2015年09月15日

BABYMETALフランクフルト公演に行ってきたよ(その1)

もす!mamma DEATH!
8/26に行われたBABYMETAL WORLD TOUR 2015のドイツ公演に行ってきました。
人生初の欧州上陸です。

出発は8/24午後5時過ぎ。
空港で買い物とかしたかったのでちょっと早めに家を出ました。
家の最寄り駅からちょこっと電車に乗ってそこからバスで羽田空港へ。楽なもんです。

空港に着いたら予約していた海外で使うモバイルwi-fiを受け取って円からユーロへの両替。
どこが安いかな?っていくつか見て回ったんだけど、最初に見たとこがえらく高い…
DSC_0042.JPG

145円って…
結局、こっちの銀行で両替。
DSC_0043.JPG

その後は空港をぶらぶらして食事したり現地のメイトさんへのお土産を買ったり「しろたん」を愛でたり。
DSC_0044.JPG
しろたんは羽田空港のマスコットなだけあって、専門ショップがあるんですね。
最愛ちゃんファンとして、買うか買わざるか10分ほど迷ったんだけど、結局買わず。
ライブ中に最前でしろたんを振ったら最愛ちゃんが反応してくれるかな?なんて邪な考えはありました。

チェックインが開始されたくらいにカウンターに向かっていると、今回一緒に行くGoogle+のお仲間に遭遇。
チェックインカウンターは混んでいたけど、僕は事前にWEBチェックインを済ませていたのですんなりと荷物を預けて搭乗券を受け取れました。
でまあ、出国して免税店覗いたりビールのんだりして搭乗開始まで時間つぶし。
DSC_0045.JPG
搭乗が始まったので列に並ぶと、すぐ前にメイトさん3人組のグループがいました。
「これからよろしく」ということでご挨拶。
今回使った航空会社はカタール航空。
DSC_0046.JPG
安かったからねー
東京-フランクフルト/ロンドン-東京の周遊チケットがJALだと16〜20万円くらいするのに、カタール航空だと8万9千円くらいでした。
そのかわり、ドーハでトランジットするので時間はかかるのですが…
羽田を深夜0時30分に出発して8時間掛けてドーハへ。
DSC_0047.JPGDSC_0048.JPG
飛行機を降りたら蒸し暑い。
現地時間午前5時半だけど、34〜5度はあった。
沖止めだったのでバスでターミナルに向かいます。
DSC_0050.JPG
バスを降りてからは案内表示にしたがって歩いていけば簡単に搭乗ターミナルまで行けます。
DSC_0054.JPG
DSC_0056.JPG

ドーハ空港は最近出来たばかりらしく、とても綺麗。
空港内の無料のwi-fiも早くて快適です。
DSC_0059.JPG

フランクフルト行きの飛行機の搭乗口で先ほどの3人組と合流。
他にもメイトさんがいるかな?と思ったけど、それらしき人は見当たらずでした。

フランクフルトまで行く飛行機はA350。羽田からドーハまでのB787より広くて快適でした。
何故か天井の照明がピンクだし。
DSC_0061.JPG
快適ではあったんだけど搭乗時にちょっとしたトラブルが。
飛行機の中に入って搭乗券に書いてある座席に行くと、既に女性が座ってるんですわ。
で、搭乗券を見せて「ここ、僕の席だよ」って事を言うと「私は他の人から交換してもらったからわからない」なんて言い出すし。
僕はほぼ英語が話せず、相手も中東系らしくてあまり英語は得意じゃないみたいでなかなかコミュニケーションが取れない。
仕方なくCAに「僕の席に違う人が座ってる」って事を伝えてなんやかんややってたら、その女性に席を譲ったという人が本来座るべき座席に座ることになりました。
結果的に3列シートの真ん中の座席に人がいないという席で快適だったので良かったのですがね。

フランクフルトまで8時間半程のフライト。
ここで寝てしまうと時差ボケの罠にはまるので映画を見たり遅い機内wi-fiで頑張ってネットを見たりしてました。
映画は『ビートル・ジュース』を見たかな。懐かしかった。ウィノナ・ライダーかわいい。

で、フランクフルト到着。現地時間は午後15時半位。
入国審査も税関も難なくパスしました。
ドイツの税関は厳しいって聞いてたけど、何にもなかった。
同じ飛行機だった人達とはホテルが違うので「明日、現場で」とここで一旦解散。
僕はとりあえず外に出て一服。
DSC_0072.JPG
最初にドイツで見た自動車の広告がKIA(起亜自動車)という「なんだかな」感。
どうせならメルセデスやBMWの看板に迎えて欲しかった。
後でわかった事だけど、ヨーロッパってヒュンダイやKIAといった韓国メーカの自動車が結構走ってる。
コンパクトで安いからなのかな?

空港で別の便で来る同じホテルに泊まる人と合流して電車でホテルに向かいます。
フランクフルトの路線図はこんな感じ。
DSC_0074.JPG

空港駅からフランクフルト中央駅まではSバーンで。そこからホテルの最寄り駅まではUバーンで向かいます。
DSC_0076.JPG
「フランクフルトカード」というのを買うとフランクフルト市内の公共交通機関が乗り放題になります。
1日券が€9.9、2日券が€14.5。
僕は翌日も使うので2日券を買いました。

路線図を見ると中央駅からホテルの最寄り駅までU4一本で行けるのでU4で行くことにしたのですが、ホームに行って案内板を見ても途中止まりばかり。
「終点でその先に行く電車に乗れるだろう」と思って、U4に乗ったのですがそれが間違い。
終点の駅でいくら待ってもその先に行く電車は来ないし電光掲示板にはドイツ語で読めないけど「7/26〜8/26はなんたらかんたら」って表示される。
「これは工事かなんかで運休してるかな?」って事で、一旦駅を出て対応策を考えることに。
タクシーがあればタクシーを拾ってホテルまで行こうとも思ったけど、なんか思いっきり住宅街でタクシーなんて通りそうもない。
最寄り駅に行くもう一つの路線であるU7の近くの駅をGoogleMapsで調べると1kmほどの距離にあるっぽいので、そこまで歩いて行くことに。
思いがけず、フランクフルトの町並みを眺めながら散歩することが出来ました。

なんとかホテルに到着。
DSC_0079.JPG
このホテルは明日のライブ会場から電車で2駅。歩いても15分位という好立地です。
事前に情報交換をしていた人の多くがここに宿泊することになりました。
ロビーに入ると有名なあの人やあの人が。
DSC_0078.JPG
一泊7千円ちょっと。広いし綺麗だし、シカゴの馬鹿高いホテルとは比べ物にならない。

荷物を置いてシャワーを浴びてからロビーに行くと、続々とメイトが集まってくる。
イギリスからの参戦組も。
ここでシカゴの待機列で先頭だったポールと再会しました。

日本人メイト8人くらいで中央駅付近で食事でもしようということで、電車に乗って中央駅に向かいます。
DSC_0081.JPG
DSC_0082.JPG
DSC_0085.JPG
なんかもう「ヨーロッパ!」って感じの駅。
DSC_0089.JPG
DSC_0092.JPG
町並みも「ヨーロッパ!」って感じ。
お店を探して駅周辺をウロウロ。
「フランクフルトに来たんだしビール&ソーセージだよね」って事でそんな感じの店を探すんだけど、どこが良いのかわからない。
意味もなくぐるなびを見たりね。
1時間近く歩きまわったけど、結局どこが良いのかわからないので表のメニューを見て適当に選んで入店。
DSC_0098.JPG
そして乾杯!
ドイツビール美味しいです。
DSC_0099.JPG
ソーセージも美味しいです。
店に入ってから気付いたけど、この店、オーストラリアレストランだった…
DSC_0096.JPG

でね、この時、ちょっといいことがあって、一気にドイツが好きになりました。
詳しいことはここに書けないので、どこかで直接会った時にでも話します。

食事を終えてホテルに戻ると、他のグループも食事から戻ってロビーでまったりしていたりバーでビールを買って飲んでいたり。
イギリス人メイトグループもホテルに帰ってきました。
DSC_010b.jpg
こんなタオルを持っていたり、やっぱり海外メイトは父兄さんです。
DSC_0103.JPG
ホテルに戻ってきたのが23時位だったんだけど、なんやかんやこのイギリス人たちと、ホテルの人に「静かにして下さい」って注意されたりしながら盛り上がって1時半位まで語り明かしてました。
解散してから酔った勢いで会場に並びに行ったビールさんというツワモノがいたことを報告して、このエントリを〆させていただきます。
次回はライブ当日のレポを。

See you!!

posted by mamma at 00:55| Comment(2) | TrackBack(0) | BABYMETAL
この記事へのコメント
おつかれさまっす。ほんと旅情豊っす
韓国車はやっぱアレですね欧韓FTAが2011年から発効してるようですのでそれかと。あとはキアは社長が元アウディーデザイナーのドイツ人ですね。で、キアはヒュンダイ傘下ですね。
Posted by なぞメタル at 2015年09月16日 01:01
> なぞメタルさん
ドイツ楽しかったです。
BABYMETALに嵌ってから色んな経験ができて楽しいです。
韓国車が多いのはそういう事情もあるんですね。
ヒュンダイは日本から撤退しているのでアジア市場が減った分、欧州に軸足を持って行っているのかな。
Posted by mamma at 2015年09月17日 23:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/163611872

この記事へのトラックバック