2015年04月18日

輸入盤BABYMETALがHMVオンラインショップに(DVD付きは注意が必要)

[2015/4/19 17:31追記]
HMVのオンラインショップサイトに
※DVDはNTSC/リージョンALL(日本国内向けDVDプレーヤー等で再生可能)
の表記がありました。
EU盤のDVD付きを買っても日本でそのまま再生できます。
よって、以下のエントリはただのゴミ記事になりました。
コメント欄でご指摘して頂いたgooooooさん、ありがとうございます。
[追記ここまで]

もす!mamma DEATH!

BABYMETALがワールドツアーを控えてる中、海外レーベルと契約を結び1stアルバム「BABYMETAL」がヨーロッパとアメリカで正式にリリースが決定したのはみなさんご存知ですよね。
US盤は日本で既に発売されている「BABYMETAL」にボーナス・トラック2曲『Road of Resistance』と『ギミチョコ!』(Live at O2アカデミー)を加えたもの。
EU盤はUS盤と同様のバージョンとビデオクリップ6曲が入ったDVDを同梱したバージョンの2バージョン展開。
3種とも既にHMVのオンラインショップに並んでいました。
こうなると、「どうせなら」って事でEU盤のDVD付きが欲しくなるというのがファン心理というもの。
僕はマスタリングの違いを聴き比べたくてUS盤も欲しいですが…

DVD付きを買うときは注意が必要です。
ほとんどの日本で売っているDVDプレイヤにEU盤のDVDを入れても再生できません。
なぜなら、日本とヨーロッパでは、日本はNTSC、ヨーロッパはPAL、と映像の規格が違うのです。
PAL対応のDVDプレイヤを持っているのなら問題は無いのですが、通常の日本で売っているDVDプレイヤではPAL規格のDVDは再生できません。
PCで再生する分には、多分、問題なく見れるはずです。
テレビの大画面で見たいという場合は、PCのHDMIを出力をテレビに繋げばいいんじゃないかな?

ちなみに、アメリカと日本では映像規格は同じNTSCです。
「お!じゃあUS盤でDVDが出るのを待ってみるか」って思うじゃん?
しかし、DVDにはリージョンコードというのがあって、アメリカは1、日本は2です。
リージョンコードはプレイヤ(PCのDVDドライブ含む)に登録されています。PCで最初にDVDを再生するときに再生する地域の登録をしたと思いますが、それがプレイヤにリージョンコードを登録させる儀式だったのです。
プレイヤに登録されたリージョンコードと違うリージョンコードを持ったDVDは再生できない仕組みになっているので、映像規格が同じでもアメリカのDVDはPCでも再生できません。残念!
ヨーロッパは日本と同じ2だけど、前段に書いたように映像規格が違うからね。
BDはアメリカと日本は同じリージョンAなので問題なく再生できますが、ヨーロッパはリージョンBなのでダメです。
※PCのDVDドライブに登録されたリージョンは5回まで書き換えが可能ですがリージョンの違うDVDを見る度に書き換えるのは現実的ではないですよね。

というわけで、PCでのDVD再生環境が無い人がDVD付きのEU盤を買うときは見れないことを覚悟してね、というお話でした。
あ、「リージョンフリー」って書いてるプレイヤなら見れると思うよ。リージョンフリーなプレイヤの場合、NTSCでもPALでも再生できるようになってるはずだから。詳しくはプレイヤのカタログとかに書いてある仕様を読んで確認してね。

See you!!
posted by mamma at 00:24| Comment(2) | TrackBack(0) | BABYMETAL
この記事へのコメント
Posted by goooooo at 2015年04月19日 17:22
> gooooooさん

コメントありがとうございます。
いまHMVのサイトで確認しました。
レビュー欄に
 ※DVDはNTSC/リージョンALL(日本国内向けDVDプレーヤー等で再生可能)
と書いてありますね。
このエントリを書いた時にも確認したんだけど見落としたかなー
早急に訂正記事をアップします。
Posted by mamma at 2015年04月19日 17:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/120438201

この記事へのトラックバック