印はホール入り口の階段を指しています。

そんなわけで、次回は待機列編(後篇)です。
See you!


posted by mamma at 23:32| Comment(1) | TrackBack(0) | BABYMETAL

2015年05月19日

BABYMETAL WORLD TOUR 2015 CHICAGO公演参戦記 vol. 2 〜ライブ前夜編〜

もす!mamma DEATH!
BABYMETALワールドツアーシカゴ公演参戦記2本目です。
1本目はこちら

シカゴでお散歩
ホテルで落ち着いたところで、コンビニに行こう、ついでにHouse Of Bluesを下見しようということで3人で外にでてみました。
DSC_0136.JPG
シカゴは摩天楼発祥の地とされ、至る所に高層建築物がそびえ立っています。
DSC_0137.JPG
とりあえず目的のコンビニ発見!
DSC_0138.JPG
7-ELEVENはどこにでもあります。
ここでちょっと買い物をしてさらにブラブラと歩きます。
DSC_0139.JPG

新しい建物と古い建物が同じ場所にそれも違和感なく存在していることに面白みと美しさを感じたりして歩いているうちに、House Of Bluesの看板が見えてきました。
DSC_0140.JPG
House Of Bluesの後ろに見える特徴的な建物は「コーン・タワー」とも呼ばれるマリーナシティという高層マンションです。
地上19階までは螺旋状のスロープになった駐車場です。

House Of Bluesを外から見てみました。
まずは反対側の歩道から。
DSC_0141.JPG

道路をわたって近づいてみる。

DSC_0142.JPG


こちらがお店の正面
DSC_0145.JPG
DSC_0144.JPG
1階がレストランと土産物屋的なショップとチケットカウンター、2階から上がコンサートホールになっているようです。
レストランでは毎週日曜日のランチタイムにゴスペルコンサートも行われているようです。
建物側面には「正面入口はこっちだよ!」って案内板。
DSC_0143.JPG

というのも、この下の写真の左側に小さいドアがあるので間違えないようにでしょうね。
DSC_0146.JPG

ここはライブの入場待ちの列を作るところ。
写真には写ってないけど左側にある小さいドアから入場していきます。

ひと通り見たのでホテルに戻ることに。
帰り道も街をブラブラしながら。
DSC_0147.JPG
DSC_0148.JPG
DSC_0149.JPG

これは"COURT HOUSE PLACE"って書いてあるから裁判所か何かかな?
DSC_0150.JPG

シカゴで突然の日本語。
ラーメン屋さんです。
翌日の昼には、ここで10人以上の日本人メイトがラーメンを食べたとか。
奥の看板は気にしなくていいです。

DSC_0151.JPG

DSC_0152.JPG
ホテルの部屋に戻って7-ELEVENで買ったビールを飲む。
折角のシカゴだからシカゴのクラフトビールでもと思ったけど、日本では見かけない缶のコロナがあったので思わず購入。
DSC_0155.JPG
現地時間19時から前夜祭というかオフ会というか、そんな感じのがあるので、日本から持ってきたデロリアンを見ながらビールを飲みながらボケーとしてました。
いや、寝てました。

シカゴでオフ会
というわけで、夜はオフ会です。
オフ会会場に行く間にもちょっと街の写真を撮りました。
DSC_0156.JPG
DSC_0157.JPG
DSC_0158.JPG
DSC_0159.JPG
分かる人は分かると思うのですが、この風景を見て僕は一人でテンション上がりまくりです。
3日目にもこの辺りを見て回ったので、詳しいことは別のエントリで。

オフ会はアメリカ在住の日本人メイトである「ゾエさん」がセッティングしてくれました。
日本からの遠征組とアメリカ在住日本人メイトで総勢13人(だったかな?)。
DSC_0160.JPG
シカゴのクラフトビールを飲みながらアメリカなお食事。

ところで、これ何だと思います?
DSC_0161.JPG
シカゴ名物なんです。

正解は
DSC_0162.JPG
ピザです。
生地が厚くてチーズたっぷりなのがシカゴピザの特徴(らしい)で、長時間移動の疲れもあってか1ピースでお腹いっぱいです。
味はチーズとトマトソースの味でした。

明日は早くから並ぶよね?ってことで、22時前くらいにお開き。
ホテルに戻ってシャワー浴びて23時くらいに寝ました。

みんな吸ってんじゃん!
シカゴの街を歩いて気付いたんですけど、アメリカは喫煙にうるさいって嘘じゃね?
少なくともシカゴのダウンタウンやループは。
確かに建物の中では吸えないけど、街中ではみんな普通に歩きタバコしてるし飲んでてタバコが吸いたくなったら店の外にでて店の前の歩道で吸ってるし、街中に灰皿はないので吸い殻は当然のようにポイ捨てだし携帯灰皿なんて持ってる人はいないし、パトカーが通っても注意しないし。
日本の方が喫煙に関しては全然マナーが良いなって思ったです。はい。
ガイドブックにはシカゴは特に喫煙に厳しくて屋外でも認められた場所でしか吸えないから気をつけろって書いてあったんだけどな…

あと、「アメリカのエリートビジネスマンはタバコを吸わない」とも聞いてたけど、エリートっぽい人も吸ってる人多かったなー
まあ、これは見た目で判断だからよくわからんけど。


そんなわけで、次ぎのエントリはいよいよライブ当日ネタです。

See you!!




posted by mamma at 22:17| Comment(2) | TrackBack(0) | BABYMETAL

BABYMETAL WORLD TOUR 2015 CHICAGO公演参戦記 vol. 1

もす!mamma DEATH!
BABYMETAL WORLD TOUR 2015の前半戦である北米ツアーが昨日のコロンビアでのRock on the Rangeで終わりました。
僕はその中のシカゴ公演に参戦してきました。

初の海外ひとり旅。どうなることかとヒヤヒヤものでしたが、SNSを通じて知り合った海外ツアーに参戦するメイトさん達に助けられて何とか3泊5日のシカゴ旅行を全うできました。

日本時間5月13日午前3時50分起床。
時差ボケ対策に寝ずに出発しようかとも考えたけど、うっかり寝落ちしたり空港に行くまでの電車で爆睡してしまって乗り過ごすなんてことがあると恐ろしいので、とりあえず前日23時くらいに床につきました。
あんまり寝付けなかったけど。
で、起きてシャワーを浴びて玄関に荷物を置いて前日に手配しておいたタクシーが来るまで暫しまったり。
DSC_0107.JPG
タクシーに乗り込み最寄りの駅まで。
そこから成田エクスプレスに乗り換える駅まで20分ほどガタゴト電車に揺られ、成田エクスプレス到着まで時間が30分弱あるので駅の外に出てコンビニで朝食用のサンドイッチを買ったついでに喫煙所で一服。
アメリカは喫煙にうるさいと、様々なガイドブックやWEBサイトに書いてあるし、現地在住のメイトさんからも言われていたし、ホテルは全館禁煙だしなので吸えるときに吸っておこうかなって事で。
「もしかしたらシカゴ滞在中に禁煙できるかな?」って淡い期待はありました。

成田エクスプレス乗車
DSC_0108.JPG
乗ってしまえばこっちのもの。
成田空港第2ターミナルまで朝食を取りつつまったり。ちょっと仮眠したり。

成田空港到着
約25年ぶりに来た成田空港。
DSC_0109.JPG

広いわーでっかいわーなんてお上りさん状態になりながら、予約しておいたレンタルWiFiを受け取ったり両替をしたり。
事前にWEBでそれぞれの場所を確認して、成田エクスプレスから降りてからの動きをシミュレーションしていたのでわりかしスムーズに完了。
チェックインも自動チェックイン機であっさり出来ちゃった。
カウンターで荷物を預けて出国前にやることは完了。

出国
やることが無くなったので搭乗開始まで1時間半くらいあったけど出国してみることに。
何せ、初めてのことばかりなので早め早めの行動です。
手荷物検査がちょっと面倒くさかった。
鞄の中にある電子機器や金属類は外に出して別のトレイに乗せてX線検査機に通さなきゃいけないんだけど、僕の場合ノートPCやらスマホ複数台やらそれに使う充電器やモバイルバッテリー等、トレイに入れるものが多くて…
まあ、面倒くさいだけで何事も無く通過し出国審査へ。
DSC_0111.JPG
ここも特にイベントは無く。
搭乗開始まで中をぶらぶらお散歩です。
飛行機の中で寝れるようにビールを飲んだりもしました。

搭乗口近くの通路の窓から乗る飛行機を確認してみる。
DSC_0114.JPG

B777ですね。
これに11時間ちょっと乗ってシカゴまで行くわけです。

そしてシカゴオヘア空港
何事も無く11時間ちょっとのフライトでシカゴ到着。
DSC_0119.JPG
到着ロビーから外に出てみると風が強くて寒かったです。
気温は9℃くらい。
ここでホテルの部屋をシェアするメイトさんを待ちます。
一人は東京から、もう一人はトロントから。
待っている間にアメリカ上陸後初の買い物。
DSC_0120.JPG
空港ロビーのマックでコーラのS。
これでS。
やはりアメリカはでっかい。

そうそう、最初の方にも書いたけどアメリカは喫煙厳しいと聞いていて、自由に煙草を吸える場所は少ないと思っていたし、シカゴを紹介するWEBサイトを見ても空港では吸える場所は外にも中にも無いって書かれていたのに、ロビーを出ると至る所にこんな灰皿が設置されていました。
DSC_0124.JPG
僕の禁煙の夢は儚く消えました。

シカゴ市内へ
3人揃ったところでホテルへタクシーで移動。
いかにも「アメリカ!」なハイウェイを走りホテルがあるダウンタウンへ。
DSC_0153.JPG
これが3泊したAloftホテル。
妙にオシャレ。
DSC_0154.JPG
エレベーターホールにはこんな写真が飾られてたり、音楽の街って感がします。
DSC_0126.JPG
DSC_0127.JPG
DSC_0128.JPG
ホテルの部屋から見る街の様子はまるで映画の様です。
僕がシカゴ公演を選んだのは、シカゴが舞台になった映画「Blues Brothers」大好きだからというのも大きな理由です。
あの映画で見た光景が目の前に!ってだけでテンションが上がりますね。
ダウンタウンのあたりはあまり映画に出てこないけど。

ホテルで一息ついたところで、トロントに参戦したメイトさんにトロントで使われたベビメタ紙幣を見せてもらいました。
DSC_0130.JPG
本物のカナダドル紙幣と比べると完成度の高さがわかります。
最愛ちゃんかわいい。
DSC_0135.JPG


この後、街をぶらつくのですが、それは次回のエントリで。

See you!!


posted by mamma at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | BABYMETAL

2015年05月11日

BABYMETAL WORLD TOUR 2015の物販情報出た!

もす!mamma DEATH!
ここ数日、シカゴ行きの準備はほぼ済ませたので「ワールドツアー物販情報マダー?」botになっていました。
こんな感じで。
で、今日の午前中は皆さんご存知のようにメヒコでワールドツアー初日のライブがあったわけですが、BABYMETALの公式サイトには一向に物販情報が出ないわけですよ。
そしたら、昨年のNYC公演で使われたSidestepというアプリで受付が始まったという情報をキャッチして「遂に!」と思ったんだけど、SidestepってiOS端末にしか対応してないのね…
僕は原理主義的なAndroidユーザなのでiPhoneなんか持っているわけもなく、さてどうしたものかと途方に暮れていたのです。

このSidestepってアプリを使うと事前に買いたいグッズを選べてアプリ内で支払いを済ませるのでライブ会場で物販列に並ばなくて済むんですね。
昨年のNYCと同様だと、商品の引き渡しはライブ終了後になるので買った(受け取った)グッズをコートチェックに預けるとかカバンに詰めてライブに挑むとかなくて済むんです。
勝手がわからない海外の公演でこれは大いに助かる。
こんな便利なアプリがiPhoneを持っていないというだけで使えないとは…

ところがですね、実はiPhoneが手元にあるのです。
MIKU STOMPの歌声データの解析をするために友人から使わなくなった4Sを借りていたのです。
彼もメイトさん(いや今はもう父兄さんと言ったほうが正しいか)なので「初期化してシカゴに持って行っていいよ」となったわけです。
感謝!ありがとう!ふけいたん!

Sidestepを最初に起動するとアカウントを作らなければいけません。
メールアドレスとFacebookのアカウントのどちらかを選択してアカウントを作ります。
僕はメールアドレスで作りました。
諸々必要事項を入力してログインしたらいきなりこの画面
IMG_0001.PNG
なんで僕が行くライブをわかってるんだよ!って思ったけどあまり深いことを気にせずにベビメタちゃんの画像をタップすると商品リストが開きます。
IMG_0002.PNGIMG_0003.PNG
で、欲しい商品をタップすると
IMG_0004.PNG
商品のページが開きサイズ選択がある商品はサイズ選択のボタンが商品の下にサイズ選択のボタンも表示されます。
サイズを選択して"ADD TO CART"ボタンをタップすると
IMG_0005.PNG
カートに商品が入ります。
右上のカートボタンの数字が現在カートに入っている商品の点数です。
他の商品を追加する場合は左上の矢印ボタンをタップして商品リストに戻って選択します。
カートボタンをタップしてカートを開きます。
IMG_0006.PNG
ここで数量を選択出来ます。
6個まで選択可能でした。
最後に"CHECKOUT"ボタンをタップすると登録したクレジットカードで決済されてバーコードが表示されます。
このバーコードをライブの時に会場のSidestepのカウンターに見せると買った商品を渡してもらえるというシステムらしいです。
僕はまだ決済まで進んでいないので、決済からの流れはNYCのライブの時に使った人に教えてもらいました。

これ便利ですよね。
でも、メヒコやトロントでは使ってないみたいだから米国だけのサービスかな?
日本でもこんなシステムを導入してくれないかな。
そうすれば無駄に長い列を作って長時間待たなくても済むのになー

ところで、シカゴに発つ日は13日なのですが、なんか今台風来てる?
ヤバくね?飛行機飛ぶの?って感じで「やだドキドキ止まんない」状態ですが、ま、なんとかなるでしょ。
最悪、西回りで行けばいいんだし…

そんなわけで、
See you in House of Blues CHICAGO!!
posted by mamma at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | BABYMETAL

2015年04月22日

BABYMETALが英Reading Fest. に出演決定!これは事件だ!!

もす!mamma DEATH!

ビックリしました。
「ワールドツアーの予定でなかなかイギリスが出てこないなー」なんて思ってたら、Reading & Leeds Festに出演ですよ。
Reading Fest.ですよ!レディングフェス!れでぃんぐふぇす!
昔からの洋楽ロック好きなら、誰しも一度は観に行きたいと思ったことがあるはず。
「ロックの祭典」なんて、そんなチープな言い回しじゃ形容出来ないくらい凄いんですよ、Reading Fest. は。
まだインターネットなんてものが無かった頃、10月くらいに発売になる洋楽ロック誌のフェス特集を穴が空くほど読んでました。
僕の個人的な思い入れが強いだけかもだけど、多かれ少なかれ、洋楽ロックファンは同じはず。
去年のSonisphereなんかよりも桁違い。
歴史と伝統があるからね。

そして、Leedsという場所にも僕は思い入れがあるんですよ。
The Whoのライブアルバム『Live at Leeds』
名盤です。
The Whoが演ったLeedsでBABYMETALが!というだけで胸熱です。
The Whoはフェスじゃないけどね。

そのReading Fest. のメインステージに一番手と言えども日本の女子高生が立つんですよ。これを事件と言わずして何と言う!

今まで日本のアーティストで出演したことがあるのは、BOW WOW(VOW WOW)、コーネリアス、Crossfaithの3組のみ。
BABYMETALも1961年から続くReading Fest. (Reading Fest. の名称になったのは1971年から)の出演者リストに名を連ねることになったのです。

観に行きてー!!!!!!
屈強なブリテン野郎どもをSU-METALが鋭い眼差しで睨みつけ、YUIMETALとMOAMETALが殺人的な笑顔で懐柔する現場をこの目で観たい!体感したい!

でもなー、シカゴに行ったらもう余裕が無い…
ロンドンあたりで単独ライブもあるんだろうなって思うけど、やはり先立つ物がないとね。
それに、借金してでも行こうかなって思いつつも、例年、お盆休み明けから9月頭くらいまでは仕事が忙しくなるのでオフに出来ないし。

行ける人は一度しか無い「BABYMETALのReading Fest. 初出演」を思いっきり楽しんで来てください。

See you!!
posted by mamma at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | BABYMETAL

2015年04月19日

EU盤(CD+DVD)のBABYMETAL1stアルバムを買っても何も問題なかった

もす!mamma DEATH!

前回のエントリ「輸入盤BABYMETALがHMVオンラインショップに(DVD付きは注意が必要)」にヨーロッパのDVDは映像規格がPALだから日本で売ってる通常のDVDプレイヤだと再生できないよって書きました。
しかし、コメント欄で指摘していただきましたが、HMVオンラインショップに「※DVDはNTSC/リージョンALL(日本国内向けDVDプレーヤー等で再生可能)」という表記がありました。
前回のエントリを書くときに一応は確認したはずなんですが、見落としていたかもしれません。申し訳ありません。

DVDの映像規格がNTSCなので日本で売っている通常のDVDプレイヤでも再生できます。
安心して5枚でも10枚でも買って下さい。

See you!!
posted by mamma at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | BABYMETAL

2015年04月18日

輸入盤BABYMETALがHMVオンラインショップに(DVD付きは注意が必要)

[2015/4/19 17:31追記]
HMVのオンラインショップサイトに
※DVDはNTSC/リージョンALL(日本国内向けDVDプレーヤー等で再生可能)
の表記がありました。
EU盤のDVD付きを買っても日本でそのまま再生できます。
よって、以下のエントリはただのゴミ記事になりました。
コメント欄でご指摘して頂いたgooooooさん、ありがとうございます。
[追記ここまで]

もす!mamma DEATH!

BABYMETALがワールドツアーを控えてる中、海外レーベルと契約を結び1stアルバム「BABYMETAL」がヨーロッパとアメリカで正式にリリースが決定したのはみなさんご存知ですよね。
US盤は日本で既に発売されている「BABYMETAL」にボーナス・トラック2曲『Road of Resistance』と『ギミチョコ!』(Live at O2アカデミー)を加えたもの。
EU盤はUS盤と同様のバージョンとビデオクリップ6曲が入ったDVDを同梱したバージョンの2バージョン展開。
3種とも既にHMVのオンラインショップに並んでいました。
こうなると、「どうせなら」って事でEU盤のDVD付きが欲しくなるというのがファン心理というもの。
僕はマスタリングの違いを聴き比べたくてUS盤も欲しいですが…

DVD付きを買うときは注意が必要です。
ほとんどの日本で売っているDVDプレイヤにEU盤のDVDを入れても再生できません。
なぜなら、日本とヨーロッパでは、日本はNTSC、ヨーロッパはPAL、と映像の規格が違うのです。
PAL対応のDVDプレイヤを持っているのなら問題は無いのですが、通常の日本で売っているDVDプレイヤではPAL規格のDVDは再生できません。
PCで再生する分には、多分、問題なく見れるはずです。
テレビの大画面で見たいという場合は、PCのHDMIを出力をテレビに繋げばいいんじゃないかな?

ちなみに、アメリカと日本では映像規格は同じNTSCです。
「お!じゃあUS盤でDVDが出るのを待ってみるか」って思うじゃん?
しかし、DVDにはリージョンコードというのがあって、アメリカは1、日本は2です。
リージョンコードはプレイヤ(PCのDVDドライブ含む)に登録されています。PCで最初にDVDを再生するときに再生する地域の登録をしたと思いますが、それがプレイヤにリージョンコードを登録させる儀式だったのです。
プレイヤに登録されたリージョンコードと違うリージョンコードを持ったDVDは再生できない仕組みになっているので、映像規格が同じでもアメリカのDVDはPCでも再生できません。残念!
ヨーロッパは日本と同じ2だけど、前段に書いたように映像規格が違うからね。
BDはアメリカと日本は同じリージョンAなので問題なく再生できますが、ヨーロッパはリージョンBなのでダメです。
※PCのDVDドライブに登録されたリージョンは5回まで書き換えが可能ですがリージョンの違うDVDを見る度に書き換えるのは現実的ではないですよね。

というわけで、PCでのDVD再生環境が無い人がDVD付きのEU盤を買うときは見れないことを覚悟してね、というお話でした。
あ、「リージョンフリー」って書いてるプレイヤなら見れると思うよ。リージョンフリーなプレイヤの場合、NTSCでもPALでも再生できるようになってるはずだから。詳しくはプレイヤのカタログとかに書いてある仕様を読んで確認してね。

See you!!
posted by mamma at 00:24| Comment(2) | TrackBack(0) | BABYMETAL

2015年04月12日

ニコニコ超会議で自作BABYMETALステッカーを配布するよ

もす!mamma DEATH!

4/25に幕張メッセで開催されるニコニコ超会議内ボーカロイドオンリーイベント「超VOC@LOID M@STER31(超ボーマス)」の「生ぐーみん。」ブースで自作のBABYMETALステッカーを配布します。

ニコニコ超会議の詳細
超ボーマスの詳細
生ぐーみん。の詳細

「生ぐーみん。」のスペースは1日目(4/25)D13,14です。
VOCALOIDのメグッポイド(GUMI)を使用したコンピレーションアルバムを作って売ってるサークルですよ。
僕の作った曲が収録されたアルバムも売ってますよ。
そんなサークルですが、古参メンバーの特権を活かして自作のBABYMETALステッカーをスペースに寄ってくれた希望者にあげちゃいます。
MSY_icon.png
これが配布するステッカーのデザイン。現在、twitterのアイコンに使ってます。
僕が30年来好きなMichael Schenker Group(MSG)のロゴをモチーフに作りました。といっても、GをYに変えただけだけど…

超会議で余れば僕が参戦するBABYMETALのライブの時も配ろうかなと考えています。
今のところの参戦予定は
5/16 シカゴ House of Blues
5/24 METROCK2015
6/21 幕張メッセ 巨大天下一メタル武道会
です。

よろしくなのです。

See you!!
posted by mamma at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | BABYMETAL

2015年02月12日

BABYMETAL in House of Blues!

もす!
mamma DEATH!

BABYMETALの2015年のワールドツアー第一弾のスケジュールが発表されましたね。
なんか怒涛のスケジュールで凄いです。

5/9 Circo Volador/Mexico City, Mexico
5/12 Danforth Music Hall/Toronto, Canada
5/14 House of Blues/Chicago, USA
5/16 Rock on the Range Festival[Fes.]/Columbus, USA
5/29-31 DER RING - Grüne Hölle Rock[Fes.]/Nürburg, Germany
5/29-31 ROCKAVARIA[Fes.]/Munich, Germany
6/4-6 ROCK IN VIENNA[Fes.]/Vienna, Austria
6/21 幕張メッセ

日本からはどれくらいのメイトが参戦するんでしょうね。
ここに出てないけど、5/24には日本でやるフェス「METROCK」にも出演が決まってるし休む暇ないな。移動だけでも大変そうだ。
ゆいもあは高校に入学して直ぐなのに大変だ。新しい友だちを作る時間がないじゃないか。

このスケジュールで注目は5/14のシカゴ。
会場があのHouse of Blues(HOB)ですよ!
Blues Brothersファンの聖地とも言える場所です。
そんな場所でBABYMETALがライブをやるなんて、wktkするなって言う方が無理です。
そしてシカゴの街中にはいたるところにBlues Brothersゆかりのランドマークがある。
シカゴに行ったら会場のキャパは2000人弱で近くでライブを観れるしBlues Brothersの聖地巡りを出来るしで、一粒で二度美味しいというアーモンドグリコ状態。
「これは行くしかない!」とまでは思わなくて、「行きたいなー」くらいだったんだけど、昨晩、VIPチケットが先行発売ということで軽い気持ちでチケットサイトにアクセスしたらチケットがカートに入って買えちゃったので行くことになりました。

そんなわけでね、高校時代にニュージーランドに行って以来の海外になります。
「日本からアメリカに行くと出発した時刻より前の時刻に到着するのかー。へー」って、そんなレベルから始めるのでホテルの予約をするにも一苦労ですよ。
なんせ、地理がわからん。空港とHOBの位置関係、HOBの近くのホテルの検索などなど、ホテルの口コミサイトとGoogleMapを駆使してどうにかホテルだけは確保。
仕事のスケジュール調整とかやってないのに、そんな事だけは先に進めています。
パスポートもとっくに切れてるから取り直さないとですね。航空券の予約もしなくちゃいけないし。
ちょっと節制しよう。
あとは5月が忙しくならないことを祈るばかり。

そんなわけで、5月はシカゴのモッシュッシュピットでアメリカの荒れくれ野郎どもに揉まれてきます。
See you in House of Blues!!
posted by mamma at 00:29| Comment(1) | TrackBack(0) | BABYMETAL

2015年01月12日

新春キツネ祭りに参戦したよ

もす!
mamma DEATH!
2015年1月10日、さいたまスーパーアリーナで開催されたBABYMETAL新年一発目のライブ「新春キツネ祭り」に参戦しました。
結論から書くとね、
MOAMETAL最高DEATH!!


まずはいつも通り、物販待機列からの参加。
公式から物販は朝10時から開始と発表があった時、「早すぎね?徹夜組も出るな」とは思ったけど、流石に冬空の下で徹夜する気力もなく始発で行くことを決意。
9月の幕張の時にみたいに前日から近くのホテルに泊まるって事も考えたんだけど、9日まで約一週間の出張だったのでそれも諦め。

朝3時半に起きてシャワーを浴びてコロンを叩きBABYMETALライブの正装であるBABYMETAL Tシャツを着てその上にBABYMETALパーカーを着こんで戦闘準備は完了。
ちなみに、今回は昨年12月のSU-METAL聖誕祭Teeをセレクト。バックプリントでライブの日付が入ってるのっていいよね。「観てきたぜ!」ってアピールにもなるし。
10 - 1(1).jpg
背中にはBABYMETAL仕様のバックパックを装着。
そんなこんなで、普段はバスで行く駅への道をテクテクと歩いて行きます。
途中、飲み帰りで酔ってフラフラになって歩いている人とすれ違いながら…
普段だったら、僕がそっちの方なんだけどね。
始発に乗るなんて飲んで帰ってくる時くらいだし。

4時40分台の始発に乗って、いざ埼玉へ!
SSAに着くまで何人かメイトさんにエンカウントするかなって思ってたけど、皆さん巧妙に世を忍ぶ仮の姿に偽装しているのか、それと分かる人は見つからず。
さいたま新都心駅に着いたのは6時過ぎ。
IMG_20150110_060328.jpg
まだまだ閑散としてますね。
駅を出て右に曲がると、もうそこにはさいたまスーパーアリーナが!
IMG_20150110_064311.jpg
物販待機列を探すと先頭集団には寝袋に入って横になっている熟睡している人もちらほら。
噂の徹夜組ってやつですね。寒くなかったのかなー?
ここまで来る電車の中でTwitterで待機列の状況を調べてたんだけど、「300人並んでいる」とか「もう800人くらいいる」とか「なのは完売!」とか全然状況がわからん。こうどなじょうほうせん。
建物に沿う様に列ができていたので、とりあえず最後尾を探す旅に出ることに。
結局、SSAを半周くらい、Nゲートのあたりまで列ができていました。
7時に来る友達と並ぶことにしていたので、その間にコインロッカーと朝食の確保。
喫煙所でタバコを吸いながら待っている間にも駅から続々とSSAに向かう人ががががが…
友達が到着して並んだ時はSSAを3/4〜4/5周したくらいの位置でした。

待機中は特にイベントも無し。
寒かったくらいかな。
豊洲の時のように雨じゃなくて助かった。
途中でトイレや喫煙所に行った時にどこまで最後尾が伸びてるか見てみようと思ったけど、SSAを一周し終わって駅方面に伸び更に駅前を突っ切っているのを見た時点で諦めました。
Twitter情報で物販開始が9時半に前倒しになったとか未確認情報を見たけど、実際はどれくらいに始まったのかな?
始まってるなーって感じたのは9時45分くらいだった。
DSC_0047.JPG
今回はチケットを持っている人しか買えないし一限だしで、幕張の時の様に早めの売り切れ続出は無いだろうと思っていたけどプレミアム商品の「手摺り狐TEE」は徐々に売り切れになるサイズが出てくる模様。
長時間の待機ミッションをこなして買い物を出来たのが11時半位。
DSC_0048.JPG
DSC_0052.JPG
DSC_0051.JPG
そろそろ僕の番かなって時に在庫状況のボードを見たら「狐TEE」は残るはMサイズだけ。
なんとか買えました。
DSC_0053.JPG
僕が買ってから15分もしないうちにMサイズも売り切れたみたい。
「狐TEE」だけは極端に在庫が少なかったみたいだね。手摺りだもんね。さすがプレミアム!

買い物が終わってからはSNSのBABYMETAL仲間と集まって食事というかビールというかそんな感じをして、Google+で「SSAで会おうぜ!」って約束した来日するアメリカ人を写真だけで探しだして見事合流して国際交流を果たしたり、何かわからん「クールジャパン」とか冠の付いた全国物産展&コスプレイベントを覗いて開場まで時間を潰したりしてました。
てか、クールジャパンイベントの会場内の客の半分はメイトさんだったんじゃないか疑惑。殆どの人がBABYMETALグッズを身に着けていたような…

で、ようやくSSA内に入場。
今回はピットが外れてスタンドだったのでAゲートから入場。
ゲートを入って直ぐのロビーには贈られたお花が飾られています。
DSC_0054.JPG
こういうのってどういう基準で並び順を決めるのかわからないけど、入り口に一番近いトップはさくら学院校長。
DSC_0055.JPG
テレ玉HOT WAVEからのお花は面白いデザインしてる。
DSC_0056.JPG
DSC_0057.JPG
DSC_0059.JPG

お花の列が終わると、そこにはBABYBONEに護られた人力車が!
DSC_0060.JPG
この時は「何で人力車が?」って分からなかったんだけど、後でTwitterで知りました。
こういう事だったんですね。
2万円のプレミアムチケット当選者で、更に入場番号1番を引き当てた人への特典だそうです。
この列の中に、僕のフォロワーさんもいるようで羨ましい限りです。

会場に入るとピットの広さにビックリ!
上から会場を見渡せるスタンド席っていうのも良いものですね。
ステージ構成は予想していたセンターステージではなくエンドステージ。
ステージ後方にはゴシック調の建築物を模したセット。ステージ両翼に思いっきりな赤い太鼓橋。
そして、フロア中央辺りにポツンと浮島のように作られたTHE ONEエンブレムが描かれた正方形のステージ。しかし、メインステージから伸びる花道は無し。
ゆいもあが太鼓橋を渡ってスタンドの客を煽るんだろうなーとか、センターステージにはどうやって行くんだろうとか想像して、嫌でも期待が高まります。
客入れの場内SEはやはり海外メタルバンドの楽曲だし、BABYBONEがBABYMETALフラッグを持って場内を駆け巡り客を煽りまくる。否が応でも場内の熱気は高まります。
途中、DAMのコマーシャルビデオが何度か流れたのは興冷めだけど…

開演はちょっと押して18時15分くらいかな?
まずは2014年のメタルレジスタンスを紹介する紙芝居。ここでもう、僕はちょっとうるっときています。
そして、棺がステージ上方から降りてきてメンバー登場!
このままお約束の『BABYMETAL DEATH』に雪崩れ込むのかと思いきや、予想外の『メギツネ』から。
「新春キツネ祭り」だから『メギツネ』からスタートだろうと予想していたメイトさんも多かったみたいだけどね。

1.メギツネ
(僕にとっては)予想外のオープニング曲。
和な感じの衣装を羽織って厳かな感じ。
いきなりメインステージからセンターステージに渡る橋が上から降りてきてメンバー3人はセンターステージへ移動してパフォーマンス。
Bブロック一桁台を取れた友人曰く「せっかくほぼ最前をキープ出来てたと思ったのにいきなり3人が後ろに行って、俺は大村さんを観に来たのかと思った」
僕はスタンドから丁度良い感じで見れて満足です。
MOAMETALヤバイ

2.いいね
レーザー光線が縦横無尽に走る演出はいつも通り、というかスケールアップしてる?
途中のCDではブレイクビーツでラップパートになるところ、最近の「せい!ほー!」ではなくCD通りのラップが!
初めて生で聞けた!
「せい!ほー!」「「「ほー!」」」「えすえすえー!」「「「えすえすえー」」」からの「Put your KITSUNE up!」「きつねだお」ももちろん有り。
MOAMETALすごい

3.新曲
豊洲PITで初披露された『あわあわフィーバー』とか『Bubble Dreamer』とか言われている曲。
イントロのドラムンベースはやっぱりアガる。あれ、オケじゃなくて神バンドの演奏でやればいいのに。
豊洲ではステージがよく見えず「なんか腕で円作って可愛い振り付けだなー」ってくらいしか分からなかったけど、今回はちゃんと見れた。
3人が同じ振付で腕で円作って踊って凄く可愛い。SU-METALも可愛い振付で踊りながら歌うって珍しいな。
PVはよ!
MOAMETALかわいい

4.紅月 -アカツキ-
いつも以上にしっとりと、そして力強く歌うSU-METAL。
この曲を聴く度にSU-METALが日々進化してるって実感できる。
MOAMETALいない

5.おねだり大作戦
この曲は以前からステージがちゃんと見れるところで観たかった。
ふたりがちょこまか動いて楽しくなりそうだし。
今回はそれが実現。
もうね、何でも買っちゃうよね。
MOAMETALのお嫁さんになるんだ

6.Catch me if you can
神バンドのソロ合戦からスタート。
この辺からバンドのモニターの調子が良くないんじゃね?って感じだす。
なんかリズムが揺れてるしミストーンっぽい感じも目立ちだす。
豊洲PITでやったBOH神のスラップソロは更にブラッシュアップされてて格好いい。
豊洲PIT後のニコ生ではBPMがスラップに合わないって言っていたのに流石だ。
3人の振付は広いステージを有効に使ったものにグレードアップされてた。
しかし、もあはすぅの股くぐりをせずにとっておきの場所を発見できたのだろうか?
MOAMETAL隠れてない

7.ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト
キンキラリーン!
初っ端の「キンキラリーン!」からSU-METALが「Say!」って叫んで客を煽りまくる。
豊洲PITの時も『ド・キ・ド・キ★モーニング』でやってたけど、その時はなんかぎこちなかった。
今回は上手く嵌って盛り上がりも一段とアップ!
MOAMETALキラキラ

8.4の歌
『ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト』でSU-METALが煽ったと思ったら、今度はYUIMETALとMOAMETALが煽りまくる。
ゆいもあがメインステージ、センターステージを駆け巡り「もっと声出せるよね!」「全然足りないよ!」と煽り、客は「よんよんっ!」と叫ぶ。
中学生に煽られて浮かれまくるおっさん…どうしようもねえな……
MOAMETAL天使

-神バンドインスト-
CMIYC前奏と同様に神バンドのソロ合戦。
大神様、leda神様も凄いけど、やはりベース弾きとしてはBOH神様のプレイに眼と耳が惹かれる。
僕はタッピングはやらないけどね。あんだけ弾けたら楽しいだろうなー

9.悪夢の輪舞曲
いつも思うけど、この難しい曲を歌い上げるSU-METALはやっぱい凄い。
しかも今回はバンドの出音が「ん?」って感じだったので尚更そう思う。
メインステージからセンターステージへ渡る橋がSU-METALを乗せたまま上昇して上空で歌うSU-METALが凛々しすぎた。
MOAMETALいない(2回目)

10.ヘドバンギャー!!
中盤でゆいもあが太鼓橋を渡った両端に別れてバズーカーを持ってスモーク噴射!
あ!これBDで見たやつだ!
しかし、SSAは広すぎたのか僕の席がステージから遠かったのか、もしくはその両方か、BDで見るよりは迫力が感じられんかったなー
でも、ゆいもあが楽しそうにバズーカを振り回しているのを見れて幸せ。
MOAMETALもくもく

11.ギミチョコ!!
外国人メイトさんも大好きなこの曲。
中盤のコール&レスポンスも大盛り上がり。
ピットの一部で「プリーーーーーズ!」のところでWODが発生しているのが見れた。
ただやっぱりバンドの出音がおかしい。大神様のギターの音が完全にずれているような…ちょっとアレンジ変わった?って思ったけど、1フレットほどズレて弾いているんじゃないかってくらい音が合って無くてちょっと気持ち悪かった。
MOAMETAずっきゅん

12.イジメ、ダメ、ゼッタイ
本編ラストはBABYMETALの定番曲。
最初の紙芝居は海外公演バージョン。
PITではそこら中に空間が広がっていく。
SU-METALのシャウトと共に一瞬で空間はカオスに。
上から見てるとあれは圧巻だね。
「可愛いベビメタちゃん」のライブを観に来た初見さんはビックリしたんじゃないだろうか。
MOAMETALカッコイイ

E1.BABYMETA DEATH
アンコールのコールは皆が海外のFANCAMを見て覚えた「We want more!」
そしてパイプオルガンのイントロが始まると会場のボルテージは最高潮に。
1曲目にこなかったからラストかな?でもラストはアレだろうしなーなんて思ってたら、ここにツッコんできたかって感じ。
「DEATH!DEATH!DEATH!DEATH!」で飛び跳ねまくり。
MOAMETALでふ!

E2.ド・キ・ド・キ★モーニング
激しいの後は可愛い。
BABYMETALはこのギャップが堪らない。
いつも人の背中や頭で見れなかった寝転がりからWake upも見れたし満足。
MOAMETALおはよう

E3.Road of resistance
やはりラストはこの曲。
戦国WODの紙芝居から始まり、3人がBABYMETALフラッグを持って登場。
SU-METALがフラッグを後ろに投げる仕草が格好いい。痺れたね、あれは。
ちなみに、あの紙芝居の元ネタは20年以上前の深夜番組「カノッサの屈辱」じゃないかな。
これからのBABYMETALのアンセムになると思われる曲だね。
PITでは本日最大のWODが発生。
Bブロックは等に凄くてブロックの仕切り柵いっぱいまで広がってた。あれじゃ、WODに参加したくない人は逃げ場が無いんじゃないかな?
「Woh Woh Woh」のシンガロングパートではバンドの音が消えた時から客の歌が走ったのか、バンドの音が戻る手前でSU-METALの修正が入る。
とにかく疾走感のある格好いい曲。今度はPITでWODに参加して聴きたい。
MOAMETALカッコイイ(2回目)

「See you!」で3人が去った後の紙芝居では、5月の米国フェス参加、ワールドツアー決定、6月に幕張メッセ展示ホールでAll mosh'sh pitのライブ決定の告知がされる。
期待が膨らみますね。やだドキドキ止まらない。
しかし、メッセでオールスタンディングだと、殆どの人がステージを見れないだろうな…
お子様も危険だから無理っぽい?

今回のライブは紙芝居が殆ど無く疾走感あふれる構成でした。
3人の客煽りもロックなライブぽくて、今までのような演劇的な要素を感じる場面は少なかったような気がします。
音も今まで見た3回のライブの中で一番爆音でバスドラムのアタックもズンズン響いてくる感じが最高でした。
会場を見渡せるスタンド席で演出もちゃんと見れたしとても楽しめました。
しかし、それだけにバンドの出音がおかしかったのが勿体無い。この辺りは次に期待!ということで。

長くなったけど、まとめると
MOAMETAL最高DEATH!!
posted by mamma at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | BABYMETAL

2014年12月21日

SU-METAL聖誕祭に参戦したよ

もす!
mamma DEATH!!

豊洲ピットで開催されたBABYMETALのSU-METAL聖誕祭ライブに行ってきました。
キャパ3000人ちょっとのオールスタンディングの箱。
今の勢いだと、この先、ファンクラブ限定でもこの規模の箱でライブをやることは無いだろうなー
来年の1月にはさいたまスーパーアリーナですからね。
その先はスタジアム?

てなことで、歴史的ライブになるだろうという期待を胸に会場に着いたのは午前11時。
開場は17時半だけど、限定Tシャツを確実に買うために物販列に早めに並びたかったからね。
物販開始時間は15時半で、同じように開始時間4時間ちょっと前に行った幕張の時よりはまだ並んでる人は少なかったですね。
まあ、買える人は3000人ちょっとしかいないしね。それに、ひとり1アイテムにつき1つって縛りもあったし。
並んでる最中はSNSの知り合いとBABYMETALトークで盛り上がったり。
そんなこんなで物販は雨が降ってきたせいか、予定時間より15分ほど早く開始。
ちゃんと欲しい物も頼まれ物も買えました。
今回は売り切れはあったのかな?

今回のライブは通常の紙のチケットではなく、WEBに表示されるQRコードと事前にチケット販売サイトに登録した顔写真による顔認証システムが導入されました。
これのお陰で入場に時間かかってライブは大幅押しでスタート。
だって、3000人ちょっとの入場者で、僕の整理番号1100番台の後半が入場できたのが18時くらい。スケジュールは17時半開場18時半開演。どう考えたって予定通りは無理なのは明らか。
今回初めて導入した顔認証システムで時間を食ったね。
早い人で10秒くらい、認証に時間がかかるときは1分くらいかかってたり。
単純に計算して3000人を1時間で捌くにはひとりあたり1.2秒。
実際には認証システムを複数台使ってて、ちゃんと確認してないけど5台くらいだったかな?
5台として計算してもひとりあたり6秒、10台でも12秒。
最初から時間通りに客を全部入れるのは無理ってわからないかなー

そんなこんなで20分くらい押して客電が落ちて紙芝居が始まったと思ったら15分くらい(?)欧米ツアーのダイジェスト映像が延々と流れる。
それなりに会場は盛り上がったけど長すぎかなー

ライブ1曲目はオープニング定番の『BABYMETAL DEATH』
焦らされてやっと始まったのでフロアは大盛り上がり。
今回は僕がいたブロックは圧縮はなかったけど、前の方のブロックはあったみたい。

聖誕祭定番のカバー曲は何かなって楽しみしてたんだけど、あれは新曲だったのかな?
周りも「これ新曲?カバー?」ってポカーンとしている人が結構いた。
でも、曲に合わせてコールしている人もそれなりにいたのでカバーだったのかな?
曲前に紙芝居があれば、何かしらわかったと思うけどね。今回は無かったから。
まあ、そのうち判明するでしょう。

サプライズはSU-METALを加えての『おねだり大作戦』
最初にSU-METALが「Yo! Yo! SU-METAL in the house!」って言いながら登場って、どこのHip-HopグループのMCだよって感じ。
びっくりしましたよ。はい。
ただ、すぅさんラップがあまり上手くない模様…。ちょっとリズムに乗り切れてない感じ。

初めて行く箱なので音響は気になっていました。
最初の3曲くらいは極度なドンシャリで箱の特性かなって思ったけど、SU-METALのマイクが思いっきりローをカットしてハイを持ち上げた感じなのでバンドの低域を前に出すためだったのかな。
耳に痛いほどハイが強かった。ちょっと高域が歪んでもいたし。
そのあと、ガラッと音が変わってバランスが良くなって聴きやすくなったけど。

豊洲ピットのフロアがどうなってるのかは事前に色々調べてて、どうやら柵が定間隔であるらしい、WODはできるんかいな?って感じで、中にはいったら案の定、柵があったんだけど、小さいながらもモッシュもWODもクラウドサーフも起きていたのでメイトさんは流石だと思いました。
今回、ステージをちゃんと見たかったので僕はモッシュにもWODにも参加しませんでしたけどね。
場所取りを失敗してあまりちゃんと見れなかったけど…

ライブ自体は曲間の紙芝居もアンコールも無しで『THE ONE』であっさり終わっちゃった。
「ウォーウォウォー」ってシンガロングで盛り上がったんだけどなー
『IDZ』も『4のうた』も『いいね』も『メギツネ』も『君とアニメが見たい』も無し。
終了のアナウンスが流れた時に時計を見たら20時前。
「あー、ゆいもあがまだ15歳だから20時以降はできんもんなー」って理解したけど、とりあえずフロアに残ってアンコールを求めてみた。
終わらなきゃいけない時間が決まっているのなら、開演時間を早くするとか押しが決まった時点で最初のダイジェスト映像を削るとか方法はあったはずなんだけどなー
なんで開演が押すってわかった段階で曲を削る方向でいったんだろう…?
ゆいもあが来年16歳になれば、こういう事もないと思いたいな。
色んな意味で歴史的ライブになりましたね。

長くなったけど、何が言いたいかって言うと、MOAMETAL最高DEATH!

See You!!
posted by mamma at 02:50| Comment(0) | TrackBack(0) | BABYMETAL