2014年09月15日

BABYMETAL幕張凱旋公演に参戦したよ

もす!
mamma DEATH!
毎度のBABYMETALネタです。
VOCALOID活動用のブログなのにおかしいですね。

9/13に幕張メッセで行われたBABYMETAL WORLD TOUR 2014の日本公演1日目に行ってきました。
BABYMETALライブ初参戦DEATH
というか、大箱でのライブが久しぶり。

まずは物販から参戦です。
家からメッセまで2時間半くらいかかるし、そうなると早起きしなきゃなのでメッセ近くのホテルに前泊したんですけどね。
1410528915797.jpg
前日夜の会場入り口。
もちろん、誰もいません。

1410529033864.jpg
こちらは前日夜の物販会場。
こっちもまだ誰も並んでいません。

1410560095572.jpg
でもって、当日朝にホテルの部屋からメッセを見てみた。

朝8時過ぎくらいに既に物販の列が出来始めているという情報をGoogle+で得たので、僕も準備して会場に向かいました。
着いたのが9時前くらい。
1410565953424.jpg
その時の物販待機列はまだこんな感じでした。
200人もいないくらいかな?
ここに並んで、僕の長い一日が始まりました。

コンサートやライブで物販の列に並んだのって初めてなんですよ。
HR/HMのライブって物販はあるけど、並ばなきゃ買えないって事も殆ど無いし。
twitterやGoogle+でアイドル系のライブに行く人が物販のために早い時間から会場に行くってpostをちょくちょく見ていたので、Google+のBABYMETALコミュニティで今までの物販の状況を訊ねてみたら結構な列が出来るということで、予測もつかないし早めに行っておこうって感じだったんです。
これは正解でしたね。

1410572794834.jpg
並び始めてから約2時間後の物販待機列の様子。
だいぶ人が増えてきています。
ちなみに、物販の開始は13時です。まだ2時間もあります。
これがこの後も複雑な折れ方をしながら伸び続け、最終的には1500人とも2000人ともみられる列が出来ていました。

物販は若干の遅れはあったものの、ほぼ定刻通りにスタート。
数十人ごとに区切って販売ブースに並ばせるスタイルでした。
ブースは10くらいあったかな?
僕は4ターン目くらいで入れました。
で、とにかくTシャツとか小物とか欲しい物を片っ端から注文。缶バッジセットは最後の1セットをゲット出来てしまうという幸運。
てか、在庫少すぎじゃね?

そんなこんなで買い物を済ませて、まだ並んでいる知り合いが買い物を済ませるのを待ちつつ展示場2階のカフェテリアで一息つきました。
1410584657738.jpg
4時間以上炎天下で並んだのでビール(゚д゚)ウマー

カフェテリアは丁度物販会場の真上にあったので、物販列が見渡せます。
1410584612773.jpg
とりあえず、HR/HMのコンサートじゃお目にかかれない光景です。

カフェテリアには物販を済ませたモッシュメイト(BABYMETALファンの事はこう呼ぶ)が続々と入ってきます。
みんなBABYMETALのTシャツを着ているのでひと目で分かります。
てか、BABYMETALのTシャツは黒地が多いので、カフェテリアは黒に侵食されていきます。

そんなこんなしているうちに買い物を済ませた知り合いや物販を諦めた知り合いが集まってきて開場時間も過ぎたしって事で、いざ戦場へ!

チケットはスタンディングのMOSH'SH PIT。
前からABCの3ブロックに分かれていて、僕はBブロックでした。
会場に入ると既に結構な人が入っていて「これステージみえるかな?」って感じでしたが、そんな見える見えないなんて別次元の話って事が後でわかります。
開演までの場内SEはMETALLICA。"Master of Puppets"では「Master! Master!」と拳を上げて歌う人がそこら中にいたりでメタルのライブって感じです。

客電が落ちオープニングの紙芝居が始まると「ウォォォォォ!!!!!」という地鳴りのような歓声が起こります。
もう、完全にアイドルのライブじゃありません。
"BABYMETAL DEATH"のイントロが始まった途端に後方から一気に押されて「これが圧縮かー」なんて思っている暇もなくBブロックの3〜4列目くらいの位置にいました。
しかし、前になったからってステージが見えるわけでもなくステージ後方の巨大モニターも見えない。
見えるのは他の客の頭と背中。たまに人と人の間の隙間からかろうじて見えてたと思っても次の瞬間に見えなくなります。
でもね、凄く楽しいんですよ。
何回もCDとBDとYouTubeで聴きこんだ曲、合いの手も予習しています。
SU-METALもYUIMETALもMOAMETALも神バンドも見えないけど声と音は届く。それに合わせて会場全体でFOXサインを突き上げて飛び跳ねて体を揺らしてモッシュして「今何時!」「ずきゅん!どきゅん!」とか叫んで、凄い一体感。
映像でしか観れなかったあの場所に今いるんだという幸福感。最高ですね。

