2019年12月20日

mstdn.beerのみんなにBABYMETALの魅力を伝える試み

これはmstdn.beer Advent Calendar 2019の12/20の記事です。
そういえば去年も12/20だった。
SU-METALの誕生日だからね。

ということで、今回はビア鯖の皆さんにBABYMETALの魅力ついて知ってもらうと趣旨で無理やりなことを書きます。


BABYMETALは赤星
皆さんはビールが好きですか?好きですよね。ビア鯖にいるんだから。
ひとくちにビールと言っても色々あります。
日本全国どこでも飲めるアサヒスーパードライとかその地域でしか飲めないご当地ビールとか。
BABYMETALを日本のビールに例えるとしたら何か?
それは、サッポロラガービール、通称「赤星」です。
img_beer.png

通なビール好きならだいたい好きな赤星。8割以上のビア鯖のユーザがNo.1ビールに挙げる(羊羹音楽工房調べ)赤星。
かくいう僕も一番好きなビールでしてね。

そんな赤星とBABYMETALの共通点とは?

ビール通に好まれているにも関わらず赤星はスーパードライと違って置いている飲食店が極端に少ないのです。
コンビニやスーパー等でもあまり置いていない。
赤星を飲むには自分の足を使って探すしかないのです。
BABYMETALも同様にファンは世界中にたくさんいるのにテレビや雑誌といったマスメディアへの露出はほとんどなく、またTwitter、Facebook、LINEといったSNSに公式アカウントはありますがライブの告知程度にしか使われていません。
RedditやDISCODEのようなファンコミュニティで能動的に情報を集めるしかありません。
本当か嘘か知りませんが、サッポロは赤星の販路拡大を敢えて抑えているとも聞いています。BABYMETALの運営チームも敢えてテレビの音楽番組への出演や雑誌のインタビューなどのマスメディアへの露出を抑えていると思われます。

まがいもの上等!
数年前にピーター・バラカン氏がBABYMETALのことを「まがいもの」と発言し、BABYMETALファンコミュティの中で大荒れになったことがあります。
また、BABYMETALについてヘヴィメタルファンから「あんなものはメタルじゃねえ!」などという否定的な意見も昔から聞かれます。
ここで日本のビールの定義について考えてみましょう。
日本では酒税法で
・麦芽、ホップ及び水を原料として発酵させたもの
または
・麦芽、ホップ、水及び麦、米等の特定の副原料を使用して発酵させたもので麦芽の使用割合が約67%以上のもの
をビールとしています。
ビールの副原料として認められているものは米、とうもろこし、こうりやん、ばれいしよ、でんぷん、糖類、カラメルです。
この条件に合わないものは日本の酒税法的には発泡酒となります。主にビールに使えない副原料を使用しているために発泡酒に分類される事が多いですね。
一方、海外では日本の定義ではビールにならず発泡酒となってしまうものもビールに分類されることが少なくないです。
ベルギービールなんかは有名ですね。
ビールだろうが発泡酒だろうが、それは単にカテゴライズだけの話で美味しいものは美味しいんです。
メタルじゃなかろうがまがいものだろうがヘヴィでラウドな音楽にポップなメロディとキュートなダンスの副原料が含まれてたって良いものは良いんです。最愛ちゃんかわいいし。
余談ですが、僕は「ふざけたことを真剣にやるBABYMETALが最高にクール」だと思っているので、ピーター・バラカン氏の「まがいもの」発言は特に頭にも来ず「まがいものですけど、それがなにか?」って感じでした。


ビア鯖の皆さんにBABYMETALの魅力が少しでも伝わったでしょうか。
多分、明日からみんなメイトさん(BABYMETALファンのこと)になっていますね。
BABYMETALに興味がわきましたら、僕が運営しているBABYMETALファンインスタンスbabymetal.partyもどうかよろしくお願いします。

最後に一言だけ。
最愛ちゃんかわいい

明日のアドベントカレンダーはお姉ちゃんHUSHさんです。
去年もそうだったなー


posted by mamma at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186936839

この記事へのトラックバック