2014年10月06日

BABYMETALはメタル界のリン・ミンメイか?

もす!mamma DEATH!

快進撃が止まらないBABYMETAL。
1月のさいたまスーパーアリーナでの「新春キツネ祭り」のスペシャルチケットが2万円ですよ。
人気が出てきてると思ってアミューズさんも強気できましたね。
もちろん申し込みましたがね。
当落結果の発表は今週水曜日です。

そんなこんなでね、最近、ふと思いついたことがあるんですよ。
「メタラーにとってのBABYMETALってマクロスのゼントラーディ(ゼントラン)にとってのリン・ミンメイじゃね?」
って。
マクロスっていってもGUMIの中の人が演じて「キラッ☆」とか言ってたやつじゃないですよ。
「俺の歌を聴けー!」ってやたら熱い男が喚いてるやつでもないですよ。
1982年にテレビ放送したやつです。つまり、今のメタルおっさん世代ドンピシャなアレです。

そのマクロスですが、凄く端折ってテキトーに書くと、敵側である宇宙人「ゼントラーディ人」のスパイがマクロスの歌姫リン・ミンメイを見て、わけもわからず嵌ってしまうのです。
マクロス知らない人のために書くと、マクロスってのはでっかい宇宙船で地球がダメダメになっちゃったので一般人の避難民が大量に乗ってて宇宙船の中の街を築くちゃって普通に生活してるんです。
そして、スパイが自分たちの船に戻って仲間にミンメイの素晴らしさを伝えていき、ゼントラーディの中にミンメイファンが増えていくんですね。
でも、なんでみんなミンメイが好きなのか自分でもよく分からない。分からないけど嵌ってしまう。
これって、頭では拒否しつつも何故か嵌ってしまった数多のメタルヘッズと同じではないだろうかって思ったんですよね。
あと、ミンメイが好きな事を知られて「おたくロリコン?」って言われるとことか。
で、BABYMETALはメタル界のリン・ミンメイだ!と。

リン・ミンメイは「文化」を忘れたゼントラーディに文化を思い出させ、歌によって戦争を終わらせた存在。
では、BABYMETALはメタル界に何をもたらすのか。
メタルレジスタンスはまだまだ道半ば。
歌姫SU-METALと二人の妖精YUIMETAL、MOAMETALが何を成し遂げるのか、我々はそれを見届けようではないか。

あ、マクロス繋がりでひとつ。
以前、GUMIで劇場版「愛・おぼえていますか」の主題歌「愛・おぼえていますか」をカバーしています。
よかったら聴いてね。
メタルじゃないよ。

See You!!
タグ:BABYMETAL
posted by mamma at 22:26| Comment(3) | TrackBack(0) | BABYMETAL
この記事へのコメント
海外勢の初見の困惑っぷりなんてまさに「ヤ、ヤックデカルチャー!」に見えますもんね。
さらに言えばその後ゼントラーディの間でも、文化サイコー!派とあくまで自分達は戦闘種族派で意見が分かれるのも似ているというか。
正に「カルチャーショック」が起きたんでしょうね。
Posted by お寿司 at 2014年10月06日 22:51
>お寿司さん
そうそう!redditなんかを見てると困惑しているゼントラーディと重なるのです。

>文化サイコー!派とあくまで自分達は戦闘種族派で意見が分かれるのも似ているというか

あー、確かに!
「こんなのはメタルじゃねえ!」とか言いながら気になってるあたりも。
Posted by mamma at 2014年10月09日 23:38
ほんとその通り!
ドンピシャ世代のおっさんです。
ゼントラーディの気持ちが今わかりました。
Posted by あきお at 2016年10月01日 22:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104271629

この記事へのトラックバック