楽しいんだけど後ろから押されすぎたのもあって、ちょっと落ち着いて聴こうと圧縮から逃れるように後ろに下がったのがアンコール1曲目の"ヘドバンギャー"の途中。
そうしたらどういうことでしょう!ステージがよく見えるじゃありませんか!!
「あぁ、もっと早くこうしていれば…」と思っても後の祭り。ワールドツアーの海外公演とほぼ同じセットリストなので新曲が無ければ残すのはあの曲1曲しかありません。
フロアではもうその準備が始まって、中心に空間が生まれつつあります。
イントロが始まる頃にはとてつもなく大きな空間が完成しました。
" イジメ,ダメ,ゼッタイ"
SU-METALの咆哮とともに四方八方から空間の中心向けて無数の人が走り込み体をぶつけあう。
もう、完全にアイドルのライブじゃありません。(2回目)
もちろん、僕も参加しましたよ。楽しかったです(小並感)
サークルモッシュでは勢い余って転んだりもしましたが、周りの人が笑顔で起こしてくれます。
激しいんだけど、ガチメタルのライブのように殺気立った殺伐感が無い。これを物足りないと思う人がいるかもしれないけど、みんなで楽しくメタルのライブを楽しむってのもアリだなと思ったり。

初めてのBABYMETALライブ参戦だけど、ステージは殆ど見れなかったけど、凄く楽しかったです。
皆が病みつきになるのも分かります。
次回は12/20の豊洲PITでSU-METAL聖誕祭の参戦が決定しています。
今度はステージが見れるように圧縮に巻き込まれない程度に後ろに位置取りしようかと思います。
そして、来年1/10はさいたまスーパーアリーナで「新春キツネ祭り」。チケット発売はまだだけど、これも参戦しようと思っています。
いつ終わるかわからないBABYMETALのMETALレジスタンス。商売的には売れている間は第3章、第4章と続けられる設定の緩さを持っているので「まだまだ続くよ」となってもらいたいです。
ファンはいつ終わるか「やだドキドキ止まんない」だけどね。

長くなったけど、まとめると、MOAMETAL最高DEATH!

タグ:BABYMETAL
posted by mamma at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | BABYMETAL

2014年09月07日

これは気になるギター用エフェクター【KORG MIKU STOMP】

もす!
mammaです。
BABYMETALの事ばかり書いてたので、たまにはちゃんとVOCALOID関連の事でも書こうかな、と。

すでに方々で話題になっていますが、KORGがミクの声を出せるギター用エフェクター「MIKU STOMP」を発表しました。
マジカルミライでデモがあったみたいですね。
ちょくちょく見ている藤本健さんのブログで知ってから気になっていました。

KORGのWEBサイトにも特設ページが出来ていました。

YouTubeには紹介動画もあります。

動画を見ると、ギターの演奏に合わせてミクが歌ってますね。
MIKU STOMPに入力されたオーディオ信号からピッチを検出して、予めMIKU STOMPにダウンロードした歌詞を順番にピッチに合わせて発音してるのだと思われます。
その他にも「Ah〜」とか「La~」とか、最初からMIKU STOMPに入っている音声をノブスイッチで選択して発音させられるようですね。

これ、セッションに持って行って遊んだら面白そうです。
ハイフレットのフレーズならベースでも使えると思うし。
楽器の出力をAライン、Bラインにパラって、ミクとギターのユニゾンとかも面白そう。

ただなー、歌詞をダウロードするのはiPhone用のアプリからだけらしいんですよね。
iOSのデバイスって1つも持ってないんですよね。
これのためだけに新しく買うのもなーなんて思ってましたが、藤本さんのブログの記事によると

データの転送法、Otomaniaさんからの情報で判明しました。Bluetooth LEやWiFiではなく、iPhoneアプリからオーディオ信号で転送するようです。最近、この手の機器がいくつか登場していますが、ある意味、昔のモデムのようにデータをピロピロピロという信号に変換した上で、iPhoneから出力し、その音をMIKU STOMP側で受け取って、理解するわけですね。
という事らしいです。
歌詞をオーディオ信号に変換って事は、ひらがな50音をASCIIにしてそれをオーディオ変換してるのかな?
それだったら、誰かハックしてAndroidでもPCでも送信できるアプリを作る人が出てきそうだ。
歌詞データの最初と最後にデータスタート信号とデータエンド信号を付加してるだけだろうし。
もしかしたら、チェックサムくらいはあるかもね。

10月下旬発売予定、市場価格13000円程度ということなので、出たら直ぐに買うでしょう。
今から楽しみです。

posted by mamma at 12:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